癒し・・・!

  • 2010.09.07 Tuesday
  • 22:51
 今日もPTAの役員会で息子の学校へ行く。最近、息子の学校周りの駐車場の満車ぶりが真剣にPTA役員たちの悩みになってきている。今朝は私のとっておきの、隠された駐車場まで早朝から満車になっていて呆然とした。遠くて高くてめちゃくちゃメリットの少ない、誰にも愛されにくい穴場の(ほんととりえのない)駐車場だったのに〜!
おかげで駐車場を求めてさすらい、朝からちょっとしたドライブをしてしまった。

会議はさくさくと進み、まあ夏休みボケは全員のことで、久しぶりに会うお母様方にはなぜかふっくらなさった方が多く、この暑いのに衰えなかった健啖振りをむしろ羨ましく思った。私は死んでたっつーの。今日も暑いし!
皆に眼鏡のことを聞かれ、角膜がざっくり傷ついてますという経過を話したら、怖がられた。年をとると怪談はそう怖くない。それよか病気とか怪我とか人災とかのリアルな話のほうが身にしみて怖いものだ。

会議を終わって買い物をして、一旦家に戻って昼食を食べて、息子を迎えにいって、娘がなかなか帰ってこないので心配して(家から徒歩5分の学校だけど。図書室で友達と宿題していたらしいけど)かなり疲れた頃、アニメ「BLEACH」を観る。
アラビアンナイト設定の尺魂界編のパロディ、面白い!!久しぶりの浦原さんの声に涙してしまう。みんなアラビアンなコスチュームなのも新鮮でよかったのだが、浦原さんのそれはあの象徴的緑と白のストライプのターバンなのが受けた。私は今、一番浦原さんが好きかもしれない。
そのあとランプ・ソサエティにランプ十三隊というのに悶絶して笑い転げ、兄様のわかめ大使とアラビアンなお衣装でも美しいことに感動し、最後のオチで大笑い。雪のクリスタル、最初から形がそのものだから、きっとそうだと思ってました。
先日知人へのお土産に買い、自分でも食べて美味しかった小田原の鈴廣のカマボコの味を思い出して、また食べたいなとよだれが湧いて。
なんというかそれだけで癒されまくり。
ありがとう、アニメBLEACH!
いい年しすぎた大人にも愛をくれて。

でも本当は。ヒロインが浚われて助けに行くというストーリーには、子供の頃から「王家の紋章」のおかげで辟易傾向なんだけどね。王家の紋章では、まだキャロルは浚われているのでしょうか。
私か作者の人に何かあるようなことになる前に決着つけておいて欲しい作品の一つだ。
ノーモア・グインサーガ・・・!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM