ほぼ日手帳が届いた

  • 2016.09.07 Wednesday
  • 20:45

ありがたいことに、今日は家から出ないで過ごせた。

やはり、なんて幸せな。

先日、楽天スーパーセールでせっかくだからといくつか買った品が次々届き、それらを開封してみるのも楽しかったし、機嫌よく家中拭き掃除して、とてもさっぱりした気分でいたら、そこへまた宅配便が。

 

9月1日午後に注文した「ほぼ日手帳」が届いたのだ。

 

 

夏休みの後半は、来年の手帳をどうするかばかり考えていた。一種の現実逃避だったと思うが、実際、手帳のことを考えると、とても前向きな気持ちになれたので良かったのである。

手帳のことを調べるのは楽しかった。いろんな方が手帳についてネットに楽しい情報を上げておられるし、小さな工夫や日々を楽しむお気持ちが溢れていたりして、すごく共感した。

たくさん迷って、かなり心が動いた手帳も他にあったが、それでも結局また4年ぶりにほぼ日手帳に戻ると決めて注文したのは、

このカバーが可愛かったから。

でも『ガールズチェック』というネーミングは辛いな。

元・ガールズチェックということで・・・

 

ほぼ日手帳は大変お高い。本体もこだわりのトモエリバーとか、パタンと180度綺麗に開く作りとか、とにかくクオリティが高いけれど、カバーもまたすごい作り込みで品質高い。

だからこのお値段・・・ここまででなくても良いから、もう少し値段がリーズナブルだといいかなあと思わないでもないのだけれど、毎日使うものが微妙に気持ちに作用する力の蓄積は馬鹿にできない。

4年前にはリバティ「エミリー」柄に一目惚れして使い倒していた。持ち歩いていると皆に「可愛いね」「素敵!」と言ってもらえてやはり嬉しかったもの。

当時はスマホを今ほど使いこなしていなかったのだった。

今はスケジュールや日々の記録は皆アプリで対応している。

だから手帳は持ち歩かないと思う。だったらカバーはいらなかったかなあとも思うのだけれど・・・後でずっと後悔しそうな予感があって、思い切ってしまった。

本当は今年のリバティも欲しかったな。内側が綺麗な水色でとても惹かれたのだけれど、お値段の限界が私にはこのガールズチェックが精一杯だった・・・。

 

値段についての愚痴はさておき

ほぼ日ストア購入特典が

カバーオンカバーとこの2点。

ジェットストリームの3色ボールペンはボディが水色なのが嬉しいし、

なぜかバタートーストな小皿がツボってしまったのだ。

渋谷にひとっ走りして、実物を見て決めるという線を捨てたのは

このバタートーストが気になったからに他ならない。

どうしてこう、オマケに弱いかね・・・


でもやっぱり可愛い♩

 

使い道はすぐ決まった。

毎日紅茶のティーバック置き場に困っていたのだ。

(すみません。どうしてもティーバッグを一回こっきりで捨てられません。

もう一回は飲まないと!ほんと、すみません〜・・・)

毎回、適当な小皿を使っていたけど、なんだか違うなあとずっと気になっていて。

これが大きさも、朝食を連想させるバタートーストであることも

私の求めるものそのものだったのである。

幸福な出会いだった。

 

 

ほぼ日手帳はすがすがしいほどきっぱりと来年1月からしか使えない。(月刊スケジュールのページだけは12月分も付いているけれど)残暑厳しいこの時期から思うと1月まではまだちょっと間がありすぎかな。とはいえ、それも楽しみでいい。

とりあえず満足して手帳は眠らせ、バタートーストの小皿だけが早速我が家に仲間入りしたのだった。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM