お着物を着る

  • 2012.03.21 Wednesday
  • 21:28

実物は、もっと明るい黄色地の訪問着。
母から譲り受けたもの。
私の幼稚園の入園式も、小学校の入学式も母はこれだった。



やはり明日は着物を来て出席しようと決心した。
迷っていたのに、ほぼ諦めていたのに、我ながらいきなりの決断である。スーツも買ったし、それに合う靴も買ったし、これでもう安心・・・と思ったからこその勢いか。だめだったらこれを来て、半月後の入学式までにちゃんと着付けの練習をしようという・・・
それで朝、まだ家族が寝静まっているという時にごそごそとウォークインクローゼットから着物を出す。8ヶ月前の引越し時に、自分がいかに着物類を、取り出しにくい場所に片付けていたかに呆れ、反省しながら。
「だしにくい」これは全てのやる気をそぐ最大ポイントだと思う。まして着物を出しにくくしちゃだめだめ。
今日のPTAの仕事に着物を着ていこう、とまずは洗える着物、カジュアルなものを選んで、着付けしてみる。着るのはすごく久しぶりなのに、肌着は勿論、長襦袢も衣文の抜き方も長着だってちゃんと着られた。
おお。ちゃんと覚えているではないか。きちんと着られてる、着られている。
と、気をよくしたのもつかの間。
お太鼓、やっぱりやり方忘れた〜!
見に染み付いたと思ったやり方、抜けてて呆然。やっぱり駄目かと失意で放心。
息子を学校に送っていく時間が迫って渋々、服に着替えたときには悔しさで一杯だった。
PTAの仕事をしていても、頭の中はお太鼓のことでいっぱい。なんでわすれちゃったんだろう、どうしてあれができなかったか。あれは手をこうしてああして、タレはああだよね・・・?
息子を連れて家に帰る頃、ふっと思い出した。
ああではなかったか・・?!
子らのおやつを用意して、好きにさせておいてから服の上から帯だけ結んでみる。息子がチョコレートを舐め舐め見学に来る。確かにかなり滑稽な姿だ。見物の価値はそれなりにあるかも。私もかなり汗だくになり・・・・でもできた。結べたよ!
なので次は肌着から、ちゃんと着物を着てみる。できた。
脱いでもう一度着てみる。まあまあオーケー。でもカジュアル着物は硬さがあって、ひっかかりがあるから着易いのだ。明日本番で着る気の絹の柔らかなものならどうか・・・
というわけで、本番用の着物を着てみる。まあまあオーケー。
さらいもう一度着てみる。自信がついてきた!
明日はやっぱり着物だ。オー!!!
雄たけんだところでふと気がつけば、外はすっかりとっぷりと日がくれ、子ども達はひもじさに耐えて、我慢していた。
慌てて謝ってすぐパスタを茹でる。

無謀だけれど明日はやっぱり着物で行くぞ、息子の小学校、卒業式。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM