幸せのにんじん

朝、息子がなにやらベランダでごそごそ。

そしておもむろに土だらけの物体を、そーっと手で土を落とさないように受けながら「あった」と持ってきた。

一見してびっくり。

そうだ、春にベランダでプランターに、100円ショップで買ったにんじんの種を蒔いたのだった!

息子が水やり担当で、毎朝欠かさずせっせとやっていたのだが、

私はろくに注意をはらわず、

ただ青々とした葉が随分綺麗に茂ってるなあ、くらいにしか思っていなかった。



さらにもう一本。

10センチにも満たない、けれど立派に人参。


コップのフチ子さんを置いて見る。

普通に、スーパーで買った人参と比較するとこんな感じ。

 

ささやか・・・あまりにもささやかすぎるものなのだけれど、

自宅で育てた野菜は妙に嬉しい。

息子は「収穫、収穫」とホクホクしている。

 

この小さな人参たちのおかげで今日は朝からほっこりした気分になり、

夕食に、刻んで鶏肉や他の野菜といっしょに煮て、

美味しいスープになってもらって

家族でいただいたのだった。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック