娘の成人式

  • 2018.01.08 Monday
  • 20:54

本日無事に、成人式を迎えた娘。

 

初めての子供で、待望の女の子で、

私もオットもじいじもばあばも親戚も、

みんなみんな夢中だった。

この子を無事に安全に育てるために

どれほどの時間を送迎に費やしたことかとオットと二人感無量。

いや、まだこれからだってするんだけれど・・・。


赤がいいというので簪は新調したけれど、

(つまみ細工で、ゆらゆらと揺れる先に小鈴というのは私のこだわり)

あとは全て私のおさがり。

和裁士だった私の祖母が長襦袢から帯から着物まで、

全て縫ってくれたもの。

私が十九歳の夏に、祖母と一緒に呉服店に行って、

反物から襦袢の生地も帯も着物も選び、

帯揚げ帯締め半襟、草履にバッグと一緒に選んだ。

私の祖母・・・この娘のひいおばあちゃんが見たら

どんなに喜んでくれたかしら、と何度も思う。

きっと、私の祖父母もニコニコで、この娘を見守ってくれているだろうと確信がある。

 

たくさんの、本当にたくさんの新成人たち。

みんな輝いていて、うちの娘もキラキラして。

私たち親も万感の想いで。

 

毎年成人の日はすっきり晴れないそうだけれど、

今日はギリギリ雨が持ってくれた。

 

朝、早くから優しく素敵な美容師さんたちが、

腕によりをかけて娘を綺麗にしてくださった。

そこから歩いていく道すがら、

見知らぬいろんな方がお祝いの声をかけてくださってうれしかった。

私もこれからいつも、見知らぬ人でもちゃんとお祝いしようと思った。

 

誰も自分の力だけ、

一人だけでは幸せになれない。

いろんな人に助けられ、生かされて幸せがある。

与えられてばかりではいけない、

与える側になって。

 

・・・いえ、いろんな理屈はさておいて。

 

とにかく元気で。

そしてなんとかうまく(人を傷つけることだけはしないで)幸せになってください。

 

我が家の娘にだけではなく、

新成人の方に言いたい気持ちはただそれだけ。

 

とにかく、おめでとう!!

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM