ズートピア

  • 2016.06.07 Tuesday
  • 22:45

ディズニー映画「ズートピア」を
4日土曜日、観てきた。

六本木の東宝シネマズに行った。
昔から好きで、友人たちとよく観に行く場所である。
東宝シネマズさんはどこも素敵だけれど、六本木が一番好きだ。
ちょっとしたランチをするお店、ぶらぶら歩きする場所など、私が行って良かったところをオットに教えたりする。(オットはそれを友人に教えて楽しんでいるらしい)

面白かったね、という余韻が三日経った今日でもまだ家族の中に残っているから、良い映画だったんだと思う。
もはやディズニー、ジブリは単なる子ども向けだけの映画ではないので、大人でも観に行くことに抵抗はないのだが、それにしても面白かった。見た目は可愛く、中身はシビア。
差別だったり、心の持ちようだったりについて考える。
自分と向き合い、足りないものを見つめる怖さ、それを補うための行動を起こす勇気。
善いこと、悪いこと・・・子供に教え、考えて欲しいメッセージ満載だけれど、それは多くの、まだまだ大人げない大人たちへ反省を促す内容でもあるようだった。
差別しよう、区別しようと常に思っている人はいないと思う。ただとっさの瞬間に抱く印象が無意識の差別的な言動になりがちで、それは日々の小さな印象と知識(これが厄介で大部分はデタラメな偏見に満ちていると思う。知識=真実ではないというのが一番まずい)が蓄積されたものが、ふっと浮かび上がってきて起こる。
そんな意識や間違った情報を常に確認し更新して、真実の光に照らし出したものを皆で共有し合った先に、本当の自由や文明があると思う。
可愛いうさぎやかっこいいキツネの活躍に目を奪われながらも考えさせられることは深い。
 

そして今日は息子が校外学習で横浜に出かけてきた。

私達夫婦が一度は永住しようと決めた街が横浜である。
娘はそこで生まれた。
そして息子はまだ生まれていなかったのだけれど、
今日の息子の歩いたコースは、昔私が歩き、
娘が生まれた病院のすぐそばだったりするので
なんだか面白い気がした。

そんな息子が買ってきてくれたお土産は
こんな可愛い赤い靴のチョコレート。
 
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM