海辺の町へ

  • 2016.07.16 Saturday
  • 18:26

息子の将来への参考として、アートを主体とする工房への見学に出かけた。

 

10時に伺うお約束で、試験を控えてガリ勉と化した娘を置き、夫婦と息子とで家を出たのが8時15分過ぎ。

 NHKの朝の連続ドラマ「とと姉ちゃん」を見終わってから家を出ればちょうどいいだろうと、能天気夫婦で考えたである。

ところが高速に乗ってすぐに反省した。

道は混んでいたのだ。

よく考えたら今日は3連休の初日だったではないですかーーー!

 

に、しても1時間遅れで到着できたのは上出来だったと思うのである。

途中でオットの判断で高速を降り、下の道から目指していったらきっちり道にも迷ったので、オットの気分的な消耗が激しくてかわいそうだったけれど、着いた場所が予想以上に見ごたえのある素敵なところで、そんな苦労も十分に報われた気がした。

 

こんなところに将来息子が入れたらどんなにいいだろうと羨ましい気持ちいっぱい、本当に無理かなと現実的な可能性を探りつつの数時間。

今の私は色々なことを学び、人脈を広げ、ネットワークの力で何かしら新しいことをしよう、何かを変えよう・・・と力を溜めているところ。

本当は面倒なことはとても嫌いで、基本は何もやりたくないのだけれど、子供を愛する気持ちはあるから仕方ないのだ。

人との繋がりの大切さを痛切に感じる。

基本の魂は引きこもりなのに。。。

 

iPhoneImage.png

その工房のギャラリーにも感動して、カフェコーナーで美味しいお茶をいただいた後は、今度は迷うことなく無事に帰れたのだった。

 

そして、夜は飲み会だった!

三軒茶屋で、息子のクラスのお母様方との楽しい時間。

今年も私は恵まれていて、子らも穏やか、母たちも穏やか。

ノートラブルで楽しい学校生活である。

こんな時間も大切だなと思う。

引きこもっているのは好きだけれど、外に出れば出たで楽しいこともたくさんあるなと思うわけで。

 

まあ、適当にやっていこう。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM