人形姫の視る夢は…
着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。

来る神 来ない神

ずっと前に、プラザで一目惚れして買ったノートを使い始めた。

文房具が好きで、好みに合うものを見つけるたびに買ってきた半生である。

こう書くと誰にも察しがつくと思うが、

おかげで家には文房具が溢れているのだ。

素敵で可愛い、いつ眺めてもテンションは上がるのだが

永遠に溜め込んで置けるものでもないと思う。

まさか、持って死ねるわけでもないし。

 

「楽しく使って減らしていこう」

そう決心して数年。

お気に入りの中でも特にお気に入りだったこのノートも買って数年、

ついにパッケージから取り出した。


そうしたらびっくり。

表紙を開いてすぐの内側に、こうしてスケッチ風のオーロラ姫の絵が。

閉じたページの側面が金色に塗られているのも古風な感じで好きだったのだけれど。

書き込むのが楽しくなった。

 

私がこのノートを使ってみようと思ったのは先々月読んだ一冊の本がきっかけ。

とてもシンプルで、読んでいて胸がわくわくして、

私も始めよう!と素直に思ってしまったのだ。

 

「願いごと手帖」のつくり方―運と幸せがどんどん集まる

 

 

 

 

 

さて。

大掃除をしよう、今日しようと思うのにどうも気力が湧かない。

むしろお裁縫がしたい。

お裁縫って大変で(ほんの少しの手作りのためにでも、ミシン、お裁縫箱、アイロンとアイロン台を広げなくてはならない。お裁縫箱からチャコペンや糸切りバサミに裁ちばさみ、まち針、縫い針、指ぬき、いろんな糸、リッパーや目打ちなどなどが広がって・・・)、もうちょっとやめたいかな、と昨日のポーチ作りを終えた後は思ったのに、やっぱり出来上がった時の達成感も大きかったから、この際、溜め込んでいる手作りキットを全部消化してみたい、という衝動にも駆られてしまったのだ。

今までにもいくらでもそんな機会はあっただろうにせず、なぜ今、と思う。

私はこの神様が来るきっかけを知っている。

手芸関係の神様が私の元に来るときは決まって、それは忙しくてやるべきことが目前に迫り、速やかにそれと向き合ってこなしていかなくてはならないのに気力が湧かない・・・そんな時である。

手芸の神、私にとってはそれは現実逃避の神様でもある。

あと、本の神様も同じカテゴリーだわ〜。

今、待っているのは大掃除の神様。

小さめの、日常掃除の神様は日々定期的に事務的に来てくださるんだけど、大物の方は滅多なことでは私に憑りついてくださらない・・・。

辛い。おいでを願う祈りを捧げなくては。

 

なのに、「あら。接着芯がないじゃない!もう。しようがないわね。〇〇○(100円ショップ)でも売ってるよね。ちょっと行くか」と自宅から徒歩5分のショップにテクテク足を運んでしまった。

日頃、あの手この手を駆使して、よほどの用事がない限り、家からでまいと画策する私なのにどうかしている。

でも往復10分の道のりがとても良い気分転換になった。

掃除は普通にしかしなかったけれど、今日も子供達の好きなご飯をせっせと作る。

ソファに座って撮り溜めした番組を見ながら、編み物をする。

編み物はお裁縫ほど散らからない、場所を取らないから気楽で好きだ。

 

大掃除はもっと腰が回復してから・・・そう思うことにした(←ダメじゃん!)

日々のつぶやきcomments(0)trackbacks(0)かりん
クラシカルローズ

腰は痛いが思い立って朝、開店と同時に最寄りのセリアに出かける。

ワイヤーラックが欲しかったのだ。

あと、繰り返し録画できるBR-Dも。

他にも息子のイヤホンやワンピースのキンキラキンのボタンを付け替えたくてコットンパールのビーズ、などなどを購入して帰宅。

移動は車だったので、そう腰の負担にもならなかった。

車の運転ができるようになっていてよかった、と思う。

 

そして、それからはお裁縫タイムへ。

 

先週水曜日に着手した仕切り付きがま口ポーチがついに完成。

きちんと形を整えずに写真を撮ってしまったのでいびつに見えるけれど(汗)

本当はもっとちゃんとしてます〜!

 

こちらのお店は素敵なのだ。いつもイメージしているものが見つかり、さっと揃えられて、すぐに送ってもらえる。

有輪 クラシカルローズ 二口がまぐちポーチキット ゆうパケット送料無料 《 有輪 ゆうわ 手作りキット レシピ ゆうパケット2点可 》

価格:1,000円
(2016/11/30 12:09時点)
感想(6件)

必要なものが全て揃っていて、すぐ作り始められるキット、生地はyuwaのものと素晴らしいのに、1000円ぴったりのお値段なのにつられて、つい購入してみたのだけれど。


仕切り付きに初挑戦。

ちゃんとできて大満足。

 

 

 

最初に届いた生地を見た時は、これはちゃんと綺麗に柄が出るのかなあ?と疑ったのだけれど、

面も裏も、素敵にきちんと薔薇の絵柄が出てくれて、それも満足。

色合いも私が大好きなブラウンのグラデーション。

大切に使います。

 

というわけで、今日も腰をいたわりつつ、穏やかに過ごした。

メールがある世の中で良かったとしみじみ思う。

大切なことも皆、家の中で自分の暮らしを乱さずにやりとりできる、この幸せ。

寒い日に家の中でちまちま何か作って過ごす時間がとても好きだ。

 

今日の夕食はハンバーグ。

子供達が大好物と言ってくれるもの。

日の暮れるのが早い冬の夕方、冷気を纏って帰宅した子供達が食卓の上のご飯を見て、パッと明るい表情になる瞬間を見るのが好きだ。

美味しい、暖かい、をことのほか感じられるから、私は冬が好きなのかもしれない。
 

下手の横好き手作りcomments(0)trackbacks(0)かりん
花と腰とおでんの夜

♪クリスマスがもうすぐやってくる〜♪・・・と、

竹内まりやさんのこの歌を聴くと気分が出るねー、と毎日家族で言い合う季節になった。

あちこちで見かける飾り付けにも気分は上がるし、

お花屋さんでのポインセチアの鉢植えにもそそられる。

でも大きいものはちょっとなあ・・と思っていたら、

とても小さな可愛い苗を見つけた。

オットが長年使っていたマグカップ、

ヒビが入って使用中止にしたけれど、捨てがたくてとっておいたものに

ぴったりのサイズ。

食卓に飾った。

 

 

たまにやってしまうことがあるのだが、二度寝して寝過ごした。

大びっくりで家族を起こしながら自分んも必死で身支度。

通常通りに家族を送り出せた時には本当に心の中で神様に感謝した(無宗教だけど)。

 

通常、私は早くに目が覚めてしまうことが多くて、ほとんどアラームを使用していない。

念のためにセットはしてあるのだが、鳴るとうるさくて、さっと止めてしまう。

今朝はその音で目が覚めたこと自体、普段とは違っていたのに、さっと止めてまた瞼を閉じたのがいけなかったのだ。

なんのためにスヌーズはあるのか、という話である。

スヌーズ機能はしっかり使おうと今日はしっかり心にメモしたつもりだ。

 

とはいえ、家族的にはいつもの朝だったのだ。

私はいつも家族より早く起きて、とりあえず一人の時間を楽しみ、心身ともにまあまあ目覚めさせてから、家族を起こすことにしている。

その家族を起こすべき時間に今朝は、自分も起きてしまったわけである。

トイレと洗面所が大渋滞して不自由だったということ以外には、特に問題があったわけではない。

 

けれど家庭の主婦にとって、朝の手順の狂いはかなりその日の調子を狂わすことに繋がり、気分がなかなか落ち着かなかった。

やはり朝の一人時間が私には必要なんだと痛感する。

しかもやたらに眠い。

ついでながら、とはいえないぐらいに腰も痛い。

ここまで痛いとかなりの気力を削がれてしまう。

大掃除どころじゃ、やっぱりないなー。

 

けれどお天気が良く、昨日オットと二人で選んで買った花の苗たちが気になるので、ダウンを着込んで庭に出て、せっせと苗の植え替えをしてしまった。

夏に植えたハイビスカスやポーチュラカ、インバチェンスなどは葉も随分減って痩せ細って見えるが枯れてはいない。暖かな場所に移して世話をしてあげればこの冬を越して、また来年の夏に咲いてくれるかもしれない。

できる限り一緒にいようと、そっとそれらをプランターから掘り起こしてポットに移し(どうしても根は痛めてしまうだろうけれど・・・)、代わりにジュリアンやビオラ、ネメシア、ミニバラなどを植える。

土に触れていると心がとても和んで、落ち着いてゆく。

花がとても愛おしくなる。

夢中で小さな庭の花の中に埋もれて過ごしていたら腰痛はますます悪化したが、心はとても穏やかになった。

 

前から呼びかけていただいていた案件を進めるために、先輩にお伺いのメールを送り、お返事をいただいて友に相談する。

さらに先輩にお返事を返して、そのお返事をいただき日程を決めて、友に伝える。

そんなやりとりだけであっという間に小一時間。

時間てこうして過ぎていく。

 

夕方、サクサクと大量に大根を切り、出汁を作って大きなお鍋で煮始めた。

味が染み込みにくいこんにゃくもボンボン入れておく。

昨日の夜から息子に、明日はおでんが食べたいです、と頼み込まれていたのだ。

娘も息子もおでんの中では大根が好きで、こんにゃくが大好き。

仲の良い姉弟がこの時ばかりは微妙な空気でライバル関係になるのを防げるように、どちらももうたくさですと言えるくらいに大量に煮込む。

2時間半後に息子が帰ってきた時には、家中に良い香りが立ち込め、お鍋の中にはどっさり具の入ったおでんがいい感じで煮えていた。

こういう時は私も嬉しい。

ニコニコの笑顔になる息子。

冷え切って帰ってきた娘も大喜び。

熱い、美味しい、熱い、美味しいを繰り返しながら食べている顔を見ると腰痛も和むような。

 

どうにも眠くてたまらない、そんな1日ではあったけれども、その割には頑張れたかも、だった。

 

日々のつぶやきcomments(0)trackbacks(0)かりん
クリスマスがやってくる

心配していた二日酔いによる頭痛はなかったけど(昨夜のお店はイケメン好きの幹事さんが探したお店で、イケメンばかりの素敵な洋風居酒屋であり、珍しいほどなみなみとグラスに注いだワイン飲み放題の良いところだったけれど、ワインのアルコール度数が9度くらいのものだった。そのおかげで大して体に残らなかったらしい)腰はかなり悪化している・・・それはそうでしょうね・・・

本日はおとなしく過ごすことにした。

 

とは言ってもクリスマスツリーの飾り付けに追われる。

我が家のツリーはどどーんと2メートル。

リビングは吹き抜けてるから高さ的には問題ないけど、

その高さのものの木の広がりを考えていなかったのは迂闊だったと、

毎年夫婦で後悔している・・・。

ま、見栄えするからいいか。

狭い家の中ではどどーんすぎるツリーがあると狭さ倍増だけど、

期間限定の忍耐をすることに家族でなっている。

昨日買った、雪の結晶のライトがやっぱり素敵。

外で見かける、テーマと色が統一されたオシャレで大人可愛いツリーに憧れている。

我が家のツリーは色もテイストもバラバラすぎて雑然とした満艦飾状態。

でも、一つ一つに思い出があり、家族皆のお気に入りがあるので、

これでいいかなと思うのだ。

 

ツリーの飾り付けで立ったり座ったりしていたらまた腰痛が悪化した。

いい加減ちゃんと養生しないとやばい。

明日からの三日間は家から出ないことにする。

日々のつぶやきcomments(0)trackbacks(0)かりん
朝から晩まで

腰が痛いと言っているのに、港北のIKEAに出かけて歩き回ってきた。

バカである・・・・。

 

IKEAに行くのは久しぶりだったのだが、やはりとても楽しかった。

特に家具を総取っ替えする予定とかはないのであるが、家族で、「あ!こんなのがいい!」「これいいね!今度はこれにしよう」なんて言い合いながら歩く。

お目当はすでに我が家に一台あるソファ用の1990円のテーブルで、ソファが二個あるのだからやはりもう一個必要だよね、と前から言っていたので、それを見つけてカートに入れた時点で、早々に用は済んでしまったのだが、かなりゆっくりたのしんで見て歩いた。

ハンガーを買い足したり、トイレブラシ199円のセットを買ったり、ついつい細かなものを買ってしまう。

 

中でも予定外に買ったのはこれ。

イルミネーション。

雪の結晶のパーツとコードは別売り。

展示されて輝いていた雪の結晶のライトが可愛くて綺麗だったので眺めていたら、

店員さんが別売りなのでご購入の際は合わせてください、と注意してくださった。

雪の結晶のモチーフ好きなので、

無駄遣いであろうともこれは欲しいと購入。

 

 

朝、オットが息子に「IKEAに行くぞ!」と言ったら、

「すき家?」と息子が聞き間違えて喜んだので、

可哀想だからと昼食はすき家へ。

美味でした。

 

IKEAは広く、ぎっくり腰を患う人間がさまよっていい場所ではなかった。

後半、実はかなりヤバイ感じがしていて、限界を感じたのだが、食事でしばらく座ったり、一旦帰宅して休んでから夕方、さらに今度は三軒茶屋に一人出かける。

息子のクラスのお母様たちとの飲み会である!

ワイン飲み放題で思い切り弾けました・・・・腰と頭痛の明日が心配。

でも楽しかったなー。

日々のつぶやきcomments(0)trackbacks(0)かりん
しばしの休息

そろそろ大掃除を始める時期だ。

家中の窓のサッシの掃除を結構適当にしかしてこなかったことに対する後悔の念が、胸をじわじわ侵食し始めている。

他にも、日々の慌しい生活の中で適当に出し入れを繰り返した挙句、乱れてきているクローゼットの中とか、枯れたもの、伸びすぎたものがごっちゃになった庭の手入れとか、相変わらず巨大なまま元気に暮らしている金魚たちの水槽の掃除とか、悔やんでいるものはいっぱいあるわけで、もういい加減にそれらときちんと向き合わなくてはならない。

 

ものには何事にも勢いというものがあると思う。

私が不意にお裁縫したくなったり、編み物したくなったりする衝動も勢いなら、出不精なのに、アレヤコレヤと人と約束して出かけてしまうのも勢いであり、日々の食事の支度や、子供の学校との連絡帳のやりとりに書き込むのだって勢いなわけで、それがないと何とも動きづらくて苦労するのだ。

大掃除には大掃除の、とびっきりの勢いがある。

その衝動はまさしく神がかり的なものだ。つまり大掃除の神様がきてくださるまで、動く気にはなれない、動き出せない。

かくて、神待ち状態なまま、仕方なく駅前まで出かけて振り込みをしたり、買い物をしたりして過ごした日なのだった。

まあまあ、休息にはなったからよかった。


ドラッグストアで、ぱっと見、可愛いコスメを眺めるのが好き。

そしてレブロンのクレヨンリップを私様に、

セザンヌの可愛いアイシャドーパレットを娘に購入。

そういえばもらった、と息子がこんな可愛いシールをくれた。

一昨日出かけたすみだ水族館でいただいたらしい。

シンプルで単純な、愛嬌たっぷりのペンギンたち。

館内案内図の裏面。

緻密なクラゲの描写が素敵。

私も息子のツアーに紛れ込みたかったな。
 

日々のつぶやきcomments(0)trackbacks(0)かりん
初雪と胃痛と


3年半ほど娘が慎重に使っているiphone5cは今も異常なく支えているのだが、

ケースの方が壊れてしまった。

新しいものを買いたくても古いモデルのケースはもう、そうは選べなくて困ったけれど、

素敵なものを見つけた。

しかも350円!

表面の楕円形の鏡が可愛い。

 

 

 

 

朝、まだ雨だったのに、ちょうど子供達が学校へと行く時間に雪になり出した。

 


早朝からまた地震もあったし(と言っても、うちの近辺はそう揺れなかったけれど)今日は荒れるなあと思いながら外に出た。

今日はどうしても役員の仕事で息子の学校に行かなければならないのである。

 

我が家が区の端っこなら、その正反対の端に現在息子が通う学校がある。

つまりは区を縦断するわけで、結構広い区なのでそれなりにヘビーだ。しかも私は腰が痛い。

駅まで歩き、電車を2本繋いで、そこから25分歩くか、バス一本で果てしなくゆっくり区を縦断して、そこからさらに15分歩くかは、なんでもない普通の日でもちょっと考えさせられる選択肢だが、今日という日には尚のこと迷う。

っていうか、面倒。

でも雪の降る道を、普通のタイヤの車で行くのは怖い。

腰は痛い。行かなくてはならない。

最近ではちょっとなかったほどの葛藤に朝から心を悩ませてしまった。

 

そして私は結局車を走らせた。

雪が降り始めたのが人がもう活発に動き出している時間だったため、窓から見ていても道路には雪が積もる暇もないほど車も人も通っていて、なんとか問題なさそうと思えたのだ。

予報でも午後には雪が止むと言っていた。

ゆっくり慎重に行こうと、痛む腰をさすりさすり決めた。

 

走り出してみると快適なドライブだった。

いつもより圧倒的に車が少なかったからだ。

後で聞いたら電車やバスは大変な混雑だったというから、今日は安全策で乗車をやめた人が多かったのだろう。

 

私には、快適な時ほどふと何か、のんきにしていられない失敗があるのではないかと考える癖がある。

いい気持ちで運転しながらふと、今朝の息子を思い浮かべてハッとした。

お母さん、マフラー巻いてもいい?と聞かれていいよ、ともちろん答えた。手袋も、なんだったら耳あても、と。

息子は嬉しそうにせっせと装備していた。

していたけれども、今、改めて思い出すと、私の瞼に残る息子の残像はコートを着ていない。

いやいや、こんな冷えて寒い寒い日にコートを着ないわけはない。ただでも息子は厚着好きなのだ。

が、どう脳内再生を繰り返してもコート姿の息子がイメージできない。

朝は多忙でとにかくバタバタしていたから、じっくり息子の姿を見ていなかったことが悔やまれる。

 

予定していたより早く学校につけて、近隣の駐車場に無事に車を停めることもできたので私はとりあえず息子の教室に急いだ。

ギリギリ、授業の始まる前に息子と話せたら(幸い息子の席は一番廊下に近い後ろの端っこなので、ちょっと呼べば多少のやり取りはできるのだが)、ちゃんとコート着てきたよの一言が聞ければ私の今日は安らかなものになるのだ。

が、私の顔を見た息子は何を言われるか察したらしく、困った顔をして、私が「コート、着てきてる?」と聞くと、観念したように「ごめんなさい!明日着るから」と言ったのだった。

瞬間、立ちくらみがした。

この寒空にコートなし!

駅までは私が車で送り、駅からはすぐバスに乗り、息子が寒さを感じたのはバスから降りて学校までの15分だったことだろう。

相当寒かったはずだ。

それだけならまだしも、今日は放課後、さらにバスや電車を乗り継いで、デイサービスに向かい、帰りも相当外を歩いて帰宅する。

死ぬって。

 

会議に出席し、必要事項に耳を傾け、やるべきことを済ませた私はその後、車で最寄りのスーパーに駆けつけた。

そこで、3800円のライトダウンジャケットを購入。

取って返して息子の教室に駆けつけ、先生にお話ししてそれを渡してもらった。

やれやれ・・・・である。

数年前にも息子はコートを忘れた。

家族で那須に3泊4日の旅行に出かける日で、大喜びの息子は誰よりも早く車に乗り込んでいた。

そして那須に到着、宿のチェックインまでに時間があったのでさらに高所の那須どうぶつ王国に行って吹雪いている中、車から降りた時に、彼がコートを着て来ていないことに気づいたのだった・・・。

 

今も、那須どうぶつ王国で買ったヤッケは冬場の息子の活動の中で様々活躍してくれている。

でも結構な値段で、その値段を出すのなら、もっといいのを買いたかったと涙を飲んだ一品でもある。

ここでまた同じことを繰り返すとは・・・軽くてかさばらないのに暖かいというライトダウンを今年はユニクロで買おうと思っていたのに。

結構大きなおしゃれな街なのにユニクロもGUもないなんて・・・と悲しみながら、庶民の味方のスーパーの衣料品フロアを漁った結果は、でも、悪くなかった。

夜、可愛いヘルパーさんに送られて元気に帰って着た息子。

 

きっと、那須どうぶつ王国ヤッケと同じくらい大活躍してくれるだろうから、けして無駄な買い物じゃない、良かったのよと納得しながら帰りのドライブ。

お腹が空いていて早く家に戻りたかったし、もう憂うことはなかった。

校長先生からお土産にりんごまで頂いちゃって、むしろご機嫌、役員の役得を感じて幸福でさえあった。

が、不意に胃が痛み出したのである。

 

通常、私は滅多に内臓に不調を感じない。

しかも先週、人間ドックで胃カメラまでのみ、どこも何も悪くないと診断してもらったばかりだ。

良かった。そうでなければ、てっきり私は最悪の病に罹ったと思っただろうと思うくらいの、それは痛みだった。

どうしてだろう・・・あまりに痛くてそれまで旺盛だった食欲も減退した。

無事に帰宅したものの、何をする気力も起きないほどに胃が痛む。

ネットで調べると、暖かいものを飲み、とにかく体の右を下にするようにしてとにかく横になって休め、とある。

それだけで済む痛みとも思えなかったけれど、とりあえず白湯をのみ、横になった。

驚いたことに、体を丸めるようにして右側を向いて横になると、少し痛みが紛れた。

お腹にクッションを当てて、温めるようにしながら、若干薄らいだ痛みに期待してじっとしていると、そのまままどろみ、やがてふと目が覚めた1時間後には痛みが消えていた。

疲れとストレス。それだったのか。

自分ではこれくらいのバタバタな日常、よくあることでそうショックではないと思っていたけれど、実は結構堪えていたのかな。

 

そういえば、昨日からの腰の痛みだけれど、これは雪を感知してのものだったような気がする。

とにかく3年前のぎっくり腰以来、雨とか雪の降る前の日には微妙にシクシク痛むのよ。

昔、よくお年寄りがそういうのを聞いて、気のせいでしょうと思っていたけど、気のせいじゃなかったわ・・・。

日々のつぶやきcomments(0)trackbacks(0)かりん
★ 1/457 ☆ >>