人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 旅立て息子 | main | 抱きしめる >>

『君が選んだことだから きっと大丈夫さ』

 

夕刻、オットと吉祥寺で待ち合わせてライブハウスに行く。
大澤誉志幸さんとDAIさんの『渡り鳥ツアー』最終日。
そして大澤さんの56歳のバースデイでもある。

たまたま、自分の都合のいい日に行こうと決めたのだけれど、すごい日に当たったものだなあと思う。

大好き。
大好き。
ただそればかり。
『いい声してるなあ_・・・』
オットはいつもため息をつく。
誰にも真似できない瑕のあるような、それゆえに魅力がいや増す永遠のハスキーヴォイス。
高く低く、甘く、シニカルに。
響くその声に飽きた事は一度もない。
初めて、ラジオで流れる声に「一目惚れ」ならぬ「一聴き惚れ」したあの日の私は18歳になる前。
大澤さんは27歳だったと思う。
29年間ずっと私の中の絶対級のスターさんだった。
いや、過去形にすることないなあ。この先ももう、ここまできたら好きなままだろう。

長生きしてくださいと心から祈る。
私も頑張りますから。

DAIさんのお人柄の良さはもう言うまでもない。でも何よりこの方が弾きだされるキーボードの音がとても好き。ピン!と強くて柔らかくて高い明度も誇らかな感じ。楽しげで、そして優雅ですらあると思う。流麗な旋律を奏でられる瞬間、間違いなく私は大澤さんではなくDAIさんだけを見てしまう。

藤井ヤクハチ康一さんが素晴らしかった。
もう楽しいのなんのって、という感じである。
入場の為に並んでいた時、外に出て来て電話していらした。その時のご様子は「怖そう」だったのだけれど、ステージの上でもその雰囲気は捨てないままに、どこまでも緩く、ユーモラスに、音楽と戯れ、お客さんにも笑いと素敵な音楽を贈る。
すごい、この人!と夫婦で何度も顔を見合わせた。

いまみちともたかさん!
カッコいい・・・ただ感動。
初めてバービーボーイズの「暗闇でダンス」のMVを観たとき、聞いた時の衝撃は忘れられない。中でもイマサの目力の強さには圧倒される想いがした。
山下久美子さんの登場で一気に華やぐ舞台。真実の歌姫。その魅力は永遠。
イマサのギターで、音がバービーな「こっちよお向きよソフィア」を聴けてしまうという希有な体験ができた。
ああ、バービーのあの音ってイマサのギターだったんだ・・・と今更ながらに判ってちょっとびっくりしてしまった。
私って耳悪いからバカだなあ、本当に、と思う。

大澤さんのデビューしたバンド「クラウディ・スカイ」のメンバーでもあり、今回の『渡り鳥ツアー』のツアーマネージャーにしてベーシストのK.INOJOさん。
心優しいジェントルマン。素敵。

すごい舞台みちゃってるなあ、ラッキーだなあという気持ちでただただ一杯の夜を過ごした。





息子不在の寂しさをしばし忘れる。
音楽の余韻に浸ったまま、ハーモニカ横町で軽く一杯ひっかけて帰宅。
娘の顔を見てホッとする。
ライブは素敵。夜遊びは楽しい。
でもやはり母には夜も、子供と家が一番なのかも。
| かりん | 音楽 | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904175
この記事に対するトラックバック
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
地球へ…


おすすめショップ
空に咲く花


RECOMMEND
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
MOBILE
qrcode
OTHERS