くりーむさんが来ない

  • 2015.07.23 Thursday
  • 23:43
ご多聞にもれず、ゲームアプリで人気の「ねこあつめ」を私もやっていて、最近次々とレアものと言われる猫さんたちとの仲が深まり、たからものをいただいたところなのだ。

あと、「くりーむさん」というお猫様でコンプリートというところまできた。
そのお猫様、くりーむさんは、阪神タイガースファンだとか、和歌をたしなむマロ系だとか、カフェ店で働いているとか、スフィンクスなコスチュームでピラミッド型テントにはいっているとか、イタリアンなシェフでストーブでピザを焼いたりガラスの花瓶にたっぷりのパフェを作るとか、山登りが趣味・・などなどの特別な個性を持たない。
ごくごく普通の、でもクリーム地に明るい茶のぶちというとてもキュートなお猫様である。
特徴がない。ゆえにその方の好みのツボがわからない。どんな遊具を好まれるのか、好みの餌はなんなのか。
15回ほど遊びに来てくださっているのに、それでもまだわからない。
思い立って調べてみたらもっとわからなくなった。私のところではアスレチックEXにストーブ、テント・ピラミッドでよく遊ばれたことになっているのだが(餌は普通に高級カリカリ餌)よそ様のおたくのお話を伺うと、桜餅ざぶとんに梅壺、モダンタワーだというではないか。
思いあぐねて昨日、それらを全て設置してみてお待ち申し上げているのだが、とんと来られる気配がない。
でもたまたま、大好きな声優の安元洋貴さまのTwitterを拝読したら、21日にまさに私と同じ心境を吐露されているではないか。しかも36回もくりーむさん来訪を受けながらまだ、とのこと。
私はまだまだ甘かった!あきらめず、待ち続けようと決意した。
その間にアップデートでまたレア猫さんが増える、なんてことにならないといいなとひそかに祈りつつ。


コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM