チョコレートは好き

3連休中日、息子がアトリエで絵を描いている間に、

夫婦と娘で少し足を伸ばした先は浅草。

見上げるとそこにスッと立つスカイツリー

感動して思わず写真を撮る。

少し曇った空がパリみたい。

偶然通りかかって、即お参りさせていただいた待 乳山聖天。

毘沙門天をお祀りされているということで、

「ノラガミ」ファンの私と娘は盛り上がる。


 







ここだけ小高くなっているので、階段で登っていく。






続いて向かった先に到着するなり、若い女性の多さにびっくり。

昨今、神社もブーム?なので若い女性を見かけることは

全く珍しくないのだけれど、それにしても多い。


縁結びの御利益で有名だそう。


私はこの「沖田総司終焉の地」にもびっくり。

知らなかった。

招き猫発祥の地にもびっくり。

招き猫発祥は豪徳寺だと思っていたので。

(調べてみると、どちらもそれらしい。

でもお話としては豪徳寺の由来の方が好きかな。)



宝くじに当たるという・・・

そちらの方の御利益しか考えていなかった我が家にとって

夢見る乙女たちの熱心にお参りする姿は新鮮だった。

娘に、ついでにそっちもお願いしておくように耳打ちした。

ふと顔をあげるといろんなところから見えるスカイツリー。

地元の人は当然、だれも写真なんか撮ってなくて、

やたら撮っている私はお上りさんまるだし。



遊歩道には白梅、


紅梅。

隅田川沿いを歩きながら、素敵なところだなあと思う。


夕暮れの言問橋。

アサヒビールの社屋。

先週末からぐっと気分が良いので

何もかもが素敵に見える、感じられる楽しい散歩だった。

そして今年もバレンタイン。

職場の方達に、女性陣からチョコを送って、自宅ではオットと息子にそれぞれ好みのチョコをプレゼント。

昔は自分があとでたべることと、せっかくだから可愛い容器のものを選んで、その入れ物を小物入れにするのを楽しみにしていたのだけれど、結婚して28年だか、9年だかになるともう、そんな容器もゴロゴロあってイヤ。

だから簡易包装でスッキリ気持ちよく捨てられることも基準に選んだという、自分の重ねた年齢からくる経験と感想に思わず笑ったりもしたバレンタインだった。



昨日の方がオットの帰宅が早かったので、昨夜は家族でチーズフォンデュでバレンタインイブばパーティーをしたのもベテランの合理性かな。

美味しくてよかったわ〜。


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック