人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< ファンタジックビースト * TOP * 新春 >>
人の気持ちを考える

PTAの仕事が昨日で終わって達成感たっぷり。

笑顔で年越しのご挨拶をして母達は解散。

あとは大掃除と年賀状書き、である。

 

今年の冬休みは長い。

明後日から始まり、成人の日が終わる翌日の1月10日までだから19日もあるわけだ。

だから昨日、大変だよね、がんばろうねとお互いを励まし合って別れた・・・のだが、実は私は子供が家に長くいても別にそう辛くない。空気を読んでいちいち言わなかったけれどね。

 

それぞれ好きなペースで好きなことを、心地よく空間と時間を共有しながらも穏やかに楽しく過ごしていられりる。

一人じゃないけど邪魔もされない。

子供達とはそんな風に時間を過ごせる。

 

そして、朝、送り出さないでいいってすごく楽だ。

いつもよりゆっくり眠っている子供達の顔を確認したら、私は一人、じっくり美味しい紅茶を飲みつつ、ニュースを見て過ごすだろう。そして丁寧に1日の予定を立てよう。

朝、お弁当を作らなくては!と勇んでおき出さなくて良い、という、ただそれだけでもう至福だったりもするし。

それにしても長いはずの2学期があっという間だったこと。

私も結構頑張ったけど、やっぱり一番頑張ったのは子供達だろう。

 

振り返るに、今年は何かいつも大変なニュースが溢れていた。

否が応でも目につき耳に入る、公共の電波に出ることを仕事としている方達というのは、自然とある意味、多くの人の生き方のモデルケースになると思うのである。それくらい多くの人に影響を与えるが故に、誰もがそう個人のことだからとは見逃してくれないのだと思う。

私自身も今年は頻繁に「それってなに・・・」と、ちょっと嫌だなと眉をひそめることが多かった。

 

我を押し通せば誰かが傷つき、悲しみとなる。

それを一瞬で計算できないほど事は複雑ではないはずなのだが、どうして誰もに知られているような人たちが、あえてその、人の心の闇に踏み込み、溺れ、泥沼にはまっていかれたのか。不思議なことが続いた。

愛や信頼、名誉とか、そういう美しい言葉で彩られた衣を着ていても闇は闇、その本質は見極められるべきだ。

相手の気持ちを考えていれば、自然とその人に不利な状況にならないよう、悪くみられないよう意識し、避けようとするものではないか。

そうしなかったのは、そこまで相手のことも、さらにはその周囲の人のことも考えてはいないから、ということにならないだろうか。

 

命がどうこうということではなくても、心に負った傷はそう簡単には治らなかったりする。

そしてそんな傷は、思っていたより簡単につくので、傷つけたほうも傷つけられた方も、その現実にますます傷の度合いを深めることになってしまいやすい。

 

近年、無料(ただ)より高いものはない、というのが家訓になった。

義父がよくオットに言い聞かせていたことなのだが(そして今も言っておられるが)、最近オットはしきりにそれを実感するのだという。

私もそう。

そんなことはない、私はちゃんとしっかりご飯おごってもらって、それだけで得をしている、特に何も悪いことは起こってないという人もいるかもしれない。

私の周りにもよくいる。

いるからこそわかるのだが、必ずどこかで誰かが、そういう人のことをお尻が軽いと言いふらしている。

そしてそれがいつかその人の足をすくう。

だから自分も自分のお母さんのことも悪く言われたくない、笑われたくないと思ったら、1対1ではそう簡単には奢られないこと。

女子の品格はそこでかなり試されるのだから。

 

傷つく人のことばかりではなく、傷つけようとする人たちのことをも考えるればトラブルはかなり未然に防げる。

自ずと自分を客観視でき、いろんな人の味方に気がつき、軌道を修正できる。

全てのトラブルの原因は客観性という、己の立ち居振る舞いを、引いて見ることができなかった人たちによるところが大きい。

客観的に自分を見つめることは大切で、それができれば悲惨な事故もかなり防げるのではないか。

相次いで起こった痛ましい事故も皆、元はと辿れば自分だけの都合に走った人たちにより起きていたと思うから。

 

 

誰もが普通に、「当たり前の日常」を、

今日に続いて、明日も明後日もそのずっと先まで続けていくことができるという幸せ・・・それがずっと続きますように。

何気ない瞬間だからこそ、そう願わずにはいられない。

 

 

iPhoneImage.png

たまたま、先日。

訪れることになった永田町の日枝神社。

この鳥居の形が独特。

 

iPhoneImage.png

そびえ立つビルの合間にあり、多くの人が参拝しており、

綺麗にすっきり並んでいらした。
 

 


 

日々を平和に穏やかに生きるための

ありとあらゆる努力をしたあとはもう神頼みのみ。

めいっぱい頼んでてしまった。

* by かりん * 21:36 * 日々のつぶやき * comments(0) * trackbacks(0) *









http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904894
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
地球へ…


Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *