完成

  • 2014.07.09 Wednesday
  • 00:30
多少、計算ミスがあり、思っていたより不細工な出来ながら。

こんな感じの一品が完成。

こうしたかった。
ただ、こうしたかっただけなのだ。
でもこれが案外難しかったのである。
とにかく測ったようにピッタリ、というのが嬉しい。
いや、測ったのだけれど。
それが手づくりの幸福ということなのだろう。
でも、材料費700円と私の労力と時間を思うと、
salut!さんの1000円は安いな、ありがたいな、とも改めて思った。

手づくりは楽しい。
改めてそう認識し、達成感あるのはいいのだが、夢中になりすぎ、やはり何かがとんでしまった。
朝、絶好調で釘を打っていたらば息子の学校の先生からお電話があり、遠慮がちに忘れ物に付いて切り出されたのである。
恥ずかしさと申し訳なさに、電話ながらぺこぺこ頭を下げて謝ってしまい、先生が笑って大丈夫です、こちらで用意しますのでお母様はどうぞそのまま・・・と言ってくださったのだが。
そう言われても、放置はできない。
忘れ物を持って車に飛び乗った。往復30分後に戻って来て、また上の棚にとりかかり、正午前には無事仕上げたという訳だ。

車の運転、約10日ぶりくらいだけれど、こういうきっかけがあってよかった。
以前は殆ど毎日、かなり運転していたのだが、今の住まいに引っ越してからは本当に別に車に乗らなくてもよくなってしまった。たまにちょっと遠目のお店で欲しいものを思い浮かべたりしても、わざわざ車に乗ろうと思わず。
それで済む今の状態はいいなあと思いつつ、でもこのまま運転できなくなっちゃいそうだなとも思っていたので。
良いきっかけだったと思う。


可愛いトイレットペーパーが大好きな私。
生協のカタログにてまとめ買い。

本日、娘の学校行事で娘の帰宅が非常に遅い上に大雨まで降って来た。
台風が来るのかどうか。
とにかく娘を駅まで迎えに行く。
わずかな距離。車だと2、3分。
その2、3分がとても怖かった!
闇も雨も恐れぬドライバーにはまだ全然なっていない私。後ろの車にイラつかれようと(私が事故でも起こしたら、そちらだって寝覚めはわるいでしょうに!)ゆっくり走って、無事娘を連れ戻って来た。
色々疲れてほ〜っと充実の夜中近くに帰宅のオット。
家族の無事を喜び、私作成の棚を褒めてくれる。
娘の迎えも棚作りも、本当は貴方にしてほしかったのよ、オット。
ま、もう、いいけどね!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM