今日もまた…

  • 2018.01.14 Sunday
  • 21:20

疲れた・・・いや、まだ頑張ろう!そうだよ!

と夫婦で声を掛け合った本日は

娘の日本舞踊の会。

大学では昨年はバレエの授業を選択した娘、今年度は日本舞踊をチョイス。

それは良いことと応援、着て欲しい着物もある。


和裁士だった私の祖母は中振袖が好きで

私にも2枚、縫ってくれていた。

そのうちの1枚、縮緬の、黒地に小花模様のものを気に入って身につけた娘。

天国の祖母(娘からすれば会ったこともない曽祖母)は

今、どんなにか喜んでこの様子を見てくれているだろうと思った。

踊りや三味線、お琴に唄などが大好きな人だった。

 

小さな頃から踊りは得意な娘、日舞もとても上手ではないかと夫婦で親バカに浸ってたくさん写真や動画を撮ってきた。

音大なので日本舞踊の会とは言っても皆さんそれぞれ専攻の、ピアノやフルート、時にドラムまで演奏される。

斬新でかっこよくてとても素敵。

もちろん声楽専攻生徒たちの歌もありで、2時間超と長いながらも飽きのこない、とても楽しい会だった。

そのまま打ち上げに行くという娘を置いて、夫婦で夕食用の買い物をして地元へ。

息子は移動支援のヘルパーさんにお願いして神田のアトリエに出かけていたのを、ちょうどうまく駅で拾って帰宅。

楽しかったけど、疲れた。

 

先週、成人式という一大イベントを済ませたのだから本来ならそれでホッとできるところを、1週間立たぬ昨日今日で、声楽と日舞の発表会。

また週末の金曜日には娘が師と仰ぐ声楽の先生の門下生の発表会が横浜であり、その翌日の日曜日には藤沢の教会での合唱発表もあるのだが、同日、高校生最後の息子の学園祭があって彼も劇やら第九でのソロ歌唱やらあるため、藤沢へは残念ながら行けないのだが、息子の晴れ姿もしっかり観なくてはならない。

気が抜けない。

直視しないようにしていたけど、新年早々予定ぎっしりで、なんだかなあと思っていたのだ。

 

神戸の実家で一人暮らしをしていた母が、調子を崩して昨年4月から施設に入所していたのだが、そこで非常に元気を回復したため、要介護1が取り消され、また実家での一人暮らしに戻ることになったという妹からの連絡にも戸惑い、思い悩むことがいっぱい。

息子の進路のこともある。

 

ああ。

ゆっくりしたい。

今はとにかく目の前のことを一つ一つ頑張るのみ。

でもなるべく賢く、先のことも考えていかないと・・・なのだ。

やれやれ。

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM