夏と秋の間で

  • 2017.09.20 Wednesday
  • 23:20

昨日今日と、順調に通勤している。

あっという間に半年の契約が終わって、延長更新もしたので、ますます張り切って勤めようと思っている。

通勤、という大きすぎる理由があると、出不精の私でも強制外出するから、こういう季節の変わり目を逃すことなく体感することができていいかもしれない。

また蒸し暑い日が続いているが、私が通勤する9時過ぎ(ちょうど通勤通学ラッシュが終わったところでいつも快適)と、夕方帰宅時の風は間違いなく秋のもので、その証拠に空の青も深みをましていて、いよいよ好きな季節になってきたなあと嬉しい。

誕生日ももうすぐだ。

この歳になってもまだちょっと誕生日は嬉しくて、私も本当におめでたい。

自分で自分にちょっとのご褒美、何か可愛く素敵なものを買ってもらおうかなと思ったりしている。

やっぱり指輪かしら。

 

にしても、秋はまた忙しくて、どんどん予定が入ってくるし、新しいカレンダーやら手帳やらが年末年始感も強くするしで、とにかく退屈している暇もないのだが。

 

しつこく、今年買ってよかったものシリーズを展開してみる。

何事、と思われるだろうか。

 

夏が超絶苦手な私の中でも、特に嫌いなのは虫、Gのつくアレとはもう何年も会っていないし、このまま一生会いたくないけれど、

蚊にはしばしば遭遇する。

私は血が、そう美味しくないのか滅多に噛まれはしないのだが、オットはビールをよく飲むからか(本当にビールを愛飲する人ってよく噛まれている実感がある)よく蚊にまとわりつかれている。

子供達も嫌がるのだが、夏は普通にドアを開け閉めするだけでも入ってきたりして、普段から蚊除け対策は気になるところだ。

いいところで、蚊が嫌う香り、シトロネラオイルを焚いたりしていて、これは効果があるように思う。

でも。

庭で花に水やりをしている時が辛い。

そうなるとやっぱり日本古来の蚊取り線香様が最強だと思うのだ。

 

一昨年、その蚊取り線香の缶を買って、まだ使えるのだが、線香立てを紛失してしまった。

存外軽いアルミのそれは、燃やし尽くした蚊取り線香をそのままにして庭に放置していたら、誰かが蹴って飛ばしてしまったらしく、見つからなかった。

線香はたくさんあるので、当分買うことはない。まあこんなものくらい別売りでどこかしらで売っているでしょう。

軽くみた私がバカだった。

 

コンビニやドラッグストアはもとより近所のホームセンターにはなくて、昨年は結構不自由な思いをした。こんなものくらい、代わりがいくらでもあるだろうと色々工夫してみたけれど、うまくいかない。

それならかねてより懸案だった蚊取り線香立てを買おうと色々みたら色々ある。基本高い。それは嫌。

で結局買い損ね、今年の夏を迎えてしまった。

まずい。

昨年のことを思うと今一度近隣のお店を探す気になれず(なにしろ暑くなると活動したくなくなるタチだから)ネットで検索。

発見!

 

金鳥 線香立て 3枚入[金鳥(KINCHO) 蚊取り線香皿・蚊取り線香器]

価格:162円
(2017/9/21 16:06時点)
感想(3件)

 


一昨年の夏、このヒト(思わず擬人化)に会いたくて仕方なかったのだ。

 

同じ頃、平均価格1000円の雑貨ショップsalut!さんでこんな可愛いボックスに会った。

 


私は昔からこういうお家モチーフにも目がなくて、家型の小物が多いのだけれど、

この基本的お家らしい雰囲気、白い壁に茶色い屋根のシックな可愛さが夫婦で気に入り、購入。

屋根部分が蓋としてパカっとはずれる。

何を入れてもいいと思うけれど(窓やドアの穴が差し障りなければ)

お店の商品札には「蚊遣り」と書いてあった。

 

木製だけど大丈夫?と思いつつ・・・




念願の線香立てと線香、いい感じで。


 

 

ぴったり。

 

おかげでこの夏は楽しかった。

 

たかが雑貨。されど雑貨。

心に響けば楽しさが増える。

明るくなれる。

 

本当の贅沢、とはこんな暮らしを言わないのだろう。

若い頃にはセレブな暮らしに憧れたこともあったと思う。

が、今は私はこれを日々の贅沢の一つと思って楽しく生きる。

 

可愛いものにほっこりできる、そんな一瞬一瞬が好きで、これからも続けばいいなと願いつつ。
 

秋冬はもっと楽しんじゃうよ、きっと。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM