風の神が通り抜け

  • 2012.04.04 Wednesday
  • 23:09
 
春休みで、お弁当を作らなくても良い日でも
5時半に目が覚めてしまう。
でもこの輝く朝日を眺められるなら、
そういう老いも悪くないなって本気で思う。
一旦起きて、ひとしきり家事をするとまたすごく眠くなるのだけれど、
寝ないで、まあ、頑張ってます。



スマホを使い始めて1年あまり。
最初はどうなることかと思ったものだが、最近はなんとか、色々使いこなせているのかな?という気がしている。
と言っても、私のことだからたいしたことはないのだけれど。
無料のアプリを色々調べて試すのが好きで、特に写真加工ものには目がない。
可愛いフレームやスタンプがあるもので無料だったらぞろぞろインストールしている。
今朝はせっかく早起きしたのに、長いこと使えなくなっていたアプリがアップデートで改良されたことに喜んで、
せっせせっせとダウンロードしている間に案外時間をとってしまった。
あまりにバカすぎて自分でも呆れる。でも楽しい時間だけれど。

でもアプリというかネットでもうTwitterとかFacebookなどなどしているのは常識なのだろうか?
とにかくそれらと連動していて当たり前という感じで、私は一切ノータッチなのでアカウントも何もないからあっさりしたものなのだけれど、
ただ写真を加工したいだけのアプリも実はSNSで毎回アップしなければならない形になっているものが少なくないのだ。もちろん設定で「非公開」にできるから、私はもっぱらそうしているのだけれど・・・それも暗いのかな?
皆とてもフレンドリーだなあ、優しく、人と触れ合いたいんだなあ、と、他の方々が仲良く上手にフォローなさったり、されたりしている様子を微笑ましく拝見する。
でも自分はどうかというとまず人見知りというのが強くあって(あまり信じてもらえなくて悲しいことだ)、自分の写真などにも自信がないので、なかなか人と触れ合う勇気がもてそうにない。
でも読むのは好き。
教えられることはとても多くて、日々、生活の刺激を受けるし、参考になる。
今日、新たに「瞬間日記」というアプリをインストールしてみた。ちょこちょこと本当にその場その場で好きなことを打ち込めて、でも公開しない自由さがいい。
ただスマホはしばしば中身が消えるので、ためた思い出がなくなる危険は常にある。
なるべくPC保存できるもの、何より流行のiCloudを使いこなせればいいらしいのだが・・・私の頭では未だ、ちんぷんかんぷんである。


4月にはいって、テレビも番組内容が色々あたらしくなり、継続しているものもキャストが微妙に変わったりして、春は変化の季節だなあということを画面からも実感させられるのだが、
ここ数ヶ月、私としては久しぶりにハマっていたNHKの朝の連続ドラマ「カーネーション」を無事最終回まで見届け、一昨日からはもう、あたらしいドラマ「梅ちゃん先生」を楽しんでいるのだが、戦後すぐ・・・というか、昭和20年8月15日から始まるお話なのに、めちゃめちゃ明るい雰囲気で驚かされた。
焼けて、ぼろぼろの東京の町の様子の作り方は素晴らしいのだけれど。
今日になって少し、戦災孤児にクローズアップしはじめて若干暗さを感じはしたが・・・暗いのは好きではないし、だから良いのだけれどね。
殿こと松坂桃李さんがレギュラー出演なさっているので、それだけでも私には気合いをいれて見る意味十分だ。ご出演とは知らなかったので、初回のオープニングテロップでお名前を見つけただけで喜んでしまった。
今は設定が設定なので、とんでもなく汚れた格好をした若者なのだが、そんな姿をしていてさえ、やはり殿はかっこいいなあと見とれてしまった。
前作「カーネーション」では後半に出演されていた若手の俳優さんがかっこいいなあと思って気になるようになった。綾野剛さんとおっしゃる。気をつけてみると、色々出演されているようなので、これから楽しみに応援したいと思っているのだ。
NHKといえば視聴率が悪い悪いと噂の大河ドラマ「平清盛」だけれど。
私は面白いと思って楽しんで観ているのだ。待賢門院の壇れいさんが美しくて、訳の判ってなさぶりもとても良かったし、三上博史さんの苦悩、伊東四朗さんの怖さ、松雪泰子さんの憎々しさかげんなど実に楽しい。今のところはその宮廷方の人物像が目立って楽しかったけれど(衣装もとても美しいし!)、これからこそ松山さんの見せ場になるなと話の展開的に楽しみに思っている。でも確かに、全体的に煤けた印象の方を画面からは強く感じるからかな。リアリティがなくても突っ込まれるし、その逆でもそっぽむかれるとは、なかなか本当にものを作る方々というのは大変だなあと思う。

のんきにテレビの話ができるほど、平凡な日々に今日も感謝を捧げつつ・・あれ?
明日はもう娘、始業式だわ〜。
お?来週月曜日には息子の入学式。あ・・・その後はなんかもうすでに予定がぴっちり。
あれ?まだ子供達の学校の行事予定表ももらってないのに、もうこんな?
予定表をもらったらもっとスケジュールは埋まるに違いない訳で・・・あれれれれ・・・。
緩んでいられる今はもしかして、嵐の前の静けさなのか。
のんびり春の日差しにとろけていたら、あとでとんでもないことになりそうな、嫌な予感がカレンダーから漂って来た・・・。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM