寒さの向こうに

  • 2018.01.30 Tuesday
  • 23:05

神社に行くのが好きという人は多いと思うけれど、私もそうで

よく家族でお参りさせていただく。

いろんな神社でお守りなどを見るのも楽しみの一つ。

こちらは午年の鈴。

丙午な私。

こちらは神社のものなのに、なぜか洋風でもある。


神社で薔薇模様って珍しいと思う。

赤地、青地のものもあって可愛かったけれど、

白地のものを選んだ。

鍵に付けてます。


購入したのはこちらの神社。


ちなみに、こんなストラップも買ってしまった。

七福神のビーズに感動してのストラップ。

スマホのカバーにつけようかな。

 

 

昨日、凍った道で自転車ごと転んだ私のアルバイト先の職員さんは、あの後やはり膝が動きにくくなってきてしまった、ということで、本日病院に行かれ、そのまま休んむことになってしまった。

筋肉がずれた???という感じだそうで、怪我自体はそう大事に至るものではなくてよかったのだが、業務中の不注意の事故ということで事務所の所長が本部からの叱責を受けることになるらしく、会社としてはすこし問題らしい。そういうものなんですかと驚いてしまった。

新潟出身の職員さん曰く、私たちは皆、雪を舐めすぎているらしく、今日も改めて認識を新たにするよう言い渡された。皆、そうだよね、本当だよねと素直に反省する。

私なんて東京以上に雪が降らない神戸育ちだから、雪が降るとわくわくしてしまうのだがそれではきっとダメなのだろう。

気をつけよう。

 

今日もまた寒くなり、今週中に雪がまた降ると聞いた。

もうすぐ2月になるけれど、2月はきっともっと寒いんじゃないかなと思う。

けれど、勤務を終えて帰る時の空がまた少し明るいのだ。少し前には真っ暗だったのに。朝も日が差し、部屋が明るくなってくる時間が早くなって着ている。

日が長くなっているのだ。

そして届くメールやカタログの内容がすっかり春。家の飾りもはや、ひな祭りのことを考えないといけない時期。

息子は花をグシグシ言わせ始め・・・花粉症かと実感した。

つまりまだ寒い、けれど、春がもう割と近くに来ているのだ。

 

そして、春の次には夏がくるのね。

ああ・・・(←夏が苦手すぎてため息)

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM