着付け教室 二重お太鼓結び

  • 2006.01.24 Tuesday
  • 22:50



センスがよくて可愛いてぬぐいを作ってらっしゃる濱文様さんから、こんな和風のお弁当箱が出ていました。
可愛いときめき他に,キノコ柄もあったりするのです。人気のうめ模様は売り切れらしくて残念だけど、このナス柄お弁当箱が渋可愛くていいじゃないですか?

 1月前半は、まだまだ幼稚園や学校行事が落ち着かなくて、午前中の時間のやりくりがつかなかったので、本日は久しぶりの着付け教室である。ワクワクする花
3月半ば過ぎの卒園式で着物を着たい、という旨で習い始めた私達のために,先生は今日から早速訪問着や付け下げ、袋帯での二重太鼓結びを教授してくださった。
 お太鼓結びを曲がりなりにもマスターしていれば、これは全然難しくない。和やかに楽しく着付けして楽しんだ。
私の母が,私や妹の幼稚園や学校行事の節目節目に袖を通していたのは綸子の小紋で、でも総柄ではなく飛び模様なので格の高い場に着ていって差し支えないと先生が教えてくださり、母が合わせていた帯はつづれ織りだけれど金糸の刺繍もあってこれも格が高くなるので大丈夫とのこと。
つくづくまた祖母の趣味を思う。日常に着物をふんだんに着る生活を好み,全うした人であるだけに、格が高くてたまにしか着ないものなんて意味ないとはいつも言っていた。母に私や妹の式に出席するために何か着物を作りたいのだけれどと相談されて祖母自ら縫い上げたそれらは、祖母の主義主張を今に伝えている気がする。幼稚園や学校の行事なんてこれで上等、気負わず楽しくさらっと着なさいよ、それよりもっと普段から素敵なものをいっぱい着なさい、ということだ。
母が着物を着て生活できる世じゃない、と顔をしかめて抗議していたのを今も思い出す。私も着物を着て学校に行くようになったら大変だと思いながらそれを横で聞いていた。
祖母は何事もすべて心、心の力でなしとげるんですよ、と言い放った。
祖母はたいそう我が儘に、好きに自由に生き切った人だった。

祖母ほど面食いではなく、祖母ほど周りの空気が気にならない肝の強さもない私は、まあまあ程よく自分の身の丈に合った生き方を今楽しんでいる。
亡くなって数年しか立たないけれど、そのさらに数年前からもう会話したりできなくなっていたから、祖母が私の人生から去ってもう随分経つ気がするのに、同居していた訳でもないから(幼い時はしていたのだけれど)、たまに会うだけだった祖母との時間も想い出もそんなにはないつもりだったのに、こうして今、日々祖母のこと,母のことを考えるのは不思議なことだ。
女系、というのは大層濃くて深い繋がりなのかもしれない。(だからこそ、私は意識的に子を洗脳しようとする母親達は好きではないのだ)
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM