人形姫の視る夢は…

着せ替え人形コレクション公開サイト「人形姫」http://ningyouhime.vivian.jp
管理人かりんの日々のつぶやきです。
コレクションしているお人形のこと、育児のこと、主婦業のこと…
いろんな日々のつれづれ日記です。
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< お詣りをしてまた明日 | main | 写真で旅する >>

雨音で眠りたい

雨だし、お出かけの予定もいれていないしで、大喜びで今日は引きこもりの日と決める。

台風が来ているのだから困る方もいるだろうし、どなた様もご安全に!と心から思うけれど、台風をまだ遠く感じる私は、今日のような日も、心地よいと感じてしまう。

 

時間に追われることもなく、好きなペースでのんびりと家事をこなして、美味しい紅茶をゆっくりと飲む。

それだけで幸せ。

子供達には寝坊をさせて、オットが出かけていくのを見送って、(親しくして居た方が亡くなられて1年、その方を悼む会が本日、娘も通った幼稚園のあった教会で開かれるのだ)つかのま、静かさも楽しんだ。

音が無い時間を少しでも過ごすと、とても心が落ち着く気がする。

 

そうして、ずっと気になっていた手帳の中身や、スマホの中の家計簿、日記、カメラロールの中も整理することができた。

すると本当に心が爽やかさでいっぱいになった。

 

小心者の私は何もいらない!とは、物質的にも精神的にもミニマリストになれそうにない。

けれどそれを目指すくらいの心がけではいたいと思う。

情報も思い出も大切にするなら、物質同様、定期的に整理して、何がどこにあるかをきちんと把握、自覚することが大切なんだと本当に思った。

 

 

私が仕事をするようになって半年、オットにお願いした家事分担の一つに、オット自身のシャツのアイロンかけがある。

1日一枚、オットが自分でシャツにアイロンをかけてくれたら、それだけで私は相当楽になると常々思っていたのだ。

 

現在、我が家で愛用しているアイロンは、PanasonicのCu Ru Ru。

早くも今年買ったもののベストを振り返るなら、まずはこの子がナンバーワンである。

 

 

憧れのコードレスアイロン・・・なんて今時言っていたら笑われるだろうか。

オットと結婚して28年。

新婚当時、コードレスは世間で流行していた。

中でも私がもっとも憧れたのがアイロンである。

結婚前、ろくに家事をしないで実家暮らしを満喫していた私は、新婚早々あらゆることが修行だったが、アイロンかけには苦戦をしたもの。

ことにオットのシャツには手こずらされた。

大きく重たく、そしてコードに方向や動きを制限されて私の手には扱いにくく・・・しかし見るからに新品のそれを、簡単に捨てることは当時まだ若々しかった私にでもできなかった。(23歳とはいえ、母にものを大切にすることを異様にしっかりしつけられていたのだ)。

それはオットが新入社員としていきなり大阪に配属され、予想外の一人暮らしを始めることになった時に急ぎ、義母が取り揃えたものの一つだという。

つまり買ってからまだ3、4年の、十分使用に耐えるものだったのである。

当時は今のようにメルカリとかリサイクルとかほとんどなかった。

壊れたらすぐ、コードレスアイロンに買い替えよう・・・そう心した当時の私の予測はおそらく、20代後半の頃にはもうこの重くて不自由なアイロンとはおさらばできているはず、というものだった。

が日本のメーカーは素晴らしくて、我が家の家電はことにどれも大変壊れにくく、洗濯機で17年、電子レンジで12年、テレビで15年、冷蔵庫も16年・・・という風に大変長持ちであった。

壊れた時にもすぐ買い換える気になれなくて、一応、修理のお願いをしてみる悪癖が私たち夫婦にはあり、その度に電機店にもメーカーにも驚かれ、もう部品すらない、そこまで使ってもらえたら十分、電気代も昔のものより今のものの方が全然かからなくなっているから、ぜひ買い替えをおすすめする!と強く言われ、そんなものかとその度に衝撃を受けつつ買い換えて来たのである。

その時点で最高のものを買う予算がなかったので、仮に今だけしのげれば良いと、最低限の機能の、もっとも安いものを購入しているのに、それでも7、8年、軽く持っている。

そんな我が家の家電類の中でもアイロンはことに最強部類に属しているといって過言ではなかった。

(正直、すぐ家電が壊れる、と言っている方が羨ましいと時に思って来た)

 

しかしこの春、そのアイロンもついに長き勤めを終える時がきた。

コードをソケットに差し込み、スイッチをいれてもさっぱり熱が出てこない。

おかしいなと思って降ったりすると点いて、使えて、よしよしと思いながら使う・・・ということを数回繰り返したのち、ついにどうしてもダメになった。

本当に壊れたの?としばし見つめ、それから夫婦で手を合わせて感謝して処分させていただいた。

 

すぐ無いと困るので、取り急ぎネットで検索してレビューを調べ、例によって最高級と言われてお値段もそれなりのもは避け、ほどほどのところで選んだのが、この新しいアイロンである。

まず、真っ白で可愛い。

このデザインがお気に入り。





軽いのはもちろんだし、コードレスも必然。

お!と驚いたのはこの形。

両先端が尖っている。

ということは、今まで長年、重く、しかもコードに縛られた制限の中で、

必死にアイロンの向きを変え、対象の洗濯物を回転させ・・・して

伸ばしていた皺を、今までよりぐっとスムーズに伸ばせるのではないか。

色もつや消しのゴールドでなんか可愛いし(私はシルバー好きだけれどね)

 

そんな期待に満ちて購入したこの子(アイロンさん)、思って居た通りの使いやすさで超お気に入り。

今年買ってよかったものの一位になるくらい、心の負担だった家事の一つ、アイロンかけが楽になった。

だからオットにも振れるようになったのだけれど、今日は休みの私がやってあげましょう・・・そんな広い心にもなれる。

 

パナソニック コードレススチームWヘッドアイロン ホワイト NI-WL503-W

新品価格
¥7,716から
(2017/9/19 08:40時点)

 

 

そんな訳で満足感に浸りつつ、アイロンかけもこなしたあとは、ためらうことなく睡魔に身を任せ、午後のひととき、ソファで昼寝を楽しんだのだった。

雨の日特有の微かなざわめきを包み込むような静けさと空気の中で心休ませながら。

いい休日だ〜。

 

ちなみにこの感動を友人たちに話したら「え・・・もうとっくに、普通にそうだったけど・・・」「そっか。今まで苦労してたんだねえ・・・」「我慢しないで20年すぎた時点で買い換えればよかったのに・・・いや、15年でよかったよ」などなど、微妙な哀れみをかけられたのだった。

| かりん | 日々のつぶやき | comments(0) | trackbacks(0) |

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.ningyouhime.vivian.jp/trackback/904925
この記事に対するトラックバック
PROFILE
ARCHIVES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
地球へ…


おすすめショップ
空に咲く花


RECOMMEND
ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。
ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。
影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。
MOBILE
qrcode
OTHERS