人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< 伝説がふと脳裏をよぎる * TOP * 前に、前に >>
加藤ミリヤさんの『Love is・・・』
評価:
加藤ミリヤ,COMA-CHI,Miliyah,Anthony Kelly,3rd Productions,Mark Wolfe,Steven Marsden,Wayne Passley
ソニー・ミュージックレコーズ
¥ 780
(2007-06-20)

 先ほど、テレビ朝日のミュージックステーションという歌番組の中から流れてきたこの曲にはっとした。
ぱっとジョミーの顔が思い浮かび、震災で苦しんでいる人たちのことを強く思って泣きたくなった。
心を込めて歌っていたミリヤさんの歌は素晴らしかった。
今、色んな人が祈っている。
色んな形で、色んな場所で、でもただ一つのことを願って。
犠牲となった方達を悼み、傷つき、疲れながら試練に耐えている人たちを想って、勇気と希望を送りたいと心から願っている。
見守る私たちも怖いのだ。いつ、それらがわが身にふりかかるかわからないことを判っている。
だからこそ今、皆で一つの勇気と希望を持ち続けたい。この悲しみと苦しみを、重く胸を圧する不安を乗り越えていきたい。
ひたすら進む時間の先に明るい光を視たいから。


母や妹が神戸から、なんとか水を確保して送ろうかといってくれたが私は大丈夫。
まあ飲み水や料理は一応、手に入ったミネラルウォーターにしているものの、それも無くなったら普通に水道水を煮沸して麦茶パックをいれて、いつののように飲むつもりだ。現時点でもパスタを茹でたり、お米を研ぐのに普通に水道水を使っている。だってしょうがないんだもの。
ニュースでも今のところ、それほどドキドキしなくなってきた。まんまとそういう策略にはまっているのかもしれないが。
周囲も皆、なんだか慣れて来たといっているが、私もそんな感じだ。原発のニュースにまだまだ関心はあるものの、黒煙が出たとか放射能がどうのとか聞いても、恐怖の度合いが麻痺してきている。
それすらも飲み込み、今日の日常という感じ。
これが人のたくましさなのかも。

息子の学校も終業式で、めでたく春休み突入だ。
3学期の終わりにいつも感じることなのだが、私はすごく別れが苦手。
一緒に活動してきた仲間がひとり、遠くへ引っ越していくことにも、とてもお世話になった担任の先生にも、がんばってご挨拶はしたものの、それがとても辛かった。
お別れは本当に苦手だ・・・別れなんて認めたくないのだ。
いつでもまたすぐ会える、そう思う感じで別れたい。
だからひとまず挨拶はするものの、本当にはお別れだなんて思ってないよ、ずっとなんだかんだで続くんだと思う、縁ってそういうものだと私は思っているから・・・みたいなことをごにょごにょ言って、お茶を濁して、いやまあこんな感じでほんとごめんなさい、でも元気でね、ありがとうね、でもほんと、また案外すぐ会うかもよ?
な〜んて、どうしようもない形の挨拶になってしまうのだ。
やれやれ。
所詮いつもヘタレな私。

110319_151908.jpg神戸の北野教会。可愛さに思わず足を止めたのです。
新神戸駅のすぐ近く。坂道の途中。
* by かりん * 20:27 * 音楽 * comments(0) * trackbacks(0) *









http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/903351
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
地球へ…


Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *