今日も一人

  • 2010.06.16 Wednesday
  • 20:36
 来週がまたみっちり忙しいのでる。
笑っちゃうくらい、学校にばかり出かけることになる。もうスケジュール帳を開くのもいや。
しかし変わりに今週は、一切PTA活動がないのだ。普通に仕事と育児と家事だけでいいなんて幸せ。
しかも仕事はお休み。子供の送迎さえしたら後は家に居ていいのである。

ムフフフフ。
誘惑に耐えがたく、DVDを取り出す。
友達に浦原好きなら是非ごらん、京楽さんもちゃんと出るから!と勧められたブリーチ過去編。
うきょ〜♪
一人気楽に最高に幸せにひたったのだった。

昔の浦原さん、可愛くてびっくり。陰りがないのが物足りないような、でもそれがいいような。
涅マユリの過去もある程度わかってドキドキである。マユリも大好きなのだ。彼が出ると面白くなるから。

「12」は私がもっとも好きな数字である。間違いなく私のラッキーナンバーと言ってよい。
なのでブリーチを観始めてから十二番隊は意識していて、最初に涅マユリを観たときはおおおお!と思ったのだが次第にやっぱりその奇怪さ不気味さ嫌味っぽさも魅力だなと毒にめざめた。
しかしこうして浦原さんが十二番隊隊長だったと判るといとおしさもひとしお。
私の勝手な理屈だけれど。

平子やひより、りさちゃんあたりの関西弁軍団にも痺れる。なぜ尺魂界で関西弁?と思うがそれは深くは考えないようにしよう。藍染副隊長時代の姿も感慨深い。その彼をガッツリ抑える平子真子の魅力に痺れた。最初は外見的に絶対好きになるタイプじゃないと思っていたのにやはり隊長ともなる人は違うんだなあと感心する。
私は仮面編をまだ観ていなくて、絵だけちらちら見かけるたびにどういう人たちなのかなと思っていたのだが、こうして過去から先に知ってしまう観かたもまたいいかなと思う。

充実した気分でいるところへ子らが帰宅。ずるいずるいと怒られた。また一緒に観て楽しめるから私的には全然オーケーなのだが、娘はこなさないといけない課題がたくさんなってオットに当面アニメ禁止を言い渡されているのである。
つまり待ちきれない私はこっそり子供の留守を狙って一人楽しんだのだった。
セコイ母でごめん。
でも今、母はオタクだけが生きがい状態。しばし許して欲しい。

本当に昨日も今日もブリーチ三昧だったわ〜。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM