冬の陽だまり

  • 2016.01.06 Wednesday
  • 18:50
ずっと使っていた白いホーローのケトルの
持ち柄を何度か焦がしてしまって、いよいよ危なくなってきた。
その持ち柄は買った時から何だかゆるくて、
気をつけて上に立てていても
お湯を沸かしている途中にバタンと降りてきてしまう。
6年近く使っている間に、何度か
火を強くしすぎていたことがあって、
その時にちょうど持ち柄が倒れていて・・・ということがあって、
可哀想なくらい焦げてしまったのだ。

ホーロー部分もかなり禿げてきたので、
昨年度いっぱいでお別れをして、
今年の初め早々に、新しいケトルを買いに出かけた。


やっぱりホーローが好き。
白くて、丸みある縦長フォルムのこれに決定。
ニトリさん(我が家の近くにはないのでオットの実家のそばで)で
2.4l、1900円ちょっと。
見た目も値段も全て可愛いということに夫婦でニコニコ。
持ち柄はしっかりトップで止まるし、
前のケトルは蓋のつまみまでホーローだったので、
お湯が沸いてから蓋に触るのに鍋つかみなど必須だったのだけれど、
今回のこのケトルの蓋のつまみはご覧の通りの木製ということで
なんと沸騰した瞬間でもさっと手でつまんで持ち上げられて
さっと麦茶のパックなどを投入できるという、
それだけのことがびっくりするほど便利で。
使い勝手も良く、大活躍の予感。

 
ゴロゴロするのもちょっと疲れてきたような、そんな素敵な贅沢を感じる日である。
雲多めながら時々差し込む光は明るく、そしてとても暖かくて、イチゴは次々と白い可愛い花を咲かせ、一つは赤い実になりつつある。
いいのかな、こんなに春めいていて。

冬休みの間に読んだり見たりした本やドラマや映画の記録をつける。
音声入力、やっぱり便利だ。
子供達も、突然スマホに向かって話し出す母の姿に慣れてきたらしい。
一応、部屋の隅っこでコソコソ喋ってるんですけどね。

明日は子らも出かけていくので、そろそろ本気で生活のリズムを立ち上げていかなくちゃ。
嫌々ながらカレンダーを見て、予定を頭に叩き込み始める。
ゆるゆると、勘を取り戻すように動いていきたい。
この陽だまりの時間の中にいつまでも閉じこもっていたい気持ちを押し殺して。


 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM