人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< 新月の夢 * TOP * 天使たちの声 >>
銀色

銀魂65巻が発売された。

 

基本の家事を終えてから早速ダウンロード。

もう、かつてのようにギャグ満載の、面白すぎる短編がいくつも入っている、気楽に読める本ではないだけれど。

長い長い銀魂の世界の物語に付き合ってきている人なら誰でも真剣に向き合い、読み進まずにはいられない、気がつくと、私も息を詰めるようにして一気に読んだ、そんな一冊だった。

 

もうずっと前から伏線回収に入っている感はあって、もうすぐ終わるんだなあというのはわかっていること。

ここのところ、毎回そんな寂しさとも向き合っている。

登場人物の誰もに奥行きがあり、その部分に光をあてるだけでもなかなかの物語になってきた銀魂の世界だけれど、前巻から神楽とその家族の物語が語られている。

 

終わること。それが物語の宿命だとは思う。

でもいつまでも明確に終わることなく、なんとなく続きそう・・・みたいな世界もあればいいかなとも思ってしまうことがある。

とても愛着があり、そこに入れば安心もできるし、刺激も受けられるという、好きな場所がなくなるような寂しさを感じるからか。

銀魂も、きっと続けようと思えばいくらでも続く世界だったかなと思うのだけれど、そうはしなかったのは、それぞれ登場人物たちが本当にちゃんと過去を持っていて、その分、進ませてあげたい未来があったからなのだと思う。

そうなっていく姿を私も見たい、知りたい。

 

実写版の話を聞いて驚いた先々月、そしてつにメインのキャストも発表されて、この65巻ではそのことについて空知先生が書かれているので、それも読み応えがあり、なお納得の一冊だった。

 

iPhoneImage.png

 

* by かりん * 18:35 * * comments(0) * trackbacks(0) *









http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904849
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
地球へ…


Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *