密やかに祈ります

サングラスの意義が、最近になってわかった気がする。

(昔は視界が悪くなるだけ、自分に自信がなさすぎる人がつけるものだと思っていた。

実際、サングラスをつけていると気が大きくなるのか、

少しマナーを守らない人が多い。

でも、サングラスの目的は本来はそう(疚しさから目元を隠すこと)ではなく、

眩しさをふせぐことなんだねえ、としみじみしたように話すと

周囲の人全員に「当たり前だから!」と心地よいほど突っ込まれる)

地元の春のお祭りで、メガネのパリミキさんが大放出してしたサングラスに

この夏、本当に助けられた。

ミルクティみたいな色のフレームがお気に入り。


ダイソーさんのベースコートとトップコート。

安くて可愛いし、とても使える良い子だった。

しかし夏休み中は爪が割れない。

子供達がよく、洗い物など手伝ってくれるからみたいだ。

 

 

特別支援学校に通う息子もついに高校3年生。

いよいよ進路に向けて色々動いている訳で、その一つに実習がある。

文字の読み書き(漢字に素晴らしく強い)、簡単ながら計算、PCの入力などが得意で、手先も器用、そして情緒が大変安定していて薬を一切服用したことのない。

そうすると進路は企業就労が妥当だろう、という流れに数年前からなり、マッチングがうまくいけば来春には早くも社会人デビューするし、それがうまくいかなければ、就労に向けての訓練をする就労移行支援施設に1年〜2年通うことになる。

6月に一度、その就労移行支援施設の一つに5日間実習に出たのだが、来週月曜日からさらにまた別の就労移行支援施設に実習にでることになっているのだ。

 

そこに一人で通う練習を、今日は親子でする。

幸い、自宅からそう遠くなく、バス一本で行ける場所、息子に普段から馴染みのある地域である。

マイカーでいけば10分くらい。徒歩とパスで30分というところだ。

片道1時間半近くかけて現在通っている高等部にいくより、はるかに楽で快適。

6月に実習に行ったところもそうだったのだが、それで息子も実習期間中は元気が良い。

 

人に迷惑をかけず、己の身の安全をはかりながら一人で外に出られるか、という点は問題なくクリア。

でも心配なのが親心で、多分私は来週ずっと、祈りに祈って過ごすことになると思う。

 

それから珍しく今日、授業のある娘を、家族でドライブがてら送っていこうと川崎まで車を走らせた。

娘も大学2年生。これから色々イベントがあり、なかなか多忙になっていくようである。

そろそろ就職のことも考えなくちゃね、なんて話も時々する。

神社で巫女さん・・・という夢も継続中のようだが、今はやはりオペラ歌手になりたいという。

・・・また難しいことを言うね・・・。

でも、まあ。がんばりなさい・・・としか、とりあえず母は言えないのだった。

 

なんにせよ、夢のある子供でよかった。

好きなことを見つけてくれていて、それが嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック