ソーイングマシーン

  • 2014.03.07 Friday
  • 22:20
いよいよ、娘の舞台衣装を仕上げなくてはいけない日が明日に迫って来てしまった。
一日中針仕事だな、こりゃ、と昨夜決意していたとおり、朝から予定の家事を全てこなし、家族を無事に送り出した後は一気に集中力をあげて取り組んだ。

コートは2500円程度で購入したジャージ素材のもの。
これは一から作ることはできない。素材が必要だと最初に思った。
ところが娘の部活の先生がイメージしている衣装のそれは、ロングのコートで真緑のもの。
今、女子はコートもミニ丈がブーム。形もラブリー。
ロシア、コサック兵、コート・・・というワードを入れて思わず検索しそうになったが、それが売られていたとしても買えはしないだろう。しかし先生のイメージするものはまさにそれだったのだ。
大変だなあと思っていたところへ、奇跡的にロングの、ミリタリー調でカーキ色のコートを発見することができたのである。
形的にかなり満足できたし、色も緑系統。それに真緑色の布でアクセントをつけることにした。

衿を覆って、ベルトもくるんで、余った布を裁ちっぱなしでウエストから4枚、短冊のように縫い付けて、ダンス場面でひらひら動きが出るようにしましょう!と、先輩ママとの協議で鼻息新たく決めたのだが、勢いだったなあ、と思う。
これが結構難しい部分があって、先週はこの一点だけに力を注ぎ込んで力つきたのだった。
これに黄色い腕章をつける。その腕章をちくちく。黄色い手袋も100円ショップで購入し、手首の所から長めに黄色い布をつけたしてゴージャス感をアップ。
そして仕上げが帽子だった。
100円ショップで購入したツバの黒いキャップのプリム部分を、フエルトで覆う。フエルトをチクチク縫い、帽子のとめつけ、飾りに、バーティーグッズのショップで買った500円のティアラを部分的に切り取ったものを着ける。朝9時から始めて、間に少し休憩をはさみ、昼食をささっと食べ、息子の送迎をしておやつをだして、洗濯物をとりこんで、たたんで、夕食を作って食べさせて後片付けして、お風呂にいれて・・・という作業を入れつつ、終了したのが22時。
燃え尽きました。

でも達成感あり。
そしてやっぱり、作るという作業は楽しくもあった。
だったらもっと早く仕事にとりかかって、余裕をもってすれば楽だったのにねー。
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM