可愛い着物バッグ

  • 2006.01.25 Wednesday
  • 22:23



20年近く前に買った私の着物バッグは可愛くない。当時は割と勢いで着物の着付けのお稽古を始めることになり、初めてのお教室の前夜、支度をしていて、「ちょっと待って。これ何に入れて持ち歩くの?」と気がついたわけで、その足で最寄りのデパートにはいっている呉服屋さんで買い求めたのが,ネイビーの四角いバッグだ。「これしかありませんけどもね」と投げやりに言われ、選択の余地なくそれに甘んじるという、私には大変珍しい屈辱的な買い物をしたものである。(今なら頑として買わなかっただろう。当時はまだ買い物のポリシーに甘さがあったかな)最近のお着物バッグなら何か可愛いのがあるんじゃないかな、と思っていたらwakonさんからこんな華やかな和柄のバッグが登場。
いいなあ…買い替えたい!!


 さて、身辺整理に向けて動き出しながら悲壮な覚悟を決め、大嫌いな病院に検査に言った義父であるが、詳しい結果が出るのはまだ先にしても、とりあえずレントゲンの結果はなんともなかったという。癌ではないか、と言ったらお医者様に笑われたらしい。
ずっと下していたお腹も、貰ったお薬を飲んだらすぐ直ったと言う。
めでたしめでたし。
 オットは本当に喜んでいる。もしかしてもしかしたとき、自分はまだ親になにも孝行していないじゃないか、まだまだもっともっとオヤジには元気でいて欲しいと本気で思った、と。
私も頷かずにはいられない。子供達にはまだジイジとバアバは必要な存在だ。
私自身の母にも何もしてあげていない。私達、それぞれ毎日その日その日の生活に一杯だけれど実はそれぞれの親達がそれを見守ってくれる暖かさに包まれているのだ。なんのことはない、親になったといっても未だ私達自身がまだ子供、緩く親の庇護の元にいる状態なのかもしれない。
今後のテーマに「親孝行」というのをぜひとも入れておかなくては、と今回の騒動で私も心がけを新たにした。
 息子の園では先生方が快くみかんを受け取って頂き、添えてあった義父の手紙が粋だったと褒めて頂いて、なんだか私もうれしい。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM