人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< 悩める保護者会 * TOP * すっぴんDay >>
たぶん子供嫌いだから

知り合いの方から北海道のお土産を頂いた。
その地限定のスナック菓子に、可愛いタオルハンカチ。

すずらんの刺繍が可愛い。すずらんの香りもするそうで、しばらくは洗っても消えないそうだ。
嬉しいので、早速明日、使うことにする。

朝、集団登校の付添というお役目に従事した。
近所に住む子同志をグループ分けし、まとめて一緒に歩かせ、登下校する・・・はっきり言って、かえって危険な感じである。現代事情にそぐわないのだ。犯罪者の質も昔とは変わってきているし、単純に道路事情が、交通量が、違ってしまっている。
子らがつるんで長い行列になって歩いていると、かえってとっさのときに逃げ場が無い。自己防衛が必要なときの瞬発力に欠ける。
変質者に突っ込まれたら一網打尽じゃないの?ともうひとりの付き添いの人と話しながら歩いた。
しかも子らのマナー悪っ!
周囲のことが何も見えていない。
天井天下唯我独尊、常識知らずの厚顔無恥。挨拶一つまともにできない、どころか、するものだとすら思っていない。
そうそうたる豪邸のお坊ちゃまお嬢ちゃまたちがこれかよと非常に嘆かわしく、あとで久しぶりに会った友人に愚痴を垂れ流したら、そういう苦情がすごく多いと頷かれた。
行事があるごとに、学校の在り方うんぬんより、各ご家庭のしつけ力みたいなものが思いやられて、首を傾げることになる。暗澹たる判断をせざるをえないのだが、親の前ではまあまあいい子が、親がみてないときこそ地を出して、世間の常識なんか知ったこっちゃない、善悪の境界線も気にしない、優しくより狡賢くふるまえたほうが勝ち・・・という、独特の子供世界のルールに興じる表情は寒気がするほど悪気に満ちており、自分で自分を操作して、表の顔と裏の顔を使い分けているんだな、としか理解のしようがないのだ。そういう子にとっては親の前だけが表の顔で他の子供のお母さんなどは恐くない・・・自分の母親の親友であるような人以外は。
果たしてこれを、本当に親が知らないでいられるものだろうか?と疑問が湧く。薄々知っていて、知りたくないと心にブロックをかけているのは?・・など、子は親を写す鏡として見ればそんな流れで思考してしまう。
日常のささいなマナー、思いやりの中でこそ人間性は培われる。マナーをきちんと守りましょうといえば、そのマナーや決まりをふりかざし、幼さとなんらかの不可抗力ゆえにその規範から外れてしまった子を、決まりを破った異端者として痛めつけ、いじめる権利がここで生じたと曲解する子もいる。それもまた、相手のことを考えないというマナー違反を犯しているわけだが、そういう子はたとえば家庭でどのような扱いを受けているのだろうか?何か、家庭で禁じられていることをうっかり犯してしまった場合、理由のいかんを問わず怒鳴られ、突き飛ばされ、足蹴にでもされているのだろうか?
むろん、人や動物を故意に傷つけたり、ましてや命をうばったり、なんらかの苦痛を与える行為が、理由があれば許されていい、という社会であってはならないのだが、それほどのことに繋がる何かが家庭であり、容赦なく厳しい躾(?)をたたきこみ、結果、そうされた子供はそれを外に持ち出して自分より弱い相手がうっかり何か間違ったり、決まりを知らずに破るのを虎視眈々と狙うことになるのだろうか・・・まさかなあ、と不思議である。
こういったことをお母さん方や先生方と話すと必ず出てくる言葉が「甘やかされた子供」『親もまた甘やかされた人種』などなどである。
甘やかす・・・愛するわが子を愛して甘やかして蜜のようなひと時を持ってはいけないのだろうか。この幸福のためにいきているのに。その蜜のような思いが毒になるのだろうか。
わからない・・・子育ては迷いだらけである。
私も私の愛が恐い。子供をダメにしてしまうのではといつも不安を抱えている。子らは毎日どの瞬間にも、私と目が合うと必ず最初にびくっとおびえた表情を浮かべ,自分が何か悪いことをしていないか自己採点するようなのだけれど。(私の母はそれを非常に哀れがる)
息子が幼稚園のとき、先生に、「すぐに一生懸命謝るのでかわいそうです。そんなに謝ってくれなくていいのになあと思うんですよ」といわれてしまった私である。娘の担任にもお母様のことが世界で一番恐いようですといわれた。子らにはママが見えないところで人に迷惑かけたら許さない、それくらいならママに迷惑かけて、もし外で人に迷惑かけたと思ったらすぐそれをママに教えて、ママはお礼を言ったり謝ったりしなくちゃいけないんだから!と本当に口の中がすっぱくなるほど言い聞かせてきた。
おかげさまでここ数年、人生でこんなに他人にありがとう、ごめんなさいと言い続けてきたことはないという日々を送らせていただいている。
それでもまだ足りないかもしれない。うちの子がかけている迷惑を、誰かが黙って耐えてくれているのかもしれない。
先生にはいつも確認できるが他のご父兄全てには確認できず、総括して保護者会の時にでもいつも皆さん、すみません、ありがとう、というしかできないのだが・・・子育ては自分育てという言葉の重みを実感しない日はないのである。

こんなに色々考えるのは、基本私が子供嫌いだからだ。
子供嫌いな人間がわが子に深入り、愛しすぎると、いっそ子供好きな人より暴走傾向があるんではないかと思う。暴れる機関車のごとき母にならぬよう、常にクールダウンを心がけるのだが。
育児には馬鹿馬鹿しいほどのお金と時間がかかり魂の増減は3歩進んで2歩下がる状態である。それで将来子供がすごく優秀な才能でなにかしら頭角を現し、名誉と達成感を味あわせてくれる・・・というような見返りはほぼ、あまり期待できない(もし期待するならば)穏当に、真っ当に成長してくれれば御の字である。
夢のある人であってほしいな。でも現実が見えない状態の人は嫌だな・・・親として最低限の理想を描くと、色々欲がやっぱり出てきて収集がつかない。縮めて言うとまあ、ほどほどバランスの取れた人になれ、自分の芯はしっかり持て、ということになるのだろうか。
子供嫌いは結局自分がいつまでも子供・・・ということが往々にしてある。
私も間違いなくその口である。
* by かりん * 19:13 * 子育てちゃん * comments(6) * trackbacks(1) *
子供嫌いの人間が子供を産んで育てようとすると、ろくなことがない、子供嫌いな人はなぜ産まない選択をしなかったのか。子供が一番気の毒だ。子供が嫌いな人が子供を産んで育てようとするのがそもそもの大きな間違いだ、子供は、自分の存在が他人に迷惑をかけていると思い込む子に育ちますよ。欲しくないのに産むのは、見栄?世間体?子供うんぬんではなく自分は子供を産み育てる資格のある人間だったのかどうか、よく考えてから産むべきでだったのではないでしょうか。誰から押しつけられるわけでもないのだから。で産んじゃって、それからやっぱ子供好きじゃないなんて理屈は絶対に通用しません。経済だって普通に考えたら、かかるのは当たり前で、子供を産んでも良いのは環境、精神、両方ともそろってからです。両方そろってても子供嫌いじゃどうしようもないですが。近所にも子供が嫌いなのだろうなと思われる親がいて子供が気の毒に思うも、他人が口をだせないので、イライラしてました。
* * 2009/01/14 2:03 PM *

出過ぎたことを書いてすいませんでした。近所の子がとてもうるさくイライラして。どうか気にせず削除して下さい。
* * 2009/01/14 2:28 PM *

はじめまして、こんにちは。
削除するべき内容ではないと思いますので
差し支えないようでしたらこのままにしておきます。

子供が好きな人だけが子供を生み、育てていれば
良い子、幸せな子、愛を認識している子が育つのかなと
考えさせていただきました。
お察しがつくことと思いますが私の中の答えは否です。
世間を震撼させる事件を起こした加害者の
育った環境や親のことを分析しているようなルポを見聞してきた記憶もあわせ、それからも考えをめぐらせて見たのですが
良いご家庭でいいご両親なのにどうして・・・と言われている加害者が
少なからずいたように思います。
現在、私が子を通わせている学校のご父兄も皆さん一様にお子さんは可愛く
時間もお金もかけておられます。
(そういう人ばかりが住んでいる地域でもあります)
しかしながら。
だからといって子は容易には育たないのです。
親が生来子供好きな人であっても。


私の周りには子供嫌いだという人が私を含め大勢おります。
でも、すごく子を愛しているのです。
だからといって、全てのよその子供までを好きにはなれません。
全ての人間を愛せないのと同じです。

しかしながら、親になる前より親になってからのほうが
非常に子供や子供をめぐる環境、人の想いについて
深く感じ、知ることができるようになりました。
これは私の財産だと思っています。

たぶん通りすがりの方で
もう何ヶ月も前のこの記事になんらかの検索でこられたのかと思いますが
ずっと私にお付き合いしてくださっている方々は
私が子供嫌いだったのになあとぶぅぶぅいいながら
不器用なりに子供を愛し 命を削るようにして育てているのを、
どうしようもなく愛していて宝物のように思っているのを
わかってくださっているでしょう。

でももともと子供嫌いだったので 子供の嫌な面もすごくよくわかりますから
かなり厳しく子供を見て 育てているのもご存知だと思います。
この数だけは多いブログのすべてを読んでくださいとは貴方様にはとても申せませんが、
証明せよといわれれば
そうですね、日々つづってきたこのブログの積み重ねがそれになるのではないかなと思います。

書き込んでくださった貴方様が
そんなにも苛々するほどうるさくしているお子さんと
その親御さんに私もきっと嫌悪感を感じることでしょう。
私の文面の、子への厳しい思いに違和感を覚えられてのご意見かと察しますが、
私はあまりに子供を愛しているので
放っておいたら何も叱らず注意しない親になってしまいそうなのをおそれているのです。
我が子のことだからなんでも許せるし受け入れてしまえます、その気になれば。
でもそれが子の幸せになるでしょうか。
社会という外にでることなく一生を家の中だけで過ごせるのなら喜んで私は、
子供を愛でとろかしながら育てます。
けれど人はいずれ自立し、己の世界を、居場所を、他者との共存生活の中に見出していかなければなりません。
そこには家庭で親から浴びるように与えられていた愛と許しがほぼなく、
厳しい赤の他人の視線、批判にさらされる・・・そんなときに、
子はどうなることかと思わないわけにはまいりません。、
人としての良心と見識ある人になってという思いで、
だめなことはだめと教えているつもりです。
こういうのは大変心苦しいのですが、
おかげさまで我が子たちは躾が良くできていて、でも素直で明るくていいです、
だからそんなにお母さん心配しなくていいですよと
今のところは先生方や他のお母様方に言っていただけております。
下の子が自閉症という知的障害を持っているので余計に私が敏感であることを
周りの人も察して、やさしめに言ってくださっているのかもしれませんから、
慢心はできませんが。
自分が他人に迷惑をかけているかもしれないという発想は常に持っていてほしいと私は全力で思っております。
好き勝手に振舞って、その陰で誰かを傷つけたり困らせたりしているなんて
とんでもないことだと思いますので。

貴方様をいらいらさせているお子さんのうるささとは
どのようなものなのでしょうね・・・親御さんに放置されているようなのでしょうか。
それゆえのうるささでしょうか・・・個人的に興味を覚えます。
貴方様が親の一人であるなら親としてのアドバイスは
全然していい、口をだしていいと思います。
でもそうでないなら確かに相手のご気性によっては
子供のいない人が何を・・・などの不愉快な対応をされてしまう可能性は大ですね。
確かに悩ましく、難しいことと思います。

我が家の子も機嫌がよくて幸せでも、子供ですからテンションが高いときには
なにかしら声を張り上げたり、パタパタ活動しています。
ですから機密性の高い一戸建てに住んでいます・・・
そういう意味では口はばったいようですが、環境は用意できる人間なので
子を産んで育てる資格はあるほうでしょうか?
壁や床をとおして音が響く住宅では、愛のもてない他人の子の騒音は
本当に辛く、きついことでしょう。
私も独身時代に悩まされた経験が本気であります。
すごく、よその家の子が憎らしかったです。

子供を持つということと、世間体とか見栄という言葉があまり結びつきません・・・私の中では。
逆に言えば、子供がいない人は世間体が悪いということですか?
貴方様はそう思っていらっしゃらなくても、そういうお考えをお持ちの方たちに囲まれているのでしょうか・・・
何かそこにも苛立ちを感じました。
子供がいないとおかしい、人として完全になれない、というようなことを
私も昔、長い不妊時代に臭わされて呆れた記憶もあります。
(言ってくる相手の、出来の悪い子なんて全然うらやましくなかったし、欲しいとも思わなかったです。
また子供がいるからといてそんなことを言う人も、素的な人生を歩んでいるようには見えませんでしたね)
別に子供がいなくても体裁は悪くないですし、
子供がいてもかっこいいことにはなりません。
愛してでもいないと、とてものこと、こんな気苦労や手間、時間とお金はかけられません。
私も私のオットも私の友人達も親類も
それぞれの子らのためには全てを投げ出す覚悟でおりますが
それが世間体や見栄と結び付けられるのは心外でございます。
その点はどの角度から吟味してもご意見を共にはできないようです。


あなたのような方に眉をひそめられないような子でいてくれるように
私はますます気をつけて子供たちが良識を持った人間にそだってくれるように
見守って行きたいと思います。
親は口うるさく、がみがみ厳しい面があってもいいとおもっています。
日本のみならず、それが世界のかあちゃんですから。

ちなみに私がこの記事の中でかいた眉をひそめさせられたお子さん達は
大変溺愛され、いい面しか見よう、知ろうとしない、そして裕福な親御さんのお子さん方でした。
自分の好きなように振舞う、それを叱る人の方が悪い、心が狭いという態度を、母子でとられます。
私はそうなりたくないと思っております。
人間はふだんの何気ない所作で、品性や見識が問われるので怖いものです。

非常に歪んだ思考、身勝手で我が儘な自分よがりな男女が
子供大好き、自分達の子を作りたい♪と
寄り添い合って和気藹々と子を成し、
甘やかしまくって育てているご家庭がないわけではありません。
そういう方たちは確かに子供は好きらしいですが、人間性の育成に首を傾げさせられるような生活面がみうけられます。
平気でマナーやルールを無視するか自分よりに捻じ曲げながら
でも犯罪者ではないので誰に摘発されるわけでもなく悠々としているご夫婦・・・
そんな間に生まれ育ったお子さんは、子供好きな両親の元にうまれて幸せなのでしょうか。
そうだとして、また違うとしても、誰がそれを裁定するのでしょう?
資格を問う権利を誰が持っているのでしょう?
残念ながらどなたにもそのような権利はないと思います。
せいぜい、好きか嫌いかの感想をいえる程度でしょうね。
嫌いだから嫌いと、私は自分のブログの中で言わせていただいたのです。

自分のことではありませんが
子供嫌いだったんだよ〜といいながら、実にいいお父さんお母さんをやってらっしゃる方を一杯知っています。
その逆の方々もまた非常にたくさん知ってしまっています。
百聞は一見にしかずです。
生んでみて初めて自分は子供が好きではなかったと気付いたと本音を漏らすお母にも何人かお会いしました。
悩みながら、でも投げ出すわけにも行かず、
でも本当に好きじゃないのと泣きながら母乳をあげていたおかあさん・・・。
今どうしていらっしゃるかと思い出して不安です。
反対に、大丈夫かなあ、愛してあげられるかなあと案じながら
生まれた子供を宝物にして大切に思いをはぐくんでいる方々も多い・・・
私も親になって11年半、いろんな親子さんと出会いふれあい、学んできました。
本当に、頭で考えていたことと、体験してみることとの差の大きさを実感します。

心の狭い私はやはり全部の子は好きになれません。
でもできればどの子にも元気にまっすぐに育って欲しいので
必要とあらばPTA役員もします、地域や学校行事の雑用係もいたします。
そんなことでも少しでも
触れ合う中から生まれる何かがあるなら、と祈りながら。
* かりん * 2009/01/14 4:45 PM *

現在、7歳(男)、3歳(女)、1歳(女)の3児がいる母です。こちらのブログを見て共感しまくり、途中から涙が出てしまいました。
どの教育書、育児書より私の心に励ましと勇気を与えてくださったように思います。
* なみつまる * 2009/03/12 7:19 PM *

なみつまるさま、こんばんは♪
はじめまして!
コメント、ありがとうございます。

私のようなものの雑文に、
もったいないばかりの優しいご感想を頂きまして
本当に本当にありがとうございます!
なみつまるさんは3人ものお子さんのママで、
もうそれを伺っただけでも私は尊敬せずにはいられません。
大変な、でも、たぶんきっと、
とても大切な素晴らしい時間を、
ただいま過ごされている真っ最中なのでしょうね。

私の母が、私や妹がかなり大人になったある夜、
一人布団の上でむせび泣いていたことがありました。
驚いてわけを尋ねると、
私や妹の幼かった頃のことを思い出した、
もっともっと抱いてあげればよかった、
ほかのなにをほったらかしてでも
あんた達をもっともっと抱っこして、うんと可愛がればよかった・・・と泣かれたので、
大変びっくりしました。
別に私も妹もグレることなく成人していたのですけれども・・・。
結婚前で子どもも当然いなかった頃のことです。
今思えば、母はきっと親として一番甘くせつない、
愛しい我が子の寝顔や無心に遊ぶ姿を
十分いとおしみきれなかったことが勿体無くてしかたなかったのでしょうね。
だから私は子供を抱きまくってすごしました(笑)
今は11歳と9歳と大きくなってしまいましたが、
機会があれば抱いています。
家事は手抜きしまくりです・・・(単なる言い訳ですね・・・すみません)。
でも私が、子供達を好きで可愛くて仕方ないんだということを
子供達がちゃんと信じていてくれればいいと思うんです。
それがあるから安心して、悪いことは悪い!!と
オニババになって叱ることができる気がしています。

小さなことにつまずいたり受け流せなかったり、
些細なことが嬉しくて、温かい気持ちでいっぱいになったり、
要するに私はなんにつけてもおっちょこちょいで大げさなんだと思います。
でもこんな私でもよかったら、
どうかまた遊びにいらしてくださいませ♪
本当に、よろしくお願いいたしますm(_ _)m
* かりん * 2009/03/13 6:34 PM *

本日1:56
名前欄空白で
「子供嫌いでもすぐイコール虐待とはいかないでしょうが、今は子供虐待に関してとても厳しくなっており見つけたら通報されます。気をつけて下さい。海外では通報は義務化されています。」
と書き込みされた方へ。
間違って削除してしまいすみません。

あらためてお応えします。
というか逆にお尋ねしたいのですが。
「見つけたら」とはなにをでしょうか。
私が子供嫌いなんだよねえといいながらもほぼ毎日
学校の役員の仕事で駆け回りつつ、
よそさまの、あまり躾けのおよろしくないお子さん達を引率して登校する当番にあたったりすることを
見つけられたら通報される、ということでしょうか?

いささか的のはずれたお書き込みのようです。
折角お書き込みいただきましたが
あまり文章は読まれずにただゆきずりで書き込んだだけと解釈いたしますね。
(長いから,興味ない人が読むのは大変ですよね)

それから虐待を見つけたら通報が義務というのは
海外ではなく,日本でもそうなのだと私は思っていました。
そうでないとしたらショックです。

この「たぶん子供嫌いだから」
というタイトルはよほど人の心の琴線にひっかかるのか
今でも大変アクセス数が多く、
思わず,子供を好きになれないことで悩んでいる女性は多いのだろうなあと勝手に考えさせて頂いております。
それとも、あるいは可愛くてならない我が子を誰か他人に嫌われて、
きっとその人は子供嫌いに違いない、
そう言う人がなにかネット上で発言していないかな,と調べられて
ここまでこられたのかもしれません。

いずれにせよ、私が子供嫌いなのは事実です。
が、虐待と呼ばれる手段をこうじたことはありません。
我が子は私を怖がり、かつ非常にいつもべったりと甘えて来てくれます。
お暇があるならこのブログ内のどこをご覧になられてもかまいません。
私がどれほど子供を愛し、
子供の社会を憂えたり,喜んだりしているか自然に判って頂けることと思います。

書き込みは大歓迎なのですが、
なにか的のはずれた正義を仮面につけた立場からのコメントは
やはり一瞬応えていいものかどうか迷いますね。
ネット上でみなさんHNなのだから
仮名でもつければいいのにと勝手に感じたり…
それすらもなにか負の感情なのでしょうか。

ご助言という体裁をとられたお言葉ですが
さっぱり合致する状況が思い浮かばないので、
そうしますともしませんともお返事いたしかねました。

ただ、私が虐待されている子を見かけたら速攻通報すると思います。
なんらかの親御さんの性質,もしくは主義、生活上の致し方なさから
愛情不足なんだなあと感じさせられる子は時にみかけますね。
でもそれは通報できません。
昔も今も、スポイルすることを愛情と思っている親御さんもいれば
子供より自分の事情が先、という親御さんもいるというのは変わらない事実…
本日PM1:56のあなた様(DoCoMo携帯をお使いの方)が
どのようなお子さんをおもちなのか
はたまたお持ちではないのか
少々興味は感じました。
* かりん * 2009/05/21 6:03 PM *










http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/795386
「集団登校」についての最新ブログのリンク集
集団登校 に関連するブログ記事の検索結果や関連ワードをまとめてみると…
* 話題のキーワードでブログサーチ! * 2008/09/11 11:08 AM *
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
地球へ…


Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *