シンデレラの学習机

  • 2007.01.24 Wednesday
  • 23:37
今年も我が家に見学のお母さんと小さな女の子がやってきた。
お友達の噂を聞いて,色々質問されたので、良かったら見に来る?と誘ったら恐縮しながらもぜひ、といらして。

何かと言うとこれ、シンデレラの学習机。
そう、女の子は娘より3歳年下で、もうすぐ小学校に入学するのだ。
学習机を買うにあたり、ご両親はもとより、おじいちゃんおばあちゃんの意見を色々ききながらも、女の子は目に涙をためて、「シンデレラの机がいい」と訴えたのだそう。
ご両親的にはもっと堅実&シンプルに!と説得したらしい。実はこういう過程をたどる女の子は多い。キャラクターなんてすぐ飽きるよと言われるし、大人になったら絶対嫌になる、などと言われるわけだ。
そんな話題が話題を呼ぶものらしく、そこで我が家の登場になる。
娘は3年前に「やっぱりシンデレラの机がいいわ♪」とのたまった少女である。
やはりそうきたか、と私達は思った。が、いいよ、と返事をしたのだった。
好きがいちばん。先のことを見越してうんぬんかんぬんは私もオットも幼少時にさんざんあらゆる場面に親に言われて来た言葉。もちろん正しかったこともあるけれど、そうでもなかったよねー!ということもあるわけで、こういう机やランドセル、洋服なんかは子供がその時一番好きなものでいいと思う。
さらにはコイズミのこのシリーズはキャラクターとはいえ安っぽくないのが、私には大変魅力で、いいなあこれ、娘が飽きていらないと言ったら快くそれを受けて別のをあてがい、あとは私が頂きましょうか、と思うくらいだったのだ。
そんなわけで、家具屋さんでその時相手にしてくれた50代の女性は「本当に買う人はそういませんよ」と言われたが、買ってくれると言うおじいちゃんおばあちゃんを伴い、購入した我が家なのである。(ちなみにおじいちゃん、おばあちゃんも『おお!可愛いねえ。○○○にぴったりじゃない。よく似合うよ〜』と一切否定意見なしで買ってくださったのだ。ありがたや、ありがたや。)
3年前「本当に買ったの!?」と驚いて,同級生達がどっと我が家に見学に来た。中には「やっぱりこれが欲しかった…」と涙を浮かべるお子さんもいたし、黙って無表情で帰ったのに、あとで家ですごく落ち込んでしまって…だから当分お宅には遊びにいけないわ、と言われた方もいて(^_^;)、その時のお話がいまだ、語り継がれているようなのである。
ちなみに後で家具屋さんの別の社員に聞いたら「そんなことはない!このシンデレラシリーズ、すごく出てますよ!?」とのことだった。見解の相違かしらね…。



毎年微妙にモデルチェンジしつつ、ちゃんと新しく出ているのは、人気がある証拠なのでしょう。今年のは今までで一番色白さんのパールホワイト。娘のより白くて、白が好きなオットはちょっと羨ましそう。
ロータイプもあります。



娘が買ったのは3年前のこのロータイプ。まだ売っている所があった。
椅子付きでこの値段は安い…。




女の子はにこにこして嬉しそうで、でもママの方がもっと気に入ったみたい。前向きに検討してもらえそうだ。ランドセルも娘と同じようなピンクがいいと言っていた。

飽きないデザイン、というのがいまだに私にはよくわからない。
好みは歳月とともに変わることもあるし、変わってもまた戻ることもある。私個人の経験でいえば、もういいや、と処分してから数年後ブームが再来して、惜しんだこともままあるのだ。
だからモノが捨てられない。だから家が狭くなり…でもね。幸せだから、いいの。
コメント
昨日、娘の机を探しに大型アウトレット店に行ったら、ピンクが展示されてました。可愛かったです〜〜。娘もそそくさとイスに座り「可愛いね〜」とニコニコ。うちはスペースの都合もあり、たためる(?)タイプを買うと決めていたのに、あまりの可愛さに決心がグラリ(^^;;;
が、アウトレット店のため展示品のみ、しかも「鍵はありません」の張り紙が・・・。せっかくの入学なのに展示品の難ありではあまりにも・・・と思い、それを言い訳にしてどうにかあきらめました(>_<)
娘は少々未練があったみたいですが、その直前に念願の一輪車を買ったところだったので、案外素直にあきらめました。
「どうしてもこれがいい!」と言ってくれたら前向きに検討したのに、残念です。
  • ちゅん
  • 2007/01/29 1:37 AM
おお!ちゅんさんのお嬢様も新1年生さんでいらしたのですね〜!
わかります、わかります。
スペースの問題は切実ですもの。
でも、「どうしてもこれがいい〜!」って言ってくれたら、
無理を押しても検討したのに…と思うこと、私もよくあります。
(たとえばシルバニア・ファミリーのハウスとか)
デスクの鍵…そういえばどこにあるっけ!?と今、ギクリとしています。
娘の引き出しはお誕生日ごとにお友達から頂く文房具で溢れているばかりで、貴重品はないので、鍵をかけたことがないと思うんですよね…。
もうずっと見てないなあ、あの鍵…不安〜!

シンデレラデスクでたためるタイプがあるといいですよね。
コイズミさんのデスクはどれも立派なのですが、
なんと言うか…かさ高いです。。。
日本の住宅事情を考えて、コンパクトさにももっと重点をおいてほしいですよね。
シンデレラデスクのコンパクトな折り畳めるタイプがあれば
きっと売り上げ倍増ですよね〜。
  • 2007/01/29 8:35 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック
突然のTB失礼します。ランドセル等、お子様の入学準備に関するブログを新しくオープンいたしました。まだまだ、パソコン初心者なのですが、もしよろしければ遊びに来ていただけると幸いです。それでは、失礼いたしました。
  • メゾピアノ ランドセル@メゾピアノ ランドセル 2007
  • 2007/02/19 3:37 PM

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM