人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 春一番と息子帰還 | main | 漫画を愉しむ >>

冬の庭そして春を呼ぶ雛

息子がいる喜びをしみじみ噛み締めながら穏やかな朝食。

週末はいつも、オットと相談して予定を決める。

今日は我が家の猫の額庭園のメンテナンスをしようと決めた。

新しい花の苗が欲しいと家族で少し遠いホームセンターまでドライブ。

さらにスーパーにも寄り、美味しいものをどっさり買い込む。

それぞれ好きで食べたいものを買ったから、ホクホクした表情で帰宅して、美味しいお昼ご飯を作って食べた。

そして眠くなる前に庭仕事。

今日、いちばんのお気に入りはこのアルメリア・バレリーナ。

繊細な立ち姿にまさにバレリーナの姿を見る。

赤く小さなお花の塊もかわいい。

貧乏なので、基本、多年草が好きなのだが、

1年草とわかっていても買ってしまうのはこのネモフィラ。

Baby Blue Eyesとも呼ばれる本当に可憐なお花。

この花がこんもりと咲き誇ってくれると、見ているだけで幸せになる。



予算は一株198円以下だったのだが、

多年草なら話は別よと言い訳しながらお迎えのアネモネ様。

情熱の赤い色が庭の中でものすごく引き立つ。



可愛すぎるデージー、ピンク色。

白と黄色の2色買ったポピーの魅力はいかにも細い、

いたいけな様子。

儚げと見せて案外丈夫。

iPhoneImage.png

隙間を美しく埋めてくれるアリッサム。

昨日に比べて風が冷たく、庭仕事も楽では無いのに、心が楽しくて、夫婦で黙々と何時間か庭で過ごした。

綺麗に彩られた庭に心が和む。

春になれば、たくさんの花が咲いてそれは綺麗だろうとわかっているけれど、

冬が好きな私は、今のままの庭も好き。

厚いダウンを着込みながら、しばしブランコに揺られて庭を眺める。




雨水の日でもある今日、また我が家に雛人形を飾った。
ずっと娘の役を引き受けてくださってありがとう。
今年もよろしくお願いします、と祈りながら。
| かりん | 日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904904
この記事に対するトラックバック
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
地球へ…


おすすめショップ
空に咲く花


RECOMMEND
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
MOBILE
qrcode
OTHERS