冬の小物を買いに行ったら

  • 2018.01.28 Sunday
  • 22:50

連日、寒い日が続いている。

すごい寒さ・・・けれど私は平気。

元から冬が大好きだし、暖かく過ごせるアイテムを手に入れる労を惜しんでいなくて、お気に入りのものをたくさん持っている。

厚手の本当に暖かいコートはもとより大判のストールや手袋、帽子やイヤーマフなどなど。

これらの小物が大事なのだ。

あるのとないのとでは大違いで、ちょっとした小物が体温をずっと保持してくれるし、たまにつけ忘れていると寒さが体に染み込む速度の速さに泣きそうになる。

けれどそれらのほとんどは華やかな女性の小物で男性陣のそれはやや・・・いや、かなり少ないように思う。

少ない中だとときめく出会いが少ない。

つまり、あ、これ欲しい!と思う小物を我が家の男性陣に見つけられずにいて、オットも息子も連日の寒波の中で普段以上の寒さをしのぐ小物を持っていないのだった。

 

オットはともかく(髪をツンツンに立てているので、そもそも帽子がありえない。すぐ失くすから帽子も手袋も持つのが苦痛だという。)息子は学校まで寒風吹きすさぶ大きな道路沿いと公園沿いの道を延々15分は歩く。

想像しただけで寒そうだ。マフラーと手袋は持っているけど、寒いのは耳と頭だろう。

帽子が、キャップが欲しい。さっと気軽にかぶれておしゃれなニットキャップが!

 

というわけで、今日は家族でしまむらにでかけたのだった。

しまむら、もうずっと大好きなお店の一つである。

 

そうして見つけてしまった、このパーカー。

「銀さん!」見るなり涙が出てしまった。

家族が苦笑する。

息子にあてがい、似合うことを確認。

ちょうど、学校から戻った後の家で着ている部屋着がなかったところだった。

しまむら、おそるべし。

予定外の大変な散財である(2900円!)

ニットキャップ500円の予算で店に足を踏み入れたのに、いきなり散財。




こんなタグもついていて嬉しい。

困るわ、捨てられないじゃない。

断捨離の道がまた一歩遠のいた感じ。

 


 

ちゃんと初志貫徹もしました。

一目惚れして買ったニットキャップは700円(500円とはいかなかった0で

なんとearth music & ecology。

やはり、しまむら恐るべし。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM