銀色財布

  • 2018.01.25 Thursday
  • 22:16

昨年、長年使っていた長財布を使用するのをやめた。

 

仕事でお使いに出ることが多いのだが、その時さっと持つのは

小さめバッグが好ましいし、そのバッグにお財布入らないと困るし。

 

そもそも大昔、風水で、

絶対に金運があがるのは長財布、お札を曲げるのはダメ!と知ったからだった。

でも金運、別によくなってない・・・

それまで使っていた二つ折りのお財布時代より良くなった、という実感は全くない。

そりゃあ、きっともっと色々正しくすれば風水の効果もあったのだろう。

けれど私の出来る限りの事はやっていた訳で、それでもパッとしない。

のならば。

今の生活に便利なほうがいい、

ということで思い切ってお財布を小さくすることにしたのだった。

 

ある日渋谷の雑貨店で、とても小さい可愛いお財布を見た。

それはとても可愛く、かつ小さなバッグに容易に入ると思えることで

思わず衝動買いしたいくらいだったのだが、

中途半端な風水の知識が私を止めた。

でもずっと気になっていて、やっぱりミニ財布を使ってみようと決めたのが昨年夏。

iPhoneImage.png

ネットでこのお財布を選んで見た。

夏に透明の小さなバッグを遊びで買ったので、

それに入れた時に見えて可愛いものがいいというのが選んだ基準。

 

色合いもエレガントな花模様も気に入っていた。

金運も落ちた気はしない。

が、これは使い勝手に問題があった。

小銭入れ部分が外側のポケットでボタンで止めるものなのだけれど、

ちょっと小銭がたまると異様に膨れ、ボタンがはずれやすくなるのだ。

秋頃には数回、ボタンがはずれて小銭をぶちまけるというトラブルを経験し、

もともと試験的に安いものを購入したので、

これは使用をやめようということにした。

 

がミニ財布という存在自体は気に入ったのだ。

運気的にも問題ない・・・むしろ時給があがった(偶然にしても)

小銭入れ部分がもっとしっかりしているミニ財布。

私好みの、人と被りにくいもの。

探して探して、年末見つけたのはラメットベリーというイタリアのブランドのもの。

そう高くなくて3千円代。

でも本革だし、機能的に素敵!と一目惚れ。

iPhoneImage.png

実は銀色大好きな私。

小さな頃に天秤座のラッキーカラーは銀色だよと言われたことがきっかけで、

ずっと銀を好きだと思ってしまっている単純さ。

そんな私の心を射抜くこの銀色具合。

小銭入れ部分が外側にあるのは前の紫花財布でも気に入っていたのだ。

さっと小銭だけ使えて便利だったりする。

だからその小銭入れの蓋がボタンでなく、がま口かファスナー仕様のものを探していたのだが

案外ミニ財布はボタン仕様が多くて、

これはやっと希望のファスナー仕様でもあった。

iPhoneImage.png

しかも中に仕切りが!

もう愛しか感じない。

 

iPhoneImage.png

前の紫花財布もそうだったけれど、

開いた内側に3つのカード入れがあり、

最低限のカードに絞っていれる、これも便利。

 

こういう銀の着色は剥げやすいんじゃないかなと思う、

思うけれど、それもまた愛しくて大好きで。

 

風水的にはお財布の買い替えに良い日が年に何回かあるようだけれど、

その日まで待てず、

昨年末の亡き父の命日がちょうど一粒万倍日だったので、

その日から使い始めて。

 

それからずっと気分がいい。

財布を取り出し使うたびに心がときめく。

嬉しい気持ちになる。

小さな財布はバッグの中で時に見失いがちでもあったのだけれど、

これはバッグの中でもキラッと銀に光って見つけやすいのだ。

 

小さいから銀色でもそう嫌味がないみたいで、

誰にも「えっ」と非難めいた視線は向けられないし。

 

好き、と思うこの気持ちこそが運気上昇のコツかもしれない。

 

楽しく良いお金使いができますように、とそんな祈りを込めて。

大事に使っていきたいな、と。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM