やっちゃった、と…

子らの新学期、そしてドキドキのクラス替えである。
息子のクラスは変わらないが、担任の先生がどうなるかは気になる。朝のスクールバスからして運転手さんと添乗員さんが変わっており、子供以上に親がどきどき。丁寧で柔らかな物腰を見てまず大丈夫そうだとは思ったものの…馴染むまで緊張だなあとのっけから思う。
仕事に出て、給食なしの子らの下校時間に合わせて早退して、すぐにクラス表を見て息を飲む。
まさに悲喜こもごもか。正直、やっちゃったよ、オイ!という気分だった。
大変仲良く、気心のしれた人と、非常に不快で嫌いな人が同じ数ずつ一緒のクラスにいるのを見たとき、微かな目眩を覚えた。神は試練と救いを同時に投げ与え、まあ適当にやれと私におっしゃっているものかもしれぬ。
さしあたり気合いだ、と思うばかり。
よくよく考えたら前担任は、3、4年生時に娘とそう反りが合ってる方ではなかった人らとは違えてくれているのである。が、 ■嫁時にいやな思いをさせられた相手までは当然掌握しておられなかった…っていうか興味なかったのだろう。娘的には、中学年時代は非常に円満で、低学年時が中々辛かったようなので、そちら方面に重点を置いてほしかったというところである。中学年時に気が合わなかった子といっても、あまりぺちゃくちゃは喋らなかったというだけのことでたかが知れているからだ。
高学年女子…難しさではピカイチと言われるお年頃に、まだまだ幼い娘がなってしまったというだけで親としては心配でならないのだが、そこへ持って来て娘が最も嫌がる相手と同クラス。ありがちな不幸だが、確かにそこはツイてない。
しかし。中のよい人と同じクラスになれたというのもかなりビッグな幸運なのだ。その辺は大変ツイている訳で。だから今はもう、ただ心を静かにして何事もなき事を神に祈るばかり。
ま、あってもいいか。(←所詮、気楽)
私もオットも別に、無理矢理その場に踏ん張って試練に耐えろなんて思わないタイプなのである。怪我をすればその部分が痛まないように治療するのが当たり前であるように、大切な、心やわらかな時期にその心が裂けるようなことがあれば、その原因を取り除いたり、回避したりする方策をとるのが良いと思っている。子供が一人追い込まれて行く事がないように…それだけは絶対に避けるべき事だから絶対阻止。
今までより100万回も、あなたを好きだ、愛していると子供に言ってきかせよう。
そして、できることなら視点や考え方を変える勇気とか、ユーモアなどを心に育てていってくれるよう祈りたい、手伝いたい。
大抵の事はそれで乗り切れるんじゃないかと思うので。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック
ハイクラス表彰楯 ヴィクトリーアートグラス 星★デザイン、彫刻料無料・合計8千円以上で送料無料 商品価格:35,000円レビュー平均:0.0 クラス表二人で掲示板のクラス表を見たか...
  • みてみ
  • 2008/04/08 9:16 PM