週末は買い物に

  • 2016.07.09 Saturday
  • 22:25

漫画家けらえいこさんの作品に「いっしょにスーパー」というのがある。

「あたしンち」という作品がアニメにもなって、とても有名だけれど、私はけら先生がご自身の結婚生活のことを漫画にされている作品も大好きで、特に「いっしょにスーパー」という作品が、タイトルからしていいなあと思っていた。

 

昔、ある芸能人の方がその結婚生活を解消されるときに、お相手の方と自分の気持ちとの温度差を示す一例として、「いっしょにスーパーで買い物をしてくれることはなかった」というようなことをおっしゃっていて、ああ、と思ったことがある。

私はいっしょにスーパーに行ってくれる男性が好き。だから、キラキラしていて、欠点も欠点に見えないような恋愛時期には、スーパーなんて行かないよというスタイルを貫く男性のことが素敵に見えたとしても、結婚というリアルな時間に突入した後はもう、その価値観の違いを埋められないだろうと思ったのだ。

だからその方が別れを選んだ気持ちはわかってしまった。いや、それだけでは全然なかったのだけれど、大元になる嫌な理由はいうまでもないにしても、さらに胸に突き刺さった言葉として今も記憶に残っているくらいなのである。

 

それでいうと、オットはいつもスーパーに行ってくれて、いろんな思いを共感してくれるからいい。

あれは高くて買わない方がいいね、とか、あっちよりそっちのスーパーの方が置いているものが好みに合っていて、少し値段も安いよね、とか、そんなささやかなことでもいっしょに体験して、意識と記憶を共有してくれることが、家族としての安心感と価値観の一致しやすさをもたらしていると思う。

 

週末は家族で買い物に出かけ、あれやこれやと美味しいものを食べて過ごす時間を計画しながら、好きなものを買うのが楽しみになっている。

今日は雨が降っていたけれど、家族で車に乗り込んで、少し遠めのスーパーにわざわざ出かけて、食材をたっぷり買い込み、ドラッグストアで日用品を買い込み、ファストファッション店「しまむら」や、100円ショップ「セリア」にも乗り込んで・・・と、思う存分買い物を楽しむ週末になった。

 

 

 

「しまむら」での私の戦利品!

(本当はストッキングを買うだけのつもりだったのに、つい)

ペラペラだけど可愛いすぎたシンデレラのバッグ、480円。

割としっかりした作りのアリスのポーチ500円。

iphoneの充電器とコード、メモ帳とボールペンを入れて持ち歩く予定。

 

今日も充実したお買い物ライフだった。

明日からまた節約しなくては!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM