人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 祈り | main | 今のうちに >>

時を超える物語

『紅玉は終わりにして始まり』

この邦題と表紙の絵柄の素敵なことで、ダメでもともとのつもりで読み始めた。

ここ何年か、とにかく物語の主人公は時代を超えてることが多かったと思う。
ああまたタイムスリップ。。。そう思いながら見たり読んだりするドラマや物語、漫画の多かったこと。
最近の流行りはそこを過ぎて、前世の記憶を持って生まれた系なのかなあと思ったりしていたのだが、この「紅玉は終わりにして始まり」はまた見事にタイムトラベルものである。
でも面白かった!
最初はよくあるパターンで、ある日ひょんなことから過去か異世界にでも飛ぶお話か知らねえと思っていたのだが、物語のヒロイン、グウェンドリンは時間旅行者体質の家系に生まれて、なるべくしてタイムトラベラーになっていく。
けれどそれには間違いがあって、彼女が一族にそれを認められるまでにはやや面倒な(ある意味愉快な)経緯があるし、認められて動き出してからにも謎が幾つかあって、全体がとても面白い。
一気に読んでしまった。

良い本には心地よいリズム感がある。
外国のものの場合は翻訳者の方の力なのだろうが、それにしても物語全体の流れるような勢いも全て、こちらを引き込む魅力になる。
良くも悪くも魅力的な登場人物、街並みや風景、着ている服・・・映像として浮かび上がってくるようなリズム、流れ。
しばらく心は明るい現代のロンドンに、あるいは18世紀のロンドン、19世紀の・・・とヒロインと一緒に時間を超えた。
そして素敵な青年とも出会って。
ハラハラしたりドキドキしたり、しばし心も同化する。
1冊では終わらない物語だけど、一気に読むには一冊一冊の値段が高いなあと最後はため息。
昨今、文庫本でも1000円を軽く越えるのね。
私的にはそれもう文庫本じゃないんですけど・・・!
| かりん | | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904800
この記事に対するトラックバック
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
地球へ…


おすすめショップ
空に咲く花


RECOMMEND
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
MOBILE
qrcode
OTHERS