母、がんばる

  • 2016.09.05 Monday
  • 23:10

今朝、家族を送り出して家事を済ませ、ホッとして、紅茶を飲みながらソファーに座ってスマホをいじり始めた。

何気なくYahooのニュース画面を開くなり、え?と目が、意識が固ま流。

軽く息を吸って、瞬きして見直して、見出しの部分をクリックして、目に飛び込んでくる写真、記事の内容をを読んで、一人「え〜!!」と叫ぶ。

 

大好きな俳優の大山真志さんがニュースになってる!

嬉しくて思わずスクショしてしまった。

 

初めてこの方を知ったのが4年前の『BLEACH』のミュージカルでのこと。

その時まで私は有名なテニミュの噂をぼんやり見聞きしていたくらいで、そういう舞台がどんなにすごいものか、俳優の皆さんがどれほど素晴らしい表現者でいらっしゃるかを全く知らないでいた。

ただ単純に、子供と一緒に好きで見ていたアニメや漫画を実写化したもの、それも舞台という、後で映像技術でごまかしたりできないものだということくらいで、期待半分、怖さ半分という気持ちだった。

大好きな作品、大好きなキャラクターを生身の人が演じられて、果たして私はそれを受け入れることができるのだろうか・・・

結果はもう全くの、予想以上の素晴らしさで、私は本当にこの舞台を作られた人たちの才能に感動したし、出られていたみなさん全員の大ファンになった。

中でもこの方、私が最も好きなキャラクター、浦原喜助を演じていらした大山真志さんを、ものすごく好きになったのだった。

 

以来4年間、ずっと好きで、ネットでだけでも追っていると、本当に1年中、引きも切らずに舞台に出ていらっしゃる。

さすが、大山さんの実力は誰もが認めるところなのだろう。

この方がもっと表に、前に出てこないなんて嘘だと思っていた。もっともっと多くの人に知ってほしいと思っていた。

真田丸ではあの歌唱力とダンスを見せられることはないのだろうけれど、それでもきっと輝く姿を見せてくださるはず。

いつも体重の増減も見守らせていただいているのだが(笑)このお写真の様子を維持されることだろう。

そうしたら一気に大メジャーになってしまうのかな。舞台のチケット、取れなくなっちゃいそうだけれど。(この4年、全然行けていない私が言えることじゃないのだけど・・・子の学費が高くて。。。くくっ(涙))

 

単純な私はそんなことで大変元気が出て、午後から久々、息子の学校へ出かけた。

区を縦断する運転はほぼ40日ぶりだが道も空いていてお天気も良く、楽しかった。

久しぶりの役員室で仲間に会っておしゃべりすると、それもやっぱりとても楽しい。

人と会わずに家にいても全然平気だなあと思っていたけれど、やはり同じような立場の仲間に会えば、家に気楽に引きこもっているのとはまた違う心地よさがあり、いろんな情報も得られてとてもありがたい。

何人ものかたと様々な話をしながら一緒に作業をして、思わぬところで盛り上がったりして、充実した時間を過ごした。

 

役員仕事が終了したら次は、息子の担任の先生お二人との面談である。

今日から学校あげての個別面談週間で、だからいっぱい他のお母さんがたにも会えたのだ。

我が溺愛する息子の日頃の学校での行状について、どのようなお話が厳しめのお二人の先生の口からお聞かせいただけることになるのだろうかと、柄にもなく若干緊張しながら臨んだのだが、息子の成長と進歩、気質の優しさと明るさ、よくできることを褒めていただいて、とても優しく励ましていただいた。

よかった。

 

ふーっと長い吐息をつきながら、帰りも楽しく順調なドライブ。

こんな日々の積み重ねで、私はなんとか生きていけている

ささやかすぎる毎日だから、決して誰にも何も自慢はできないけれど、それでも私にそれが、本当に大切なものなんだと改めて感じながら。
 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM