今日はバリバリ

  • 2018.01.11 Thursday
  • 23:20

昨年秋に購入したiphoneケース。

手帳型で、内側にはカードケースとミラーが付いていて

使いやすくてとても気に入っていたのだけれど、

半月前、まずストラップが取れ(金具が割れてしまって再生できない感じ)

今また右側に付いているベルトが千切れかかっている。

気に入っていたのに残念!

9百数十円のものだったからそれは質はよくないのかもしれないけど・・・

デザイン、機能共にとても気に入っていたのにな。

ケース部分がソフトなのも好みだった。

本体を取り外しやすいのがいい。

iphone7は防水だけれど、お風呂で音楽を聞くときは一応ケースから外して、

防水カバー(100円ショップのもの)に入れるので、

それをほぼ毎日しているので、

カチッと硬くて、取り外しが難しいのは苦手なのだ。

 

昨年は2回も買い換えていて、

春には私にしては珍しく手帳型ではなく、

しかも黒というものを選んだ。

このゴシックパンク感に一目惚れして。

(1200円くらいだったし)

クロス型のチェーンも素敵と思ったのだけれど、すぐ切れた。

そして手帳型でないと押し間違いが多いんだと

己の粗忽さを認識することにもなった。

で、半年で買い換えることになってしまったのだ。

 



ちなみに娘のケースも昨年秋に新しく一緒に購入。

彼女のも鏡付き。

カードケース部分がものすごく多い。

でも娘はカード持ってない(笑)

大切なメモとかはさめて、それが便利だそう。

 

今のケースをさらに大事に使いつつ、次のものも探し始めた方が良さそう。

できれば2千円以下、鏡付きが便利だったのでやはり鏡付きがいいな、

カードケースも重宝したし、

とどのつまり多機能な手帳型で。

 

新しいものを探すのは楽しみではある。
 

 

昨日の充電が聞いて、今朝は体も気分も軽かった。

寒いけれど、冬は大好き。

暖かいアイテムをたっぷり身につけて、晴れ晴れと駅まで十分ほどの道のりを歩く。

始発のバス停から15分ほども揺られれば終点、そこから目の前が勤め先の事務所。

年末から一昨日までどうも仕事がなくて、それにはちょっと弱り気味だったのだけれど(暇を持て余すのは大嫌い)、やっとみなさんの仕事も本格始動で、おかげで次々に仕事が舞い込んで来たため、一日中集中して何かに取り組んでいることができた。

アルバイトだから皆さんが「こんな仕事頼んでごめんね」といちいち詫びてくださる雑用なのだけれど・・・会議に備えて数十人の来客のリストと照らし合わせながら立て名札を作る(A4の紙に所属先組織名と役職、お名前を印刷したものを三角に折り、テーブルに立てられるようにするもの)とか、色々な所に張り出すポスターとして印刷されたB4の印刷物をA3のフィルムに挟んで、ラミネート加工するとか、銀行で出金のお使い、他の営業所に書類を届けたり受け取ったり。

冬晴れの町の中をちょこちょこ移動しながら、街ゆく人たち、商店を眺め、楽しくなる。

オフィスの中で素敵なみなさんとおしゃべりしながらココアを飲んだり、お菓子をちょっとつまんだり。

難しい電話を受けたらそのことで相談して、皆でわいわい意見を言い合ったりして。

 

学生の頃の私はつまらないOLなんかになりたくないと思っていたこともあって、今は私の娘がそう思っているのだけれど、こんな生活も楽しいのだ。

ま、今の私の年齢・立場で、しかもアルバイトだから気楽さしかないという幸運もあるのだけれど。

 

帰りはスーパーで食材を買って(これも事務所の目の前で便利ったらない)バスに乗り、美味しい暖かいスープをたっぷり作って、子供達の好物を食卓に並べる。

 

今日もありがたいくらい平凡で、いい日だったな。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM