チョコレートは好き

  • 2018.02.14 Wednesday
  • 09:35

3連休中日、息子がアトリエで絵を描いている間に、

夫婦と娘で少し足を伸ばした先は浅草。

見上げるとそこにスッと立つスカイツリー

感動して思わず写真を撮る。

少し曇った空がパリみたい。

偶然通りかかって、即お参りさせていただいた待 乳山聖天。

毘沙門天をお祀りされているということで、

「ノラガミ」ファンの私と娘は盛り上がる。


 







ここだけ小高くなっているので、階段で登っていく。






続いて向かった先に到着するなり、若い女性の多さにびっくり。

昨今、神社もブーム?なので若い女性を見かけることは

全く珍しくないのだけれど、それにしても多い。


縁結びの御利益で有名だそう。


私はこの「沖田総司終焉の地」にもびっくり。

知らなかった。

招き猫発祥の地にもびっくり。

招き猫発祥は豪徳寺だと思っていたので。

(調べてみると、どちらもそれらしい。

でもお話としては豪徳寺の由来の方が好きかな。)



宝くじに当たるという・・・

そちらの方の御利益しか考えていなかった我が家にとって

夢見る乙女たちの熱心にお参りする姿は新鮮だった。

娘に、ついでにそっちもお願いしておくように耳打ちした。

ふと顔をあげるといろんなところから見えるスカイツリー。

地元の人は当然、だれも写真なんか撮ってなくて、

やたら撮っている私はお上りさんまるだし。



遊歩道には白梅、


紅梅。

隅田川沿いを歩きながら、素敵なところだなあと思う。


夕暮れの言問橋。

アサヒビールの社屋。

先週末からぐっと気分が良いので

何もかもが素敵に見える、感じられる楽しい散歩だった。

そして今年もバレンタイン。

職場の方達に、女性陣からチョコを送って、自宅ではオットと息子にそれぞれ好みのチョコをプレゼント。

昔は自分があとでたべることと、せっかくだから可愛い容器のものを選んで、その入れ物を小物入れにするのを楽しみにしていたのだけれど、結婚して28年だか、9年だかになるともう、そんな容器もゴロゴロあってイヤ。

だから簡易包装でスッキリ気持ちよく捨てられることも基準に選んだという、自分の重ねた年齢からくる経験と感想に思わず笑ったりもしたバレンタインだった。



昨日の方がオットの帰宅が早かったので、昨夜は家族でチーズフォンデュでバレンタインイブばパーティーをしたのもベテランの合理性かな。

美味しくてよかったわ〜。

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

地球へ…



おすすめショップ

空に咲く花



selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

recommend

ラチとらいおん
ラチとらいおん (JUGEMレビュー »)
マレーク・ベロニカ,とくなが やすもと
こわがりなお子さんって、自分でもそのことをよく知っていて、そのことを悲しく思っていたりします。そんなお子さんの慰めと励ましになるんじゃないかなと思える、素敵で可愛い絵本です。

recommend

ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック
ホビーラホビーレ ニーナの着せかえブック (JUGEMレビュー »)
主婦の友社
木綿の布で頭と体を、毛糸で髪を、お顔は刺繍で…そうして出来る手作りの着せ替え人形ニーナ。
素敵な着せ替えドレスの作り方もたくさん掲載されていて、本当に手をかけ、自分で作り出すお人形の魅力に夢中になれます。
私的には「大草原の小さな家」でローラが大事にしていた布人形シャーロッテの現代版?とも思っています。我が家の娘も夢中になった素敵な本。

recommend

ちいさな刺しゅう
ちいさな刺しゅう (JUGEMレビュー »)
佐藤 ちひろ
タイトル通り、ちいさなちいさな可愛い刺繍の、なんて大きな存在感、ぬくもりであることか!
ページをめくる度にその愛らしさにハッとします。大人だから判る愛らしさ、感じよさなのでしょう。ぜひ自分でも刺してみたい素敵な可愛い図案ばかりです。

recommend

病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める-
病気にならない生き方 -ミラクル・エンザイムが寿命を決める- (JUGEMレビュー »)
新谷 弘実
健康についてのさまざまな常識の嘘と本当に、目から鱗の一冊。
人の体に必要な栄養素とは何か、どう食べるかがどう生きるかということになるという深い心理に、思わず唸りました。私の周囲でも食べ物の嗜好を変えたことで、心理状態も変わったという人がいるので、余計に実感がありました。

recommend

影との戦い―ゲド戦記 1
影との戦い―ゲド戦記 1 (JUGEMレビュー »)
アーシュラ・K. ル・グウィン, 清水 真砂子, Ursula K. Le Guin
ファンタジーを、大人のものだと私に最初に教えてくれたのはこの小説でした。
真の名という魔法の力の源になる発想は今ではもう、ほとんど全てのファンタジーに受け継がれていて、この作品の影響力のはかりしれない力を実感させてくれます。
スター・ウォーズのフォースという考え方もこの作品から生まれたそうで、やっぱり…と思わせられたのでした。意外に派手ではないお話です…それだけに、ずんと重さが来ます。

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM