<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最近とても好きな人
 私が子供と「BLEACH」を観るようになってからの歴史はまだ浅い。
人気なのは知っていたが最初はあまり関心がなく、夕食の支度に忙しくしていたりしたのだが、数ヶ月前、ふとオープニングの曲に惹かれて画面に見入った。
可愛くてキュートな女の子達が制服を着て踊る。ひどく胸が強調されているのが面白かったし、でも顔立ちは綺麗で素敵な絵だなあと思った。てっきり何か、高校生の恋愛ものでそう?と思いこんでしまった。それにしては合間合間にずいぶん個性的な和風ロックみたいな黒い衣装を着けた男性達がちらちら映るなあと思ったのだけれど。女子高生とヤクザのからみ??という思いもよぎらないではなかった。そんなものを平日の夕方、絶対子供が観る時間にするわけないよね?とも思う。
とにかく音楽がかっこいいと思ったのだ。その音楽、SCANDALの「少女S」から入った・・・それが私とブリーチの出会いなのである。
そのまま見続けていたら話は全然高校ものじゃなかった。いや、別に高校生のお話が見たかったわけじゃないからいいんだけれど。死神とかなんとか刀とか、あまりにもOPとかけ離れてない?
娘に説明を求めたら、娘も途中から見たからまだ設定は全部はわからないけど、登場人物のほとんどは死神で、その死神たちにはそれぞれの個性にあった刀があり、またそれぞれ違う能力があるのだという。
ビアズ・アンソニイの「魔法の国ザンス」シリーズのようではないか。あれは皆が魔法の力を何か一つもっていて、それはけして人と重ならないという設定であり、それを絡めて物語が進行する楽しいファンタジーである。何かそれと似たファンタジーなのだろうか・・・。

今思うと、そんなとんでもなくトンチンカンな入り方をしたわけだが、その後無事に1話から観始めて、今104話くらいまで見て、すっかりファンになった次第である。
詳しい友人に、私が入ったのは斬魄刀異聞編で原作にはないアニメオリジナルの話であり、DVDで借りて現在見ているバウント編もアニメオリジナルだと教えてもらった。それと平行して現在放送中のものも観ているわけだが、とにかく色々楽しい。ハマッている。
そうしてまた大好きな人ができた。
私が今とても好きな人・・・それは京楽春水さん、そして浦原喜助さんなのだ。
彼らのキャラクター、声優さんの演技にもううっとり。最高。めっちゃイカす♪
最初の頃に観た斬魄刀異聞編(それもかなりラスト部分から観はじめた)では朽木白哉がいいなあと思ったのだが、その後すぐに京楽さんのたたずまいに惹かれ、一話から観始めてからは浦原さんもとても好きになった。
なんとマニアックな喜びだろうか。そしてあまりにもたわいなくて自分でもおかしくなるが、アニメだろうと漫画だろうとこういう「好き」という気持ちは大事だなと思うのである。

火曜日は夕方6時からブリーチがあると朝から一日がんばれる。
本放送ではアランカル編?というのかな、緊迫した戦いが続いていて毎回あっという間の30分なのだけれど、今日は大好きな京楽さんの登場シーンが多く、渋くてかっこよくていつもにも増してときめいてしまった。
美声で独特の台詞回し、もう大好きである。大塚明夫さんの声に最近とても反応するようになっていてテレビを観る楽しみ・・・いや聞く楽しみが増えた気がしている。
私はひゃらひゃらと力が抜けていて、目一杯感を出さないでいて飄々と強い人がかなり好きなのだ。
だからだろうか浦原さんも素敵・・・演じてらっしゃる三木眞一郎さんの声にも反応するようになってしまった。おかげで、子供達がポケモンを観ていても振り返る。仮面ライダー電王では私が大好きなジークも演じていらっしゃる。けれん味たっぷりの言い回しが癖になりそうで、この方も本当に素敵。

テレビ東京のアニメヴォイス携帯サイトで浦原喜助の声を何本も、子供達はルキアの鬼道や縛道の詠唱が大好きなのでねだられてその声をダウンロード。一応白哉兄様の声も何本か落とした。しかし!肝心の京楽さまのお声がないじゃないですか!
思わずリクエストメールしてしまった。私ってあまりそういうことをしたことがないのだけれど。
それほどに京楽さんが今は好き。

このオタクな愛に自分でも笑う。けれどその愛が、今の私の現実を支える力になっているのだ。間違いなく。
人間、何に救われるかわからにもんですね。
| 大人になっても楽しいアニメ | comments(4) | trackbacks(0)
コメント
はじめまして、かりんさん。
急にコメントすみません。どうしても書きたくなったので!

ブリーチ、浦原さんいいですよねえ〜!享楽さんの声もいいんですけどねえ。ほんと、漫画もいいけどアニメは声がたまりませんよ。
日本にいた頃、私も木曜日が楽しみで子供か!!と友達に言われながらも銀魂とnarutoのために早々に帰宅していたくらいなので。


というか、ちょっとこの日記とは関係ないのかもしれませんが、かりんさんの本や漫画の選択や見方にとても共感してしまったので、おもわずコメを。。
特にnarutoと銀魂、守り人シリーズとしゃばけシリーズは日本から家族や友達に送ってもらうくらいの愛しっぷりです。
今、私はオーストラリアに住んでおりまして、なかなか漫画や本の調達が難しいのですが我慢できず、ネットで買っては日本に送って→こっちに転送してもらうというややこしいことをやっています。
そんな時にかりんさんのブログに出会って(narutoのレビューがきっかけ)これからの本の購入の参考に勝手にさせてもらうことにしました。

かりんさんのレビューを読む限り、たぶん世代も同じくらいかと思います。
(勝手な想像ですけど・・・)だから本当に読んでて楽しいです。

これからも楽しみにしています★
| broccoli | 2010/06/24 10:53 PM |
broccoliさん、はじめまして。
ようこそお越しくださいました。
そして嬉しいコメントを本当にありがとうございます!

好きな人や作品について、同じファンの方とお話できるって
本当にいくつになっても楽しく、うれしいものだなあとわくわくしてしまいます。
はい、ブリーチの浦原さん大好きです。
京楽さんも大好きです。
声優さんの演技にしびれっぱなしです。

日本のアニメって本当にすごいですね。
絵柄も動きも原作のイメージや内容を損なうことなく
むしろものすごく魅力的になっていて
近頃の私は本当に、アニメから原作に・・という流れで入っていっていることが多いです。
昔では考えられなかったことです。
そして声優さんたちの演技の素晴らしいこと。
皆さんのお人柄というか、役者さんとしての情熱と誇りが
キャラクター達にさらに深い魅力と生命を与えてくれているんでしょうね。
また使われている曲も素晴らしいなあと思います。
おかげさまで、丙午年生まれの私ですが
まだまだ感性はさびついてないなあと確認したりもしています♪

守り人、しゃばけシリーズがまたいいんですよね〜。
本当に私も大好きです。
読み出すと引き込まれ、しばし、現実を忘れて夢中になりますよね。
まさにトリップしている感じ。
良い本はみんなそんな力を持っているなあと思います。
ナルトを読んで熱くなり、銀魂を読んで笑うその幸福。
この作品を読めて本当によかったと思うひと時です。
読後の感動、感想は、それが喜びであれ失望であれ
自分の中にとどめておくにはあまりにも苦しい熱っぽさで
その放出先を求めてブログにアップしてしまうという身勝手なものなのですが、
それをこうして、遠いオーストラリアの空の下に住まわれる同好の士の方に見ていただけて、
楽しいとまで言っていただけるなんて
本当になんて果報なことかと思います。
ありがとうございます。
よかったらこれからもまた遊びにいらしてくださいませ。
大好きなナルトや銀魂、ブリーチなどなど
読んだり見たりして面白かったもの、楽しかったことなどについて
お話できたらとてもうれしいです。
これからもよろしくお願いいたします♪
| かりん | 2010/06/26 7:06 AM |
承認ありがとうございました。

私は大人になってからあまり漫画を読んでなかったのですが、数年前、友達にnarutoを勧められたことがきっかけでどっぷり漫画、そしてアニメにまではまってしまいました。それに拍車をかけたのが銀魂なのですが。。。
(はじめてみた銀魂は新撰組トイレ掃除の回でしたww)

そして漫画だと電車の行き返りもたないという不純な理由から、人生初のファンタジー?系小説に挑戦してみることに。それが守り人シリーズで、あまりのおもしろさに周りに勧めまくってしまいました。本当にあの世界ははまりすぎてよく泣いてしまいます。

それにしても、naruto最新巻の最後はなんだかカカシ先生の死亡フラグが立ったようでちょっと悲しかったですね。サスケとナルトがそれによってどんな成長を遂げるのかも楽しみですが、できればカカシ先生は死なないでほしいなあ〜と思ってみたり。ま、勝手な想像なんですけど、全部ww

これからちょっとづつかりんさんの日記を遡って読ませていただこうと思っています。「今頃?」と思う日記にコメントがつくかと思いますが気になさらずにwww

そして、言い忘れましたが私のブログにリンクさせていただいてもよろしいでしょうか?

ちなみに私も映画銀魂のブログパーツつけてました(もうとってしまったんですが・・・)。

これからよろしくお願いいたしますね。

(手紙みたいになってしまった・・・)
| broccoli | 2010/06/26 4:46 PM |
broccoliさん、こんにちは♪
リンクの件、ありがとうございます。
こんな私・・・というkブログでよかったら(^o^)
どうかよろしくお願いいたします。
私のほうからも是非リンクさせてくださいね!

大人になっても楽しい漫画やアニメって本当にすごいですよね。
ナルトを勧められたお友達のセンスも素晴らしいです。
銀魂は私は声優さんに興味を持ってアニメから見始めてハマりました。
真撰組トイレ掃除の回はあのナウシカもどきの・・・面白いですよね♪
守り人シリーズはヒロインのバルサが大人な女性であり、
べたべたした感じではないのにやさしさと強さを兼ね備えた魅力に溢れていて、
本当に惹かれました。
タンダとの関係も素敵で。
その中でチャグムの成長も見ごたえあるし、、
本当に良い作品で私も人に勧めたくなりました。

大人になってからのほうが人の心の痛みがよく判るようになり、
めぐり合わせの切なさや幸福もわかるようになったので
読書で受ける感動はひとしお、私もよく泣いてしまいます。
ナルトはことに今、せつないです・・・
カカシ先生ですら私には年若いのに頑張ってる青年なので
彼の傷や苦悩を察しながら必死で応援してしまいます。
彼が教え子を大事に思う姿、木の葉の里の忍びとして生きる姿に
とても惹かれます。
火影になっている姿を是非見たい!と私も勝手に想像しています。
死亡はいやだ〜!(≧_≦)

broccoliさんに楽しみにしていただけると
私も良い本を探す甲斐があります。
また泣いちゃった本などあったらご紹介しますね!
| かりん | 2010/06/28 2:24 PM |
コメントする











この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/903124