ジャック・バウアーともうすぐお別れ

  • 2011.02.12 Saturday
  • 22:24
---
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
¥ 14,918
(2010-12-23)

 DVDがいっぱいみたいね、という夫婦の希望で、まずは「24」ファイナルシーズンを見ている。

ジャック・バウアーと初めて会ってからもう何年経つのだろう。
もうすっかり、個人情報とかセキュリティとかが信用できない精神になってしまった・・・この人にかかったら何も叶わない、全部好き勝手に壊されるんだろうなあとあきらめるしかない、そんな心境でいつも見守る人である。
なんでこんなにこの人戦ってるの、なんでこんなに報われないの・・・。
そう思いながらもついついジャックの過酷な1日に何回も付き合ってしまう私達夫婦はしっかりともう中毒している。
毎回、どうしてお金をだしてこんなストレスを受けないといけないの、と我ながら首を傾げてしまうのだが、さすがに年老いて、前より優しくなった気がするジャックとのまもなくくるのであろうお別れを、とても惜しんでいる。
キーファー・サザーランドさんは若い頃は印象に残る人だったけれど好きではなかった。
ジュリア・ロバーツが婚約したと聞いたときには首を傾げたし、破棄したと聞いたときは納得した。
なぜだかむしろ嫌いだったということだろう・・・今となっては申し訳ない。
デイビッド・パーマーやトニー・アルメイダが懐かしい。本当に好きだったな。

ひええ!ぎゃー!わっ。
夫婦で思わず口をつく素っ頓狂な声の数々に子供達も慣れっこである。日本語の吹き替えの声は小山力也さん。
先日、朝のテレビ番組で、来日しているキーファー・サザーランドが小山さんと対談しているのを見たけれど、とてもよかった。小山さんの声は本当のサザーランド氏の声より滑らかでとても綺麗で、合っていないと私はずっと思っていたのだけれど、やっぱりそれはそれでいいのかもと思った。

日本のドラマと違ってアメリカのドラマは長くて、世界が濃くて深い。ものすごくシリーズ化されるし、それを楽しんでみていると知らず知らず、家族の歴史にも食い込んでくる。
ジャックと一緒に年をとったなあ、としみじみもする今回のシリーズである。
ジャックがすさまじいアクションをするたびに「もう年なのにー!」と叫ばずにはいられない。
ジャックが目の前にいたらうっとうしいからと真っ先に撃たれそうな私。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM