人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< 春はあけぼの * TOP * 刺繍に恋して >>
食物アレルギー、その後

 

子供の時から喘息持ちで、決して体が丈夫だったことはなかったけれど、

気をつけて過ごしていることで案外丈夫に、結局さほど病院に通うことのない数年を過ごしていた。

 

それが昨年、アナフィラキシーショックで救急搬送されて以来、

抗ヒスタミン薬を欠かさず飲むことになり(そうすることで、再度の発作を抑えることは可能というので)、

おかげで毎月病院に通うことになった。

お薬をもらいに毎月地元の病院へ一回は行く、なんてまだ随分先のことだと思っていたのに

予定が早まってしまったものである。

 

今日もそのお薬をもらいに通院した。

 

暖かく、穏やかな春の日に、のんびり15分くらい歩いていくのは楽しかった。

朝からオットや子供達を送り出すのに忙しくてバタバタしていた気持ちが、

穏やかに凪いで整って行く。

実は内心、春の花見の大騒ぎや肌寒さは苦手で、

それにもうすぐ夏になるじゃん!とも思えてしまう気持ちもあるけど、

今はひとまず気にしない。

 

一時期、もう何も食べられないかと少しがっかりしたものだけれど、今はもちろん気を使いつつ、

それでも案外美味しいものをたくさん食べて過ごしている。

私の場合、絶対的に具合が悪く、死にそうになるのはトマトで、

これはアレルギー27品目の中に入っていないため、元から除去することが難しくて、

今までにも外で飲食するときには注意深く避けていたものだけれど、

一昨年秋からパプリカとバジルでも喉にいやな感じが残るようになり、避けた方がいいなと感じ始めていた。

救急搬送以来、レモン、きゅうり、、シソ、生姜、などでも少し嫌な感じになるようになった。

りんごを除去することが案外手強い。

ちょっと美味しい甘みと酸味のあるタレなどには結構もれなくりんご果汁が使われていることが多いのだ。

 

外で食事をするときはいつも、お店の方に申し訳ない。

けれどとても親切、誠実に対応してくださって、「うちは大丈夫ですからまたいらしてください」と言ってくださったり、

セットについているもので私が食べられないものの代わりをわざわざ作ってくださったりする方も多くて、

本当にいつも、心から感謝している。

 

友達もたくさん心配してくれて、いろいろ気遣い、何か良い改善方法はないかと調べてくれたりする中で、

(でもしつこいほど「もう何も食べられないね!いや、それは辛いなあ。私だったら生きていられないなあ!それに病気になるよね!」という人も少数いる。そういう人に限って、現状あまり人生うまく言っていない人なので、思わずそのことを指摘しそうになるのが危なくて困るのだけど。実際、何も食べられないということはないし、一時期太りつつあったので、それが抑えられたことにむしろ感謝している面もある。(相手は中年太り全力状態。しかも私より人間ドックでのいろんなものの数値は悪い。やはり食べ過ぎなのではないか。それもまた不幸だと思うけど)。逆に「私は野菜が嫌いで一切食べずに生きてるけど何の問題もない」と言い切ってくれる清々しい人もいる。オリンピックで日本代表の選手たちに案外、野菜や果物嫌いの人が多いことにも慰められた。)

あなたは野菜や果物というより、それらに使われがちな農薬に反応しているのではない?と言ってくれる人もいる。

実はそれは何年も前、私がパートで働かせていただいていたクリニックの先生にも言われていた。

というのも私の血液検査の結果には、いかなる食物へのアレルギー反応もでないからだ。

が大きな病院の先生は過敏なアレルギー体質の人であればあるほど数値に出ないほどの微量の成分に激しいアナフィラキシーショックを起こすともおっしゃるし、

結局のところあまり大きな賭けに打って出る気がしないので、おとなしく日々、ダメそうなものを避けて過ごしている。

が、実はちょっとくらいの生野菜や果物が口に入ったことはなんどもあって、別に大事にはいたっていないのだ。

逆に間違いなく具合が悪くなるものもたくさんあり、それらは今まで美味しく食べていた食品加工物・・・ときにはコンソメやだしの素すらも辛くさせられる。

試しに今まで気にしたことがなかった「無添加」と表記されているもので料理してみると・・・苦しくならない。

だしやソース類、クリームなど。

問題なく美味しく食べられるものと、気のせいでなく喉が腫れたような感じになり、息苦しくさせられるものがあり、その分かれ目になっているものが何なのか、未だにわからない。

成分表示を眺めてみると、何やら色んな薬品っぽいものの名前がずらずらと列記されていて、確かに少し怖くなる。

どれが私を苦しくさせているものなのか?

いつも気軽に楽しく買って食べていたスーパーのお惣菜類も怖い。

困るのは成分表示のラベルをパックの底に貼ってあること。

おかげで買うとき、お惣菜を持ち上げて見なければならない。

つまり高々とお惣菜を掲げて下から必死でラベルを読んでる私はかなり恥ずかしい。でもそうしないといけない。

友人たちは「大丈夫!そういう人、他にもいるよ!」「そうよ、よく見かけるわよ〜!」と言ってくれるんだけど、本当に?(笑)

 

野菜や果物もいよいよ、無農薬のものを選んで買うべき時がきたのかもしれないけれど、お値段が高くて泣ける。

しばらく普通の庶民的な値段の野菜と果物で頑張りたいところだ。

私が食べても大丈夫な美味しいものを作ってくださっている会社には心から感謝していて、株でも買おうかしらと思うくらいだ。

 

 

先日、オットが大阪出張のお土産に買って着てくれた蓬莱の豚まんと海老シュウマイが、

全く大丈夫で、ものすごく美味しく食べられて、

泣きそうになるくらい嬉しかった。

iPhoneImage.png

それで家族も喜んでくれて、

さすがだねえ、と感心してしまった。

東京にいては滅多に食べられないのが本当に残念。

 

10年以上前、ドイツから帰国した友人が、向こうの主婦は皆働いていて、夕食は作らない、皆、帰りにチーズやハム、ソーセージを買って帰って、それを切り分けてパンと食べるだけ、でもそれらがものすごく美味しくて、豊かな食事なんだと教えてくれた。

けれどそれらはどれも、その日のうちに、遅くても翌日のうちに食べきらないといけないくらいのもので、それに慣れているから日本に帰国してからは、賞味期限が何週間とか何ヶ月とかのものが普通にあることに、便利さよりも恐怖を感じる、一体何が入っているのだろう、食べて大丈夫なのかなと思って、と話してくれた。

そのときには、へえ〜、と驚いて聞いただけのことを今、よく思い出す。

別の方はやはり帰国子女のお子さん方が、日本に戻ってきた翌年からアトピー性皮膚炎になり、喘息にもなったと言ったりしていた。

真実は何かわからないけど・・・現状できる最善の配慮をしながら、やっていくのみ、かな。

 

* by かりん * 21:50 * 日々のつぶやき * comments(0) * trackbacks(0) *









http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904911
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
地球へ…


Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *