人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< 読書家と、小説書きと * TOP * ドラマティック! >>
サングラスとパソコンと

昨年、新卒で入社し、

すぐオットの下に配属された人が、オットにおくってくれた可愛いマシュマロ。




初めての上司だったから、ということで。
優しく甘い、パステルカラーのお菓子が、その方のお気持ちのようで有り難く頂いた。

贈り物って、そのモノよりも、贈り主さまのお心遣いが嬉しい。
わざわざ思い出してくれたこと、考えてくれたこと、それを選び買うために、

時間とお金をかけてまで実行してくださったこと…感謝せずにはいられない。
 

 

 

 

昨年末以来、私はずっとサングラスを探していた。
毎日運転している中で、朝方や夕方など、斜めに突如射し込んでくる日差しに目を射抜かれるかのようで、運転中に危険を感じる。
それまではサングラスというものは、何か後ろめたいことがある人が、そんな気持ちを紛らわすために無理にかけてるか、単なるポーズでしょうと思っていたのだけど(ええ、周り中から「違うから!!」とツッコまれます、すみません)、成る程、本当に必要なものだなあ、としみじみ思う。

私には(何に対してもだけれど)ブランドなどのこだわりはない。
ただ運転中の眩しさに対抗できて、好きなデザインのものなら良くて、今までしていたものはなんと100円。
中々カッコよくてお気に入りだったのだが、6年目のある日、ポキリと折れてしまったのだ。まさに大往生だったと思う(丁重に処分させて頂いた)
その名残惜しいお別れの後、後釜を探し始めた。
さすがに今度はもう少し良いものを買おうかなと思っていたのだけど、中々好みのものがない。

必要に迫られるけども、好みでないものはヘアピン一本だって買いたくないので、話は簡単ではなかった。

レンズは小さからず、大きからず。
なんとなくウェリントンと呼ばれるものが好きなようだと、ネットで調べていて思うが絶対ではない。
フレームは淡いミルクティーのような色が良いなあと思う。
普通に黒と思わないところが始末が悪い。
前にタレントさんがつけてらして、それがとても素敵だったので、私も次はそういうものを買おうと決めていたのだ。(人と同じすぎるものもちょっと嫌なので・・・)

自分ではささやかな理想と思っていたのだが、ハードルを高くしてしまっていた。
車の中でつけるだけだから、無難なデザインならそれでいいじゃないかと思う一方で、なんだか気持ちがすっきりしない。
高額すぎるのは嫌だけど、それでもいいものがあったら、今度はケチらないでちゃんと買おうと決めた。
なのに、出会えない。
家族を巻き込み、私好みのサングラスを探すことが、ここ数ヶ月の我が家のギャグになってきた。

それが。



先日、オットと出かけた鎌倉の、
小町通りのお土産やさんで、ふざけたオットが探したら見つかったのだ。



鏡に向かって、かけてみてびっくり。しっくり馴染んで一体化した私とサングラスが写っていた。
迷わずレジに向かった私。
貴重なこの子の値はわずか800円。
値段は関係ない。
私が好き、ということが大切。

大切に使いながら、一緒にドライブすることにする。

 

 

 

本日で3月も終わり。

朝から家族を送り出し、ほっと一息ついてのんびりPCを起動しながら、ふ、と魔が刺したというのか。

何の気なしに動いたはずみに、紅茶をこぼしてしまった!!

ノートブックのキーボードの左下にかかった紅茶を見た一瞬、即座にPCを持ち上げて逆さまにし、雫を振るい落として、手近にあったタオルで水分を吸い取った。

電源を落とし、とにかく逆さまのまま。

そうしている方が、少しでも内部に水分が落ちるのを防げる気がして。

テーブルの端に逆さまにしたPCを固定するよう、さらに手近にあったバッグや雑誌で安定させ、それからあたりの水分も拭き取り。

ドライヤーを持ってきて、逆さまにしたPCの下にもぐりこむような形で、冷風をキーボードに吹き付け始めた。

そうして初めてiPhoneで検索してこういう場合の処置を調べたが、概ねこれで合っているとわかって勇気が出た。

 

正直、生きた心地がしなかった。

型落ちとはいえ、昨年夏に買い換えたばかりのお気に入りのMacBook Proである。

紅茶をこぼして壊しましたとはオットにも、販売店の方にも申し訳なくて言えない。

 

数年前にiPhoneを水没させた時のことを思い出した。

微動だに動かなくなり、真っ暗なままの画面。もうダメかと泣きそうになった。

水分を拭き取ったあと、ひたすらドライヤーで送風しつづけ、そのあと乾燥剤をいれたジップロックにいれて一晩。

翌朝、奇跡の復活を遂げてくれた時はまた涙が出るほど嬉しかった。

 

今回のPCは傷が浅い。

かなり迅速に対処したはずと思う。

ドライヤーの送風も時々温風に変えて、乾燥を心がけた。

PCは逆さまの状態を保ち続ける。

キッチンペーバーで細い帯状のものを何本も作って、逆さまのPCの下に潜り込んで、キーの端から丁寧に差し込んで、引き出すと濡れている。

濡れなくなるまでなんども、小さな帯状のキッチンペーバーを差し込んで水分をとる、という作業を何十分も根気よく続けた。

4本のキーの部分に水分を感じたが、後のところは大丈夫で、濡れたところもどうやらかなりキッチンペーパーで吸い取れたようだと思えたけれど、念のため、そのまま乾燥を心がける。

 

夕方、ようやくPCを再起動してみた。

問題なし!

天を仰いで神様に感謝した・・・。

 

貴重な時間を随分無駄にしてしまったけれど、全て自分が悪いのだから仕方ない。

もっと注意深く丁寧になろうと思う。

でも、ネットで検索したら私のような人がたくさんいて、ホッとした〜(笑)

PCにコーヒーはつきものです、とまで書いてくださっている方がいらして、ちょっと嬉しかった。

時間にも気持ちにもゆとりがある時、お気に入りの飲み物を傍らに置いて、ネットサーフィンってかなり楽しいから、この楽しみがなくならないように、とりあえず早めにキーボードカバーを買った方がいいみたいだけれど。

* by かりん * 23:22 * 日々のつぶやき * comments(0) * trackbacks(0) *









http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904914
Calendar
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>
New Entry
Category
Archive
Recent Comment
Recent Trackback
Profile
QR Code
qrcode
Recommend
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
地球へ…


Link
Others
Search
Material by web*citron
* TOP *