人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< 思い出BGM * TOP * 春一番と息子帰還 >>
日々を駆け抜け一旦停止

ある可愛いタレントさんが、

空の写真を SNSにアップするのがお好きではないとおっしゃっていたらしいけれど、

私は空を見上げるのが好きなので、

綺麗!と思った瞬間写真に撮りたくなる。

自分が好きなことをするのに、誰がどう言ったとか思ったとか、

もちろん関係ないのだけれど、ふと、心をよぎりはするものですねえ、と思いながら。

 


冬晴れの日が続く今日この頃。

抜けるように青い冬の空の美しいこと。

冬の木々の枝もまた素敵。

 

息子が作った作品が、展示されているというので

先週末は家族で上野の東京美術館へ。

たくさんの子供さんたちの作品の数々に触れられてとても良かった。

なんともいえず元気をもらえた気がした。

若さと未来、希望への輝きを感じたというか。

 

幼い頃から無類の動物園好きの息子がもちろん上野をスルーできるわけはなく、

冬の動物園を家族で堪能。

人気のハシビロコウさんにまた会えてうれしい。

遠くでそっぽを向いていらっしゃると思っていたら、

視線をくださって有難し。



夕方の根津神社の梅がとても綺麗で

穏やかで美しい冬の日々の有り難みをも実感できた。

何気ない日々の営みが単純に幸福だと思う。

特別なことは何もないけれど。

 

(いや、結構あるかな・・・・)


念入りに神様にお願いしたのは、旅立つ息子が無事であること。



晴れた日の朝、息子、修学旅行へ!

 

朝5時起きで、家族総出で羽田空港へ見送り。

先生方と学年のみんな、保護者の方達、

みんな晴れ晴れとした笑顔で、心配だけれど嬉しくもあり。

 

この旅行を控えての日々は重圧だった。

とにかく風邪をひかさないこと、それが一番。

そしてもちろん荷造りには気を使い、何度も母たちで相談を繰り返し。

 

足りないものはないか頭と心を悩まし、

朝7時半集合というその日、間違っても遅れてはならないとギリギリまで神経を張り詰め。

 

だから無事見送れて嬉しい!

心底ホッとして。



でも三日も息子がいないなんて寂しくて!

ひとり旅に出るというお母さんもいれば、

別便で行き、離れた場所に止まるからと、でも子供達と同じ場所に旅立つ母グループもあり。

私も息子がいない3泊4日、どこかに旅行、もしくは同じところに友達とと前から思っていたけれど、

オットの会社の毎年恒例の大人事異動がこの翌々日にあって、

多分我が家の平穏は変わらないとは思いつつも、やはり旅行どころではないなと

結局普通にただ家で待つことに。



気晴らしに久しぶりに高円寺に遊びに出かけてお買い物を楽しみ、

オットにバレンタインのプレゼントを購入。

美味しいお寿司でお腹も心も満ち足りたけれど、息子がいない寂しさまでは埋まらない。

元気でいるといいね、楽しんでくれるといいね、と家族で言い合いながら待ち、

 

やっと明日息子が帰ってくるので、今、とってもホッとしている私。

 

なんというか小さなこと(小さくもないかな?)が色々あって、忙しいような日々が相変わらず続いている私の日常だった。

賑やかで日々の色彩は鮮明で、それを言葉や写真で残したいのに、そうするために落ち着いてPCの前に座ることができない。

座れた時にはもう眠くて仕方ないという・・・でももっと自分と向き合う時間を作ろうとしっかり心に決めたのは、久しぶりの仕事が決まったから。

 

何しろ娘の大学の費用がすごい。予想し覚悟もしていたけれどもちょっとやそっとの切り詰め方では賄いきれないというところで、老後破産の不安もあるしで、仕事をゆるゆる秋から探していたのだった。

若い時の感覚で、やっぱり人材派遣会社に登録したら色々ご紹介くださったのだけれど、とにかく遠い。

華やかなオフィス街、大きな会社はもう今の私があまり求めるところではなく・・・もっと家から近いところで、フルできちきちではなく、子供の学校での用事に対応できる感じのシフトで事務のお仕事を・・・というある意味すごい贅沢な希望を持ってさがしていたら、やはりなかなかなくて。

難しいなあと思っていたら先週、家から5分で区に関われるお仕事の、地道で堅実ながら週3、4日の事務のお仕事に採用をしていただけることになった。

それが嬉しくて。

オットも友人たちも何かと私の働き先を心配して、ああでもないこうでもないと言ってくれていたのだけれど、これには全員が文句ない、素晴らしい、一番いい!と大喜びしてくれたので、私もさらに嬉しくなった。

3月から、だから少し外に出るのだけれど長年親しんできた街の、ほんの家から5分の場所でのことなので、安心して通えそうだ。

6ヶ月契約というところがまた嬉しいのだ。それだけだと思うと本当に気楽。

 

娘はもう早々に春休みになり、丸2ヶ月となんだか夏休みより長い。

思えば今まで受験受験で勉強に追われ、部活動に追われる本当に忙しい数年間だった。昨年の今頃はもう大学には合格を決めていたものの、部活の卒業公演のための練習量が半端ではなく、休日返上だし帰りも遅いし、バレンタインの友チョコ準備も大変すぎて。

それが今年の2月はこんなに平和で穏やかで、この幸福が信じられない。

私に似て、用がなければ家に居たい派の娘にだから、今、しみじみと料理の基本を教えているところ。家の中のあれこれを教えながら、彼女を本当に大人にしていく時間を楽しんでいる。

小さな可愛い赤ちゃんだった時がついこの間のことのようなのに、もう娘も来年は成人式なのだ。

私のように早くは結婚(23歳。でも娘が産まれるまでに7年もかかったー)しないかもしれないけれど、いつでも一人でなんとかやっていけるだけのスキルはちゃんと身につけておかなくてはと、ここのところずっと気になっていて、本人もズンズンなんでもできるようになっている弟を見ながら焦っていたので、この春休みは嬉しい時間。親子で楽しんで過ごしている。

 

パタパタっと学校の役員の引き継ぎとか、息子の進路についての動きとか色々まだ気になる案件はあるのだけれど、大好きな冬の時間を楽しみながら、私は元気に過ごしている。

それが一番ありがたいかな。

 

 

* by かりん * 19:09 * 日々のつぶやき * comments(0) * trackbacks(0) *









http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904902
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
地球へ…


Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *