洗濯日和だ!

  • 2010.09.29 Wednesday
  • 21:50
 朝、シトシトザーザーという雨音を聴かずに目覚めたなら、それはもう、なにはなくとも一番に洗濯することを意味する今日この頃。基本毎日、何回も洗濯機は回していて、槍が降ろうが雨が降ろうがそれをしないではすまないのが4人家族の日常である。しかもオットなんて異様に綺麗好きで、毎日日に二度、下着を変えるという習慣を結婚依頼20年ずっと続けている人で、息子が通う学校がまた、とにかく運動着替え、歩行訓練着替え、とめいっぱい体力使ってくれる代わりに洗濯物も増やしてくれるシステムなので、勢い我が家のベランダは、毎日洗濯物でいっぱいである。それで雨が振るとどうなるかというと、当然室内干しでいっぱいになるのだ。一番上等のエアコンがついている子供部屋にぐるりと干して、ひたすらエアコンをかける。もったいないとか言っていられない。洗濯物は主婦には重大な関心ごとなのだから。
そんな日が続くと、普通に外で洗濯物を干せるという日はそれだけで有難い。また今日は息子の送迎以外の予定がなく、家にこもって文章練ったり、好きな音楽を聴けたりしていて、本当にのんびりと、好きに過ごせた良い一日だった。
私が今、とても好きでよく聞いているのは中島美嘉さんとJUJUさんのお二人。ヘッドフォンして聞いていると本当に気持ちよくて,うっとりするし,良いインスピレーションも沸く。
ことに最近発売されたJUJUさんの「Request」が素晴らしい。my little loverやMISIA、安室奈美江や椎名林檎、宇多田ヒカルさんなどなどの名曲をカバーしたアルバムなのだけれど、なんだ最近よくある企画かと侮ることなかれ。私もこの手の企画のアルバムは何枚か聴いているし、好きだけれど、JUJUさんの表現力の素晴らしさは群を抜いているとすごく感じた。オットなど、宇多田ヒカルさんの「First love」のカバーを聴いて感動して、本当に涙ぐんでしまったほどだ。選曲が見事に私のツボにはまっていたのにも個人的に驚いた。確か、ファンからのリクエストで決めたと聴いたと思ったけれど、納得だなあ。正直、そのミュージシャンのファンと言えるほおの熱情はないが、その曲だけは好き、というのが誰しもあると思う。私にとってそんなものが集まりすぎていた。逆に、ヒットしていたのは知っているが、当時それほど感動しなかった曲をJUJUさんのこのアルバムで聴いて、ものすごく感動したというのもある。まえに、徳永英明さんのカバーアルバムでも感じたことなのだけれど。

音楽ってやっぱり素晴らしい。あいにく私には一切音楽の才はないが、聴いて楽しむ感性だけはあることを、せめて幸福に思う。
JUJU
SMAR
¥ 2,500
(2010-09-29)

コメント
こんばんは。お久しぶりです。nojikoです。
私もJUJUさん好きです。
なんというのでしょうか、とっても味のあるというか、ソウルフルな歌に心動かされます。
なんなんでしょうね。マイケルジャクソンの時も感じたのですが、
こういう方の音楽を聴くと、上手いだけじゃ歌手とはいえないのねとしみじみ感じてしまいます。彼女のビブラートには何ともいえない機微を感じます。(うまく言えないですけど、何か感じます。)今までの経験と、持って生まれた才能があの表現力を生み出すのでしょうか。
JUJUさん、ステキです。
歌って、歌う人によって活きてきますよね。
カバーって侮れませんよね。きっと歌も色んな方に歌ってもらって感謝してますよ。。(≧▽≦)
  • nojiko
  • 2010/09/30 11:07 PM
noikoさん、おはようございます♪
おひさしぶりです、お元気でしたか?
JUJUさん、素敵ですよね。
私もちょうど
オットと声にビブラートっぽさを持ってる人の魅力について
話し合っていたところなんですよ。
古くはジョン・レノンとかね・・・もう反則じゃないの、その声?みたいな。
その上で魂を織り込みながら表出されているかのような歌唱には
こちらも言葉や理屈より先に魂で、
反応せずにはいられないような感じがします。
音楽ってそのままパワーですね。
単純な私はそのまま勇気をもらったり励まされたり
時には涙ぐんだりしながら
その素晴らしい表現者さまたちから力をもらっています。
歌い手さんが代わることによって気付く楽曲の魅力・・・
その奥深さもまた味わえれば幸福で。
良いものの力ってきっと永遠なんですよね。
  • かりん
  • 2010/10/02 8:41 AM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM