12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。

着物を着たいけれど



大好きな薔薇の刺繍、それもブルーグレーで。一目で好きになったこのセット、宝くじが当たっていればポン!と買えたのですが…。こんな渋可愛いお着物セットが大好きです。

今日で6月が終わり…ということは上半期が終わりである。年々、時が経つのを早く感じることは恐ろしいほどで、我が家的にはついこの間お正月じゃなかったか?とオットと言い合う。この分では何でもそのうちそのうち…と言って時期を待っているうちにあっという間に歳月を重ね、気づけば何をするにも不自由な身の上というほどの老齢になりかねない。気をつけようと思ってふっと寂しくなる。もうずっと着物を着ていないのだ。
4月の23日に、ピアノの発表会を鑑賞する日に着たきりである。もうすぐ単衣の着物をださなくちゃ、と思いながら家路についてから早2ヶ月たったわけで、そうするとやばい。またしても着付けをわすれているのではないかと思う。
朝、7時半に息子を連れて家を出る、という生活ではなかなか前のようには行かない。
息子が幼稚園に通っている間は逆に私がオットと娘を7時45分に見送る立場だった。それから息子を遊ばせておいて、着物を着て、8時半に出掛けるということができた。今は朝が本当に戦争の用なので、家に帰って家事をして、気がつけば10時である。銀行や郵便局、病院や買い物などなど慌てて出掛けなくてはならないことが多い。じっくり着物を取り出して半衿を縫い付け、帯との組み合わせを考えて、という余裕が前の晩からしてない。朝、急に着物を着ようと思い立つ気力も実は現在全然持てない状況なのである。
そんな自分が少し寂しい。仕方ないよと言い訳しながら、でもこのままずるずる年をとるのは嫌、と訳もなく思う。もっともっと楽しんで、やりたいこといっぱいやっての歳月でなければ、年を取る事自体上手にできないようで悔しいのだ。
今日の所は暑いし仕方ないかと和服を諦める。
久しぶりに友人達とのランチの約束がはいっていたので、できたら夏の着物でいきたかったな。オシャレだけれど、わりとカジュアルにフレンチを楽しめるお店で、去年一年一緒に役員をがんばった4人で卒園以来の顔合わせになり、お昼はすごく楽しかった。
そのランチに向かう前に突然、別のお友達にもお茶に誘って頂いたので、結局今朝はどうやっても着物を着る時間はなかったのだけれど、今後、もっともっと時間をやりくりできるように努力し、色んなことをする、というのを下半期の目標にしたいものである。
着物も週に一回は着たいと今でも思う。
やはり何か着る必然性がなければ駄目なのか…悩むところである。
着物ライフ comments(0)
コメント
コメントする









CATEGORIES
ENTRIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
TRACKBACK
LINKS
PROFILE
地球へ…


おすすめショップ
空に咲く花


MOBILE
qrcode