彼の国

  • 2016.07.01 Friday
  • 21:55

家に居られる日には、たまりがちなアイロンかけの仕事を最優先にすることが多い。

始めると面白くなるのだが、始めるまではちょっと億劫な気がしてしまうアイロンかけを、近頃はドラマを見ながらすることで楽しい時間に変えてみている。

 

で、今日楽しんだのは、huluで観られるイギリスのドラマ「ホロウ・クラウン 嘆きの王冠」。

シェイクスピアの戯曲をドラマ化したもので、1話は「リチャード2世」。

悲劇的なお話である。

 

iPhoneImage.png

何が素敵って、この由緒正しい王様スタイル。

これぞ王冠!という形の冠を頂き、

豪奢だけれどゾロっとした感じのお召し物に

きちんといつも錫杖を持っていらっしゃる。

 

物語は暗く、絵に描いたような転落劇で(まあ自分が悪いと思うけれど)

台詞が仰々しくて、それが楽しい。

ああ、シェイクスピアだなあと思う。

まさに古典的な趣だけれど、

私にとってはとにかく目で見て楽しむドラマだった。

こちらは2015年の5月、つまり1年前に、

テレビのニュースで流れた映像を撮影したもの。

EU離脱についてニュースを報じたものだけれど

このころの私はあまり意味を理解していなくて、全くサラリと本文を聞き流していた。

気になったのは、この女王陛下の王冠の素晴らしさ。

幼い頃に目で見てとても楽しんだ、お伽話の絵本の挿絵に出てきていたような

本当に、見事なまでの王冠っぷり。

なんでも非常に正式な裁判ではスタイルも古式ゆかしい伝統に則ったドレスコードがあるそうで、

男性陣のお召し物も、カツラも素敵に面白いと記念に撮っておいたのだった。

 

おかげさまで、綺麗にアイロン仕事も終えられて、充実した時間になったわ〜。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM