さよならは言えない

  • 2010.03.25 Thursday
  • 22:21
 どしゃぶりの雨の中出勤して思ったのは、病院に来る人って元気な人が多いなということ。この雨をおして溌剌とやってくる人の多いことよ!みんななんてお医者さん好きんなんだろうと思いながら働いた私は、ものすごく忙しい中恐縮しながら早退し、本日終業式を迎えた息子のお迎えへ。
これで今年度も無事終了した息子である。お世話になったスクールバスに乗るのも今日が最後だと思うとなんだか寂しい。4月からは直接私が学校に送迎することになるのだ。それにはメリットデメリット両方あるのだが、ともあれ、優しいバスの運転手さん、添乗員さんにはひとかたならぬお世話になったので、どうお礼を申し上げていいのかわからない気持ちで一杯になったのだった。

帰宅して一息ついて気がついたのだが、今日でアニメ「銀魂」が最終回である。
最後まで徹底してグダグダで品がなくてどうしようもない。でもそんな銀さんたちが大好きだった!
もうしばらくはアニメ銀さんの世界に入れないんだと思うと、予想以上に大きな大きな喪失感に飲み込まれてしまう。もちろん原作銀さんの世界は続いているし、きっとまた原作ストックがたまったらアニメが再開されるんだわと信じているのだけれど、でもやっぱりさみしいなあ。
アニメの声優さんたちの演技が、私は本当に好きだったのだ。その世界に少しの間にせよ触れられなくなるのはとても寂しい。
私にとって2007年、続く2008年はとてもいろいろなことがあった年で、実はかなりアップアップであった。精神的にも肉体的にもきついギリギリのところを救ってくれたのは本気で銀さん達だったのである。アニメを観てどれだけ笑い、気が晴れたことだろう。驚くほど私に解放感を与えてくれて、あっけらかんとした気持ちで子供と一緒に観て楽しみながら、一緒に現実に自分にまつわる諸々のことを笑い飛ばし、吹き飛ばしてしまえる気持ちになれた。
原作も読んでますます好きになればさらに心にパワーをもらえて、ストレートに生きる力になった。
自分はまだまだがんばれるとわからせてもらえた。本当にすごく助かって、とてもとてもありがたかった・・・。

そんなだから、しばらく会えないと思うと寂しすぎるのでアニメの銀さんにさよならなんて全然言えない。
アニメのこんな最終回でもこれだけ寂しいのだからいつか原作の銀さんの幕が閉じたらもう、どうしていいかわからないくらい寂しいだろうという予感をも、今日はかみ締めてしまった。

ふと見ると、傍らで娘もなき濡れている。そんなにあなたも土方が好きだったのねと共感しようとしたら娘には、同じく本日最終回だった「怪獣大作戦 ウルトラギャラクシー」との別れのほうが切なかったらしい。この番組のおかげですっかり怪獣マニアになった我が子たち。特に娘よ、それでよかったのかと思わないでもないが、まあ何かを好きになるということはいいことだと思うので・・・ま、いいか。

その後、「ナルト疾風迅雷スペシャル」でもまた涙する。自雷也の死をついに知らされたナルト達。ナルトの表情に胸を打たれる。原作もいつもすごく感動するけれど、アニメもやっぱり素晴らしい。
見事にナルトに共鳴させられきって、本当に自雷也を想い、悲しんだ。
豪放磊落で熱い人情と卓越した強さを持った、本当にかっこいい人だったと思う。そんな師を持てて、さらにイルカ先生やカカシ先生にも見守られ導かれているナルトが、私は本当に羨ましい。信頼し、尊敬できる師を持てることは、人生でどれほど自分の支えになることかと、この年になるからこそ改めて思う。

なんにしろ・・・フィクションとはいえ別れは悲しい。
よく思うことを改めてしみじみと感じた今日だった。
コメント
お久しぶりです。ほんとにご無沙汰している上にここから失礼いたします。
アニメ『銀魂』…咲桜もあのキャスト陣があまりにもはまっていて、原作漫画そっちのけでずっとアニメの方を観てました。
いつしか銀さんが心のお薬になり、アニメの終了を知った時はショックでした。

うちの愛ちゃんを銀さんカラーにカスタムしてしまったぐらいで(^^;

アニメの一話から録画していたのを残していたので、今はそれをぽつぽつ見てます。

愛ちゃん、

ペタリしますね(^^)
  • 咲桜
  • 2010/04/02 2:10 PM
咲桜さん、おはようございます♪
こちらでもコメントくださってありがとうございます!

銀さん、本当に心のお薬ですよね。
アニメのモバイルサイトを観ると
「一旦終了〜!」ということですので、
本当に「一旦」なんだわ、
原作ストックがたまったらまた再開するのよ!
と、今はそれが楽しみになっています。
映画も公開されますしね〜、
再放送もはじまりますよね。
一緒にこの寂しさを乗り越えましょね!
銀さんたちはいつかきっと帰ってきてくれるはずです。

銀さん使用になった愛ちゃん、かわいいです!
あ、銀さんなら可愛い、より
カッコイイって言われるほうがいいのかな?
  • かりん
  • 2010/04/04 7:47 AM
こんにちは。
終わる終わる詐欺に毎回ひっかかり、友達に「銀魂終わるよ〜どうしよ〜」と大騒ぎしては、毎回後で「嘘でした」というメールを友達に送り、さすがに今回は軽く聞き流されていましたが、逆に本当に終わったという・・・
それも毎週欠かさず録画してみてたのに、最終回は(というか2010年は)全然見れなかった、この悲しさ!(日本にいなかったのでね。。。)

はあ〜こんな歳になってアニメが終わることがこんなに悲しいとは思いませんでしたよ。
そんな気持ちを同じように味わっていた方がいてうれしくなりました。
私も2007年から銀魂を見始めたのですが、途中からだったのに夢中になりすぎて(DVDで)1ヶ月で追いつきましたよ 笑
銀魂には本当にたくさん助けてもらいました。笑うことがこんなに精神的に効果的だと、銀魂を見るまで知らなかったといっても過言ではありません。銀魂のおかげで今がある。そして今も心の支えになっている!と空知先生に伝えたいくらいですww
そして銀魂はアニメが抜群によく、かっこよさも笑いも倍増ですよね。ズルズルボールの回なんかはアニメならではwww

ああ、こんなこと書いていたらまた見たくなってしまいました。はやく復活してくれるといいですね。
broccoliさん、こんにちは♪
アニメ銀魂は本当に終わる終わる詐欺の連続で、
それがまたいいギャグになっていましたよね!
本当の最終回、原作の漫画の連載に
アニメがすっかり追いついたのを実感していたので
受け入れやすくはありました。
ナルトやブリーチはアニメオリジナルのお話がかなり入っているのですね。
空知先生はそれをよしとなさらなかったのかなと思います。
たまにアニメオリジナルのお話が入るとそれも本当に面白くて、
アニメスタッフの方たちの愛を感じられてよかったかなと
私は思っているのですが。
「一旦終了」という言葉がアニメ関係者の方たちに何度も使われているので、
きっと「一旦」終わらせただけと、自分を慰めて今のところ生きている私です。
最終回のあとすぐ、
毎週月曜日に「よりぬき銀魂さん」ということで再放送が始まり、
その再放送用に新しいOPとEDが作られていて
そこに新しい曲もはめこまれています。
だからまだアニメ銀さんたちも現役な感じですよね。
それがとてもうれしいです。
私もアニメ銀魂にはまった頃には、毎日のようにDVDを借りてきて見ていて
一気に中毒化がすすみました。
今、私のへそくりを貯めている貯金箱はずばり
「ジャスタウェイ」です。
同じものを友人にプレゼントして、とても嫌がられました。
そして沖田のアイマスクも愛用しています・・・!

ズルズルボールのお話は本当に笑いましたね。
ぬらぬらだのぬめぬめだのややこしかったですが
土方が「見ろ!なんやかんやで出た」と言った台詞がツボにはまり
しばらく笑いが止まらなくて困りました。
声優の皆さんがド○ゴンボールの真似をするのがとてもお上手で、
それ自体が笑いのツボだったんですけどね〜。

空知先生の連載が末永く続くことも
日々祈ってやまない私です。
本当にこの年にして漫画やアニメに助けられています、私も。


  • かりん
  • 2010/07/02 2:38 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM