京都に行きたい

  • 2008.11.20 Thursday
  • 22:10
暢気な旅行の計画で言っているのではなく、「地球へ…」問題での願望である。
京都の三条で行われている竹宮恵子先生の個展が、春の東京個展に引き続き「地球へ…」なのだ。
行きたくて行きたくて泣きそうなくらいである。
いい年して情けないけど、こういう風に気持ちが揺れ動くのはもう、自分の中ではどうしようもないのだ。
しかし、日常のさまざまな事情を考慮して無理。
実家、関西なのに…せめて冬休み中とかだったらなんとかなったんだけどなあ、とただただため息。
春に東京で行われた個展に行けただけでもよしとするべきなのだろう、と自分の贅沢をたしなめつつ、そういえばあれはすごい人出で大変だったっけ…たしかアニテラ公式サイトで告知されたのを、竹宮先生側はご存知なくて、通常の人出しか予想していなかったための混乱?みたいな分析を聞いたなあと思い出し、公式サイトを久しぶりにのぞく。
すると滅多にない更新があるではないか。
ナニナニ、携帯アニメコミックサイト「ぱらぱらアニメ」でアニテラが配信される?
おお。
早速携帯電話をいじって、飛んでみる。
サンプル、ダウンロード。
…胸がじーんとなった。

泣きたいほど好き、という形容をたまにどこかで見聞きする度、ぎゅっと心臓が反応することがある。条件反射のように思い浮かぶ彼の面影に、この年になってもまだ胸を打たれるということにもう、苦笑するしかない。三つ子の魂百までもとはこういうことなのかなあと自嘲に近い思いもある。

運命を受け入れて、そのとき自分にできる精一杯のことを、全力でする。
何もかもを引き受けて。
スケールの小さい我が人生の、私にとっての荒波を、それでも今までなんとかくぐってこれたのは、心に受けた様々な感動のおかげだけれど、その中心でいつも飛び抜けて輝いているのは、ジョミー・マーキス・シンの姿であることにはもうずっと、何十年も変わりがない。
もう駄目かなと思う、そのときいつも不思議なくらい彼のことが思い出されて、いつの間にか自分の中から底力を引っ張りだせて、結果として切り抜けられたことが本当に何度もあった。
ああ、ヒーローなんだとその度に思った。ずっと私の中に居てくれるんだと。

我が人生の悔いは、息子にジョミーの名をつけなかったことだと本気で言ってみる。せめてシンにすればよかったじゃん、私!馬鹿だよ、私!と今更のように悔やむ独り言に、家族の誰も相槌すら打ってくれないのであるが。
こんなにも強く、京都に行きたいと思うけれど、周囲の人を困らせて、それでも来いとはジョミーは決して言うはずもない。彼なら踏みとどまって義務を果たすことを選ぶ、と思えてしまう。
もうあまりなさそうだけど、それでも一応祈りを捧げる。
どうかまたいつか、竹宮先生の描かれる生ジョミーに会えますようにと。そして個展で売っていると言う来年用の卓上カレンダーだけでも!通販されますようにと。
…要はその、来年用のカレンダーが欲しくてぐずってるんだな、とオットに一言、切り捨てられる。
それがどんなに大事なことか貴方にはわからないのよ!
と言い返した所で虚しいばかり。
ぐ、ぐずってなんかないもん…!
ただ、ジョミーに会える機会は一度でも逃がしたくないだけです。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM