人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< 家族DAYS * TOP * 春はあけぼの >>
きっかけの如何

オットも御朱印帳を買った。

 

 

先日、夫婦で鎌倉へ出向いた時だが途中のドライブで私は自分の大きな失態に気がついた。

御朱印帳を忘れてしまったのだ。

 

若かりし頃からオットとは、随分色々な神社仏閣に出向いている。

けれど御朱印帳を始めたのはつい最近のことで、意外にも鎌倉ではまだ長谷寺のものしか頂いていない。

今日はぜひ、鶴岡八幡宮へもお詣りし、御朱印を頂いて帰ろうと昨夜から楽しみにしていたのに、その昨夜のうちにバッグにいれておかなかったのが敗因だった。

その自分のおばかさ加減を嘆いていたら、オットが「じゃあ俺が御朱印帳を買って、それに御朱印をもらおうか」と提案、いや別にいいよと言いかけて、そうね、いいかもね、と頷いたら、意外にもオットはとても乗り気になった。

そうして選んだのが上記の、鶴岡八幡宮様オリジナルの御朱印帳だ。

もう一つ、舞う巫女様の柄のものもあったけれど、裏表紙の、桜並木の参道の模様が素敵だしと、こちらのものを選んだ。

どちらにお詣りしても思うが、宮司さまたちの手跡はいつも素晴らしい。


さらさらと涼しく筆を扱って、書き上げてくださる御朱印にしばし見とれる。

 

弁天様のお社でもやはり御朱印帳をいただける場には列ができていたけれど、

オットが是非いただきたいと積極的に並ぶ。

(元から並ぶのが嫌いではない人だけれど。

私は嫌いで、いつも一瞬やめようかと思うヘタレ)

 

嬉しいものだな、とこの御朱印帳を求め、初めての御朱印を頂いた帰りにオットは、

晴れ晴れとした表情で何度も言った。

今まではただ、ツマの私の後ろについて「また神社〜〜〜?」と

ため息つきつつ、若干イヤイヤ、

神社やお寺を巡り歩いては

「でもやっぱり行くと空気が違っていいもんだね」くらいの感想だったのだが。

翌日会社に行くときも持って行こうかと悩んでいたくらいで、それというのも会社のそばにたくさん神社があり、そこを一つ一つ回って御朱印をいただきたいからだ、という。

今日も、雨降る寒い日曜日の出勤日だというのに、やっぱり御朱印帳を持って出かけようかと悩んでいた。

結局、仕事のスケジュールを考えて今日はあきらめるか・・・と置いて言ったのだけれど、今までとは随分違う心持ちのようだ。

 

それで思ったのだが、昨年、義妹も御朱印帳を初購入したのである。

それは旅行で、全国的に有名な、大層立派で大きな御社に参拝できることをきっかけに始めることにしたそうなのだが、そのときに接した宮司の方が、「これはスタンプラリーとは違いますので、そのような軽々しい気持ちではお詣りなさらないでくださいね」と言ったそうなのである。

ところが別の、私の友人の方は、違う神社ででだが「これをきっかけに、たくさんの神社をお詣りなさってくださいね」と言われたともいう。

神社の方のお気持ちも人それぞれ、あまりのミーハーぶりに眉をひそめる向きもあれば、どんなことがきっかけ、動機であれ結構、それでより神に気持ちが向くようになれば・・・とお考えの方もいらっしゃるのだろう。

 

私のオットの様子を見ると、後者の方のお考えの方が合っているように思う。

きっかけはどうあれ、刹那の、物理的で即物的な世界でのみの優劣や、貧富に硬くとらわれがちが心が、ひとときそこから離れた精神の世界、心の在りようを思い、向き合う時間を持つきっかけになる。

浸りすぎるのもどうかという話になるけど、そこまではいかない、ほどほどの日常の中で一瞬心を神に思い馳せることに悪いことはないだろうと思った。

 

たっぷりの食料を蓄え、のんびり家にこもって温まっていられる寒い雨降りの日はまた格別の幸福を感じる。

こんな平和にたゆたいながら(どうも毎日眠くて困る)、神か仏かも天使かもわからないお相手にだけれど、感謝と現状維持の願いを祈る。


 

* by かりん * 20:45 * 日々のつぶやき * comments(0) * trackbacks(0) *









http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904909
Calendar
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
地球へ…


Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *