人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サングラスとパソコンと | main | 代々木 >>

ドラマティック!

オットと連れ添い26年。

正直、こんなに野球に関しては感化されないものか・・・と我ながら感心する。

 

常々オットはアンチ巨人を唱える人は実は内心巨人ファン、と言っている。気になって仕方ない、常に注目してくれている、それはもう愛だと。

なるほど、それはいろんな人間関係なんかでも言えると思う。

本当に情のない心理状態は無関心ということだ。

とすれば。

伴侶が熱愛し、寝ても覚めても思っている球団、ジャイアンツに対しての私はかなり情のない方になる・・・。

 

が、そこはまあおつきあいというもので、夫婦でたまには野球観戦に行くのである。

 

チケットをいただけたりしたならば。

 

 

 

 

 

 


雨女の私が出かけるというと、雨が降るのはもう当然のような気がしてしまう。

こんな日はでかけるのが億劫だろうに、野球ファンの心意気は熱い。

多少の雨なんかファンの方のオーラに弾き飛ばされそうな勢いだ。

結構早めに球場に行ったのに、大変な人出とその熱気に驚く。

ライト側の席。見渡せる感じが心地よい。

 

正直、今の私はほとんどの選手を知らない。

それくらいの音痴ぶりだ。

 

けれどスタジオを埋め尽くす人たちの顔は輝いていて、華やかな雰囲気、

それは一途な巨人への愛・・・

応援団の方達がそばにいらして、

その見事な応援ぶりに、間も無く私は感動してしまった。

相手方の中日ファンの方達もそうだったのだけれど、

なんて一体感があって、団結して、見事な応援をなさるものだろう。

この皆さんの愛に対して不敬であってはならない。

いかなる理由であれ、この場にきたからには私も、

この熱意ある人たちの心意気に同調して、ちゃんと試合に向き合うべきだ。

そう思ったのだ。

 

ところが。

はっきり言わせてもらうけれども、今日の巨人はさっぱりパッとしなかった。

何だろう・・・早々に相手ピッチャーのバルデスにホームランを打たれ、

次の回でもさらに追加点をいれられ、

やっとこちらに1点入った時はフォアボール押し出しの1点。

時はずっと単調にすぎて、お尻は痛いし、

最初に買った竹鶴の水割りはすぐなくなるし、

予想以上に退屈で眠くなり始め、スマホのゲームでもしたくなる。

これは辛いとオットですらいいはじめ、6回くらいでもう帰ろうかとまで言いだした。

まあ、息子を迎えに行く時間があるということもあったし、

周りでもちらほら帰る人がいたのである。

しかしさすがにそれは気の毒で、いいから一応9回まで観ましょう、と野球嫌いの私が引き止めた。

オットは私に気を使っていて、これではますます私が野球嫌いになると心配したようだ。

私は、試合は正直つまらなかったけれども、

応援が楽しかった。

応援団の方達のさまざまなバリエーション、選手ごとに変わる様子が素敵だと思った。

試合展開もそうめちゃくちゃに遅いようではなかったし。

 

 

9回裏ツーアウトでの巨人の攻撃。

代打に村田修一選手。

さすが!の鮮やかなヒット。

今日初めて思わず立ち上がった瞬間だった。

 

そして阿部の打球が、

目の前を、

綺麗な放物線を描いて中日ファンのスタンドに飛び込んで行くのが見えた。

寸前、私はそれを追う外野手を見ていた、

追いかけて、ふと諦めて追うのをやめた瞬間を。

あ、よくドラマで見るやつだと思った。

うぉぉぉぉぉ〜〜〜〜〜!!

という無数の雄叫びの中で私もきゃー!と叫びながら立ち上がり、手を叩いていた。

 

人生で初めて、逆転スリーランというものを観たのだった。

 


あの白い衝立の向こうで阿部選手がヒーローインタビューを受けている状態。

 

息子を迎えに行かないともう予定時間をすぎていた。

立ち上がってコートを着ながら、阿部選手のヒーローインタビューを聞いた。


観客がで始める前にオットと球場を飛び出し、

オフィシャルショップに走って息子にお土産を買った。

阿部選手のTシャツ!

春から縁起がいいものを見せてもらったから、

そのご利益を分けていただけますように、と。

 

こういう経験はオットも初めてだという。

勝つべくして勝つ流れの試合、もしくはその逆が普通であって、

ここまで雰囲気悪くて、だらだらとつまらなくて、

それが一瞬でひっくり返って劇的に終わる、

という展開の試合を生で見たのは初めてだと。

私がオットに付き合って野球を観戦するのはこれが4、5回目だから、

運がよかったのかもしれない。

 

テレビのスポーツニュースで見ると、

9回裏までどれだけだらだらと間延びした流れの試合だったかは誰にもわからないなと、

それがおかしくて夫婦で笑った。

私のお隣で観戦していらしたご夫婦は、

3回くらいにいらして6回くらいで帰られてしまったのだが、

(実はかなり熱心なファンでいらっしゃるのだが、

本日はどうしてもご用事があって、一瞬だけでも見られたら、

というお気持ちで来られたらしいのは、会話のはしばしで窺えた)

一番面白くないところだけをご覧になったことになる、

きっと後で驚かれたことだろう。
ちょっと気の毒だわ。

| かりん | 日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904915
この記事に対するトラックバック
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
地球へ…


おすすめショップ
空に咲く花


RECOMMEND
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
MOBILE
qrcode
OTHERS