<地球へ…グッズ>というけれど

  • 2008.04.30 Wednesday
  • 19:09
熱は下がったけれど、娘の体調はけして普通とは言えないので学校を休ませる。一緒にいて看病していて上げたいけれど、あいにく私は息子の学校のPTA総会と全体保護者会および厚生研修委員会の打ち合わせに出席しなくてはならず、8時50分に家を出て、帰宅できたのは14時だった。空腹絶好調。
娘はまあまあ具合よく、機嫌良く留守番していたようである。ケーブルテレビのアニメチャンネルをここぞとばかりにとっかえひっかえ見ていたらしいから、それはさぞ幸せだったに違いない。

さて、南町奉行所さんのサイトで久しぶりの「地球へ…」グッズについての詳細がアップされた。今回は完全予約受注生産で皆が買えるというのがまず喜ばしい。私も全品買う覚悟である。
タンブラー。
実はあまりにグッズがない飢餓感から、自分で作っているものの一つがタンブラーなのだが。

こんな感じ?
大好きな、本当に好きなジョミー・マーキス・シン

裏面はこんな感じ。
このタイプのタンブラーが流行りだしてからすぐ私が思いついたのがこれだった。
宝物の数十年前のイラスト集を自宅のコピーで縮小プリントしてちょきちょき切っていれたもの。個人での楽しみなら罪がないでしょうと思いつつ。
やはり原作ファンの私には、どうしてもジョミーというとこのお顔なのだけれど、無論アニテラのジョミーだって見過ごせません。その昔、映画版のジョミーすら買い集めまくった私ですもの。
久しぶりに「地球へ…」で燃えられて、昨日今日となんだか嬉しい。
コメント
かりん様♪こんばんは〜ジョミラブ☆です!

PTA大変そうですね。頑張って下さい!\(^_^)/
タンブラーは注文なさいました?私は検討中です。

ところで、竹宮先生の『地球へ…2008東京展』は、もう行かれましたか?私は今日行って参りました。特製画集、すっごく良かったです!ネタばれになってしまうので一つだけ。大好きなジョミーのシーンたくさんあるのですが、特に大好きなのが新装版3巻P199の『「地球だ……!!」だれかの意識がぼくの頭の中ではねた ´地球か…!?`と …ぼくの運命を変えた星 ―地球!!』なんです〜☆あのジョミーが…初々しい少年の姿で頬を紅らめて幸せそうに地球を見つめるシーン。あれが特製画集にあるんです!!もう、すっごくすっごく嬉しかったです!!ひょっとして竹宮先生もお好きなシーンなのでしょうか!?o(^▽^)o
私、劇場版大好きなのですが、劇場版ジョミーは、そのシーン地球に背を向けて無表情なんですよね。そこだけがちょっと残念だったんです。だからアニメでやって欲しかったなぁ。(自重します)
  • ジョミラブ☆
  • 2008/05/04 7:20 PM
ジョミラブ☆様、こんばんは!
私も今日、先生の個展に行って参りました。
今はただ…もうひたすら感動の余韻にひたっております。
いつもながら、気持ちは本当に同じですよ〜、ジョミラブ☆さん!!
昔からのジョミーはもちろん、新しい素敵なジョミーがたくさんいましたね。
私,本当に血圧があがって、心臓バクバクでした。
いかに私がジョミーに恋して来たかが改めて本当によく判りました。
行けてよかった!
今ほど、東京に住んでいてよかったと思えた事はありません。
画集ももちろんゲット…あ、タンブラーも申し込みましたよ!
ジョミラブ☆さんのおっしゃる絵は「BLUE HORIZON」ですね。
これも昔の画集にはなかった絵ですので、私もうれしく眺めています。
大好きな「ジョミー・マーキス・シン」が昔のものよりさらに大きく、今度はモノクロとも並んでいるのもうれしいかなあ。
お値段からくる価値観は人それぞれでしょうが、
私には大満足のお品で、これが今手元にあるだけでも
素晴らしい幸運を手に入れられたような喜びを感じます。
アンケート用紙、回答になられましたか?
私はアニメについての質問で、テーマ曲が素晴らしい、声優さんが大正解、という他に「失望した」にもチェックをいれてしまいました…!
そこはやっぱり…嘘はつけないなあと思って。
感謝もしてるんですけれどね、本当に。
こういうムーブメントを起こしてくれたわけですから。
でもそれと、内容改変問題は別だとやはり思うのですよ。。。
かりん様♪こんにちは〜ジョミラブ☆です!
かりん様と同じ日に先生の個展におじゃま出来たなんて…♪とても嬉しいです!!
私もかりん様と同じ気持ちです!私も今ほど千葉に住んでて良かったと思ったことはありません。電車で行けるもん♪
12時に会場に着き、1時間程並びました。

画集のタイトル「ただ一度の存在」…私もタイトルを見たとき、嬉しくて…本当に、とても嬉しかったです!(=^▽^=)
私にとってジョミーは、『地球へ…』という作品は「ただ一度の存在」だったから。そして作品中でもジョミーは、人間でもミュウでもない「ただ一度の存在」。なのにアニメで、その他大勢(タイプブルー)の中の一人にされてしまった所に問題が…。(自重します)

竹宮先生がサインして下さっている頭上に飾られていたのは、「目覚めの日」というタイトルのジョミー。DVD2巻のFDのジョミーですよね♪アンケートの「One & Only」は、この「目覚めの日」を書いちゃいました!!(^O^)ウフッ♪
アニメについての質問は、テーマ曲が素晴らしい、声優さんが大正解にチェックさせて頂きました。
「竹宮恵子の世界展」も購入致しました。記事や写真を拝見させて頂くにつれ、『地球へ…』って本当に色々な方々に祝福されていた作品だったんですね。これも又、すっごく嬉しかったです!
  • ジョミラブ☆
  • 2008/05/05 12:15 PM
ジョミラブ☆様、こんばんは♪
いまだ感動さめやらぬ私です。
きっとジョミラブ☆さんもそうでしょうね(^_^)
昨日は個展に斎賀さんが再びいらして
生でカミホーを歌われたとのこと、
私とジョミラブ☆さんはちょうど斎賀さんがいらっしゃらない合間に行っていたんですね(≧▽≦)
本当に「地球へ…」は色んな人に愛されていて
幸せな作品だなあと思います。
それだけでファンとしては嬉しいという…ね、
なんか最近の私は親戚のおばちゃんっぽい気持ちになってきてるかもしれません〜!
でも一昨日は、帰りの車の中でふと
初めてジョミーに出会った頃からの来し方などを思い出し
少し少女な気持ちに戻ったりもしていました。
竹宮先生がジョミーを通しておっしゃりたかった
「ただ一度の存在」は全ての人がそうだから
大切に生きよう、ということなのでしょうけれど、
ジョミラブ☆さんや私にとっては
ジョミーこそがただ一度の、唯一無二の存在なんですよね。
願わくば、これからも何度もジョミーに会えますように。
毎年個展でちらっとでも生ジョミーに会えるのなら、
私はほとんどの事はガンバって、やり過ごして生きていけるように思います。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM