夏は本当に終わったのでしょうか

  • 2017.09.01 Friday
  • 23:20

ローソンで思わず、こん唐揚げを買ってしまった。

苦手な夏の前後は、もうヤケにでもならないとやってられない私なのだ。

 

 

今朝、いきなりエアコンが要らなくなったと感動してしまった。

いつもは、わ、暑いと思った途端にエアコンのリモコンに手を伸ばしてスイッチをいれていたけど、今朝はそんな瞬間がなかった。

普通に涼しい。・・・なんて素晴らしい!

今までの日々むっとするように重たく分厚かった空気が、一転、とても爽やかになり、気持ちの湿度もぐっと下がった気持ちになる。

足取りも軽く職場に向かい、いつも以上にいっそう機嫌よく仕事をしてしまった。

 

本当に私は今年も夏を無事に乗り切れたんだろうか?

 

夏の暑さが苦手な私は、今年は特に暑さで受けるダメージを警戒していた。

5年ぶりに仕事をするようになって、もう昨年までのように家に引きこもって夏をやり過ごすなんてことはできないからだ。

夏の暑さはいつも私のコンディションを乱してしまう。

 

ところがこの夏は確かに暑かったけれども、雨も多い奇妙な日々が続いてくれた。

蒸し暑さは変わらなくても、直射日光ギラギラ感が少ないことに私は随分救われたみたいだ。

さらに好きな事務補助のアルバイトで、人間関係にも恵まれて今、私はとても楽しいのだ。おかげで例年にないパワーを持っていた、というのも大きいみたい。

 


それで、こんな唐揚げも楽しんで美味しく食べたりして。

ローソンの唐揚げはもともと、とても美味しいと思うけれど、

このドラゴンクエストのスライム型のカップにはいったチキンは

その見かけだけでテンションをあげてくれる。

これ、レジを通してもらう時にあのおなじみのレベルアップの時の音がするのだ。

思わず店員さんと笑ってしまった。

 

そう、この夏はドラゴンクエストⅪの夏だった!



このゲームのために、ついにPS4まで買った私。

職場では「そんなゲーマーには見えない」と驚かれるのだけれど、

そう見えたら困るよね。

他に今までもよく「ジャンプを読んでいるように見えない」とか、

「お酒が好きそうに見えない」

とも言われてきたのだが、

ジャンプを読んでいそうで、お酒も好きそうに見える人って相当やばいよ。

そう見えたら困ります。

だから、そう見えなくて正解です。

それでいいのだ。

 

 

久しぶりのドラゴンクエストⅪは楽しくて、娘と息子に応援されながら楽しくプレイしている日々である。

幼い頃からドラゴンクエストの攻略本を絵本がわりに眺めて眺めて、ボロボロになるまで楽しんでいた息子も、

ストーリー重視で物語の先が気になって仕方ない娘も、それぞれの立場で私のプレイを応援してくれていて、

たとえばダンジョンなどでは娘が色々方向を支持してくれて、宝箱を取り逃さないようにしながら迷路を攻略していき、

ひたすら魔物を倒しまくって経験値をあげ、強くならなければならないという役割は息子がしてくれている。

文字通り、母子3人一丸となって難問に挑み、クエストを一つ一つクリアする喜びに、この夏はずっと浸っていた。

(オットはRPGには向かない性格で、ずっと外れているのだ・・・・)

サラサラヘアのヒーローにまだ馴染み切れていない気はしつつも、パーティーのメンバーそれぞれに愛着を持って、今もまだ私はドラゴンクエストⅪの世界・・・ロトゼタシアの中を旅している。

もう天空魔城に行かなくてはならないのだが、あと一つ残っているクエスト・・・成金ベシムのジャックポットタワーをクリアできるまでもう少しがんばるつもりだ。

 

 

そんな訳で私は元気にやっているみたいだ。

このまま秋を楽しみ、冬になってくれるなら、ずっと元気でいられそうである。

色々、諸問題はあるのだけれど、それらをまとめてボールにし、抱えて走って、ラグビー選手よろしく必ずどこかでタッチダウンを決めてやるとか思っている。

たぶんきっとなんとかなるよ。そう自分に言い聞かせると、そうだよね、と納得してしまえる自分がいて、その単純さに自分でとても救われている。

 

気温が下がっただけで、そこまで思えるおめでたさ、かな。

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM